工場の危機!・3

前回登場した謎の人物ラミウス将軍、いったい彼は何者なのか・・・そして彼の目的は・・・(謎)

ハンス工場長の依頼でと言う言葉を信じた工場のメンバーは彼の工場視察を受け入れました。

「リヒター君、君の指示で製造ラインに携わった事のない者に車輌を作らせているようじゃが、
そんな事をして大丈夫なのか」


「おいらも心配はしているけど工場の仲間を信じているからね~~~」

「リヒターお前も軽いヤツだな~ッ!」

「ムッツ!」・・・(怒)
気を取り直し・・・「ではっラミウス将軍、まずカエル君が製造している荷台部分をご覧下さい」
クリックすると拡大画像になります
「こっこれは~~~~ッ!」
「どうされましたか将軍!?荷台に付いた押し出しピン跡80箇所をカエルくんがコツコツ修正しただけですが?」

クリックすると拡大画像になります
「荷台に出来たヒケを瞬着で埋め表面を平らにし今、木目を再生しています。」
「こっこれは~~~~ッ!」

「こちらがゴジハム君に頼んだエッチング加工です」
0512b3.jpg
「まず#1500のペーパーで表面をザット磨きます。」
0512b4.jpg
「そして黒染めします。」
0512b6.jpg
「水で洗い流し準備完了!」
「この方法はハンス工場長が完成後に、塗料が剥がれキンキラきんになるのを嫌がるのでず~っと続けています。」
「こっこれは~~~~ッ!」

クリックすると拡大画像になります
「簡単に貼れるところから接着していきます。」
「こっこれは~~~~ッ!」
「ラミウス将軍、先程からそればかりですが大丈夫ですか!」

「すっスマン!いや~噂には聞いておったがハンスシーバー戦車工場恐るべし!」
「ハイ~~~ッ・・・?」
「リヒター君、何故初めて製造ラインに立った彼らがここまで作業出来るのじゃ!?」

ラミウス将軍、それに付いては私ゼロがお答えしましょう。
カエル君は工場の電話番、ゴジハム君はハムエッグの得意な料理長、彼らは工場開設以来からのメンバーです。
何年もハンス工場長やリヒターの拘り戦車製作を目の当たりにしていたのです。
手を動かすのは初めてですが、彼らには戦車製作のノウハウが既にインプットされていたと言う事です。

「ゼロ主任確かに君の言う通りじゃな、ハンス工場長のいない工場はただの抜け殻だと思っていた自分が恥ずかしい」

将軍にそう言って頂けると私も嬉しいです。

「まだ細かく工場を見た訳ではないのだが、これだけのメンバーがいるのに設備がいまひとつのようじゃな!」

「そこで私からのささやかなプレゼント」
0512b7.jpg
「知り合いの歯医者に頼んでいたものが今日届いたので諸君使ってくれたまえ」
「スゲ~~~ッ歯医者さんのピンセット!・・・でもなんでうちの工場にロクなピンセットが無い事に気付いたんだ?」
「ホッホッホッリヒター君、ワシの目は節穴ではないぞ」

謎の人物ラミウス将軍・・・まんざら悪い人ではなさそうです。

さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!

comment

Secre

黒染め~いいな(^-^-)

黒染め~遥か昔にモデルガンで使って以来使ってません~(>_<)
黒染めの溶液?購入出来るんですか?
一度チャレンジしてみたいで~す。
ピンセットは価格なりに使いやすい気がします、小生もそろそろ
もう新しいやつ用意したいです。

大量の押し出しピン修正・・・お見事~(^-^)P

黒染めは・・・

黒染めの溶液はネットショップで購入しました。
私が購入した店とは違うかもしれませんが参考までhttp://www.bishoen-hobby.ne.jp/fh183.htmをご覧下さい。
私の場合エッチングパーツを洗浄しないので表面に細かなキズを入れ定着力を高めているつもり。・・・(笑)

今回購入したのは40年前に歯医者から購入したモノの半値、1000円で購入しました。
でもモノは良いですよ~ホビーショップではなかなかお目にかかれませんね。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS