TAMIYA オペルブリッツ製作記・2

資料写真が無いと嘆いていたらiChamaru工場さんから連絡が・・・

0701b1.jpg
さっそくネットショップでオペルブリッツの本をゲット!1100円の本でしたので他のモノも一緒に購入しました。
トランペッターのオストヴィントはセールで1140円でした。
作る積もりは無かったのですが、今後製作するドラゴンのⅣ号系に内部パーツを移植出来ればと考え購入。
宮崎師匠のブログで内部パーツが紹介されていましたので・・・見ると欲しくなる)

0701b2.jpg
思っていたより小さな本、タミヤのキットともビミョ~に違う外見。
でも細部の写真が多く参考になります。
ただこの本はリヒターには見せられませんね~!
エンジンルーム内部の配線など拘っていたらいつまで経っても完成しませんよ。

本を見ると前回デッチアップした牽引ホールドが全然違っている作り直しか~・・・(汗)
そして見たかった荷台の扉が開いた状態の写真が無く残念でした。

と言うのもタミヤのキット何だか変なんです。
0701b3.jpg
荷台の板が切りぱなしで受けも無い、これじゃあ重い物を乗せたら板が割れちゃいますよね~。

写真がないので仕方なく我が工場に保管されているイタレリのキットをまた引っ張り出しました。
0701b4.jpg
イタレリは古いキットですがキッチリ枠が付いていますね~。
そしてタミヤでは省略している前後の扉にコの字金具のモールドがあります。
ヒロナリさんとのコラボ用なので後部の扉を開けた状態にするかもしれません。
後部の枠だけをラッカーパテで再現します。
0701b5.jpg
裏側もイタレリの物は四方全てに枠があります。構造的にはこれが正解でしょう。

写真集では荷台は全てレストアされているのかコの字金具は使用していません。

取り敢えずコの字金具を製作し打ち込みましょう。
0701b6.jpg
1mm角の真鍮材に0.2mmの真鍮線を巻き付けバイスに挟み目立てヤスリで切断します。

0701b7.jpg
足の部分をカットし差し込みます。いつもの作業でなんの進歩もありません。・・・(汗)
ミッションモデルのコの字金具製作ツール、グラブハンドラーなんて買っても全然使っていませ~ん。

そして今日の買い物。
0701b8.jpg
モッもう一台タミヤのオペルブリッツが~!
多分この写真の中で使用するのは消化器ラベルだけでしょうね~ッ・・・(馬)

まったく製作記になっていない内容でした。・・・(謝)

次回はど~なるんでしょう・・・(謎)
それでは皆さん次回をお楽しみに~~~!

comment

Secre

後部の扉

ご無沙汰してます。
オリンピアとの並行製作、ご苦労様です。
オペルブリッツの後部の扉は、ご推察のとおり、開いた状態にしていただくと助かります。
それにしても、荷台に枠が無いことを見抜くなんて、鋭い観察眼ですね。感心しました。
私だったら、気にも留めずさっさと組んでしまうところです。(笑)
それと、もう1台のオペルブリッツ、いったい何に使われるんでしょうか、気になるところです。

No title

オスト見かけないです・・・レジンの車内パーツよりも格安&プラの方が取り扱いが楽チン欲しい~♪♪
コの字金具量産で2台目のブリッツも安心して製作できまね(^-^)V
更にⅢ号戦車の資料も・・・この本は強烈で見ると製作が先に進まなくなる禁断の書籍です!!!


やはりそうですよね~

ヒロナリさんこちらこそご無沙汰しています。・・・と言いながら毎日ブログ見にいっていますよ。
やはり後部扉は開状態ですよね~了解です!
荷台の枠は誰もが気になる処だと思いますが開状態で無ければ見えないので、その辺はタミヤも計算済みみたいな感じですね。
もう一台のオペルブリッツは部品取りですかね~。
何故買ったのか自分でも良く分かっていませんが。・・・(笑)

1140円なら買いですよ

オストはiChamaruさんに教えて頂いたホビーリンクジャパンで購入しました。
見えなくなる内部ですからコレで充分でしょう。買いですよ買い!
Ⅲ号戦車の資料はまだ開いていません。
禁断の書籍じゃ~しばらく封印します。・・・(笑)

面白い

先日よりハンスさんのブログを拝見させて頂いてますが、工場は波瀾万丈で活気がありとても面白いです。(笑)
共同作の方も楽しみにしております。

僕はバソコンはなく携帯でしかブログ等を見る事が出来ませんが是非とも共同作をされてるヒロナリさんのブログも拝見させていただきたいのですが、URLを教えて頂ければ嬉しいです。
これからも頑張って下さいね。

ヒロナリさんのブログ

今晩ははまちゃんさん。
ヒロナリさん工場のURLはこちらです。http://modeller1.blog39.fc2.com/blog-entry-201.html
今はジオラマ用の小物を製作していますがバーンフォフ駅も既に製作済みです。
はまちゃんさんはジオラマも製作しているとの事なのできっと参考になると思いますよ~。

ハンスさん今晩は。

2台目のオペルが…♪ちゃっかり掲載されてますね(笑)
無いよりあった方がいいですよん。

1100円台なら迷わず買いです!!

私の場合、気が付いた時には絶版!なんて事…折り紙本ではしょっちゅうなので、ひとつでも欲しい折り図があるなら2000円台でも初版は即買いです!!

しかし、着眼点と発想力の鋭さは、流石ハンスさんですね。
ヒロナリさんの喜ぶように考慮していらっしゃるところが、素晴らしいですね(笑)

見れました

教えて頂きありがとうございます。

まだまだ何も出来ない下手くそですがジオラマ作りの参考にさせて頂いてます。
これからもよろしくお願いいたします。

油彩

エアブラシ来ましたので早速使ってみましたが性能も使い心地も良くハンスさんに聞いて良かったです。

今度ウォッシングに油彩を使ってみたいのですがとりあえずはなんて色を買えばいいでしょうか?
溶剤でペトロールとターペンタインって何が違うのですか?

最後に油彩やタミヤのエナメルってエアブラシで使えますか?

時間のある時でいいので教えて下さい。よろしくお願いいたします。

チャン家のママさんへ

おはようございますチャン家のママさん毎日長時間勤務で帰りが遅くお返事が遅れました。・・・(謝)

>気が付いた時には絶版!
良くあることですよね~プラモ業界でも初版で購入しないと後で泣きを見ることが多々ありますよね~・・(困)

>着眼点と発想力の鋭さ
実際の処ヒロナリさんのジオラマの全体像がど~なるのか分からないので一応気は使っています。・・・(笑)
やはり凄いのはヒロナリさんの発想力と想像力でしょうか、そして彼には演出力もあるので使いやすい小道具でないとお蔵入りになりそうなので焦ります。

油彩ウオッシング

はまちゃんさん返事が遅れて申し訳ない。
エアブラシ来ましたか~良かったですね、PS-289は使いやすいのでドンドンテクニックを磨いて下さい。

ウオッシングに使用する色はローアンバーまたはバーントアンバーですかね。
勿論好みでブラックも使用できますね。
昔は多くの人がエナメルブラックでウオッシングしていましたが、仕上げにエナメルは接着部分や薄いプラを痛めるので止めた方がよいのではないでしょうか。

>ペトロールとターペンタイン
両方とも揮発性溶き油ですがペトロールは石油、ターペタインは松脂が原料です。
ターペタインは時後変色(黄変)するので私はかおりさんにもお伝えしましが無臭ペトロールをお薦めします。

>最後に油彩やタミヤのエナメルってエアブラシで使えますか?
勿論使用出来ますよ。私は油絵の具をペトロールで薄めエアブラシで吹き付けています。

頑張ってテクニックを磨きます。

無臭ペトロールと教えて頂いた色を買ってきます。

油彩をエアブラシで塗装した時は洗浄はペトロールで良かったですよね?

近々コンプレッサーも購入予定なのですがクレオスのMr.リニアコンプレッサにしようと思ってますがL5、L7とどちらがいいと思いますか?また性能等知っておられましたら教えて下さい。

いつも質問ばかりですみませんがよろしくお願いいたします。

洗浄は・・・

エアブラシの洗浄はガイアノーツのツールウォッシュで大丈夫だと思いますよ。
ペトロールで洗浄するのは勿体ない気がします。
ただ私は油彩を溶いた筆はクサカベの油彩用無臭クリーナーを使用しています。
四角い小さなボトルに入って300円チョットで売っていますよ。
なんなら大きめのモノを買い油彩で作業したエアブラシの洗浄に使用しても良いのではないでしょうか。

L5かL7か以前iChamaruさんとコメントを交わした事があります。
iChamaruさんはL5を使用していますが私はどちらも持っていません。

私は今度L7を購入予定です。(大夫前から言ってるけど)
ただ現在二台コンプレッサーも持っていますので何時になるやらです。・・・(汗)

L7はオリオンモデルの仲田さんが使用しているのを見た事があります。
音も静かで特に問題はなさそうですよ。

ツールウォッシュでいいなら経済的に楽です。

L7の方向でちょっと頑張ってみたいと思います。

ありがとうございました。

正解です

はまちゃんさん、先程L7購入して来ました。
試しに動かしてみましたOKですね~!夜間の作業用として活躍すると思います。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS