リヒターの挑戦!鋼鉄!??

リヒターが今回挑戦するのは、メタルカラーを使用せず鋼鉄のイメージを表現出来ないものかと言うことでした。
メタルカラーをチョンチョンと塗ってしまえばあ~ら不思議プラスチックが金属に!てな時代にリヒターは全く何を考えているのやらです。・・・(謎)

リヒターに訪ねたところ実は、ヒロナリさんのブログで「レベルカラー」の話を読んでいてふっと思い立ったとの事でした。

昔(子供の頃)は皆さん塗料を購入したり揃えるだけで大変な思いをしていましたよね。
今のリヒターは、自分は好きなだけ塗料を買い集め好き放題やっている、これでいいんだろうか・・・と考え込んでしまったそうです。

そんな事で今回はガイアカラー黒とオキサイドレッドの二色のみで鋼鉄表現に挑戦です!(実況は勿論ハンスシーバーで~~すヨロピコ!)

1224b1.jpg
1224b2.jpg
少しオキサイドレッドを混ぜた黒で下塗りします。
1224b3.jpg
1224b4.jpg
砲身は下地のままで充分金属感がでていますね~これは砲身を塗装前にサンドペーパーで磨き乱反射させているのでメタルカラーを使用したように見えるんですね~っ。

1224b5.jpg
オキサイドレッドを部分的に吹き付けていきます。
1224b6.jpg
オキサイドレッドがかかりすぎた部分には下地色をまた吹き付けます。
1224b7.jpg
1224b8.jpg
1224b9.jpg
どうですこ~んな感じで仕上がりました。

勿論いまの時代にこの様な記事を載せてもだ~れも興味を示しませんよね。
「何処何処の何々を使ったらこうなりました~っ!」そんな記事が氾濫している現在、それでいいんでしょうね~!

リヒターの挑戦はまだまだ続くと思います。次回を・・・わかりませんがご期待下さ~い。
                           
                            

comment

Secre

新発見

黒とオキサイドレッドだけでこんな感じが出せるなんて!すごい!
それに、サンドペーパーで磨き乱反射だなんて!そうそう思いつくもんじゃないです。
そんなテクもあったんですね。
なんだか目からウロコでした。

このままも・・・あり?

 このままで、無塗装で完成というアプローチもありですなぁ・・。
 となれば、リヒターが塗装班長の役の脇役のジオラマですか・・・・。

 わたしの感覚では、色気はもう要らないけど、ちょっと、アイキャッチに砲身みたいなつやが欲しいって感じました。

 やっぱ、この上に塗っちゃうんですか?・・・・なんかちょっと勿体ない。

No title

こんばんは宮崎師匠。
物が溢れている現在、色々な物に興味を持ち購入して来ましたが、中には買っただけで使用していない塗料や工具、素材、エッチング、その他諸々の物が我が工場に眠っています。
在庫しているキットも半端な数ではありませんね。
新しい物に興味を持ち使用して見たいのは誰もが同じだと思います。
でも全ての人がそれを使用できるのか、模型に掛ける金額(予算)は人それぞれですからね~。
今回は贅沢しなくてもそれなりの物は出来る事を実証したかったんです。

ガイアカラーは半艶なのでエアーブラシの吹き付ける量で、艶の調整と色味を変える事が出来ます。
この後は現在使用している全てを使用しどう変化するのか挑戦したいとリヒターは言っています。
期待しないで続編をお待ち下さい。

iChamaruさんへ

こんばんはiChamaruさん。
>アイキャッチに砲身みたいなつやが欲しいって
私もそう思ったので他の箇所で試したのですが平らな装甲板は光を当てると全面反射するので難しいです。・・・(汗)
色味は後、ブルーとオレンジを調合出来ればよりリアルな鋼鉄感を出せるのではと考えています。
まあ今回は二色でが前提でしたからここまで出来ればまあまかと思っています。

9月に購入した岩田のコンプレッサIS-925を初めて使用したのですが一時間程でモーターが全く動かなくなりました。
駄目だこりゃ修理だ!と騒いでいたら翌日はモーターがちゃんと動き出しました。
何なんでしょ?

それは・・・

|何なんでしょ?

 それは・・・・、機械に聞いてみてください。(^^;)

 当然、タンクがいっぱいになったら止まるとか言うんじゃなくて、ということですよね。(-_-;)

No title

タンクの圧力は設定したところで止まりエーアーを吹くとまた動くの繰り返しをしていたのに。
圧力「0」になって止まったままになりました。
機械に聞いたのですが何も答えてはくれませんでした。・・・(笑)

Back to Basic

キットの指示書どおりに塗ることはしないですが
近い色・目指す色合いにすぐに到達できるように
揃いも揃った塗料の色・数が2年で200近くに。

ブラウン系・ベージュ系・グリーン系・グレー系
そしてシルバー系でどんだけ揃えてんだよ!と
自分に言われてるようで・・・。

足元を見つめ直さなければ
便利で豊富な材料のある
時代に飲み込まれそうですね。

まるさんへ

こんばんはまるさんコメント有り難うございます。
人間には物欲と言うものがあるようで私も購入して使用していない物がたくさんあります。
塗料はエナメル、ラッカー、アクリル、油絵の具、アクリルガッシュそしてパステル。
昔は考えられない程の物に満ちあふれている。
そう言う時代なのですから致し方無いのかもしれませんね~。
艶消しの塗料が無いときは歯磨き粉を入れ艶をけしたり、昔は色を塗るのさえ苦労の連続でした。
ただ新しい物を使用するのは良いのですがそれに慣れるまでかなりの時間を要する事も確かです。
私は未だにエッチングのハンダ付けが上手くできません。・・・・てな事もあります。
慣れた物を上手く活用するのが大切ですし、新しい物を取り入れるのもまた大切ですね。
自分自身がどう楽しんでホビーライフをおくるかそれは個人の自由で~~~す!

私も挑戦しています

ハンスさん、リヒター君、おはようございます。
リヒター君の挑戦、すごいですね(*^。^*)
ただ私も金属色を使わずに、いつも殆どの戦車を仕上げています。
(キャタピラは除くですが・・・)
なかなか重量感が出ないで悩んでいるのですが、
サンドペーパーで磨いて・・・反射を利用するなんて思いもつきませんでした。
やはりリヒター君の探究心はすごい事だと思います。
もっと凄い仕上がりになるのだろうと思うと、とてもワクワクします。
これからも頑張って仕上げてくださいね(*^。^*)
話は変わりますが、昨日主人にクリスマスプレゼントとして
陸自の74式戦車を買ってもらいました。
ズット欲しかったものでしたので、最高に嬉しかったです。
それから私もアオシマのリモコン式キングタイガーを
衝動買いしてきてしまいました。
このアオシマのキングタイガーは1/48スケールでしたので、
TAMIYA製品と同じ塗装で仕上げて、
どんな感じに違うのか、作りやすさはいかがな物かを
私なりに研究してみたいと思いました。
では、リヒター君の活躍これからも楽しみにしています。
私も寅年に向けて・・・
キングタイガー製作始めます(シャーマンは年明けに)
リヒター君も頑張ってね(#^.^#)

No title

レベルの違いを実感しております。技術&クリエイティブな思考も必要ですね。
小生はメタルカラーのレベルまでも到達してないようで精進せねば。
これからも楽しく拝見させて頂きます。

かおりさんへ

こんばんはかおりさん。
今回のリヒターの挑戦は、衝動買いばかりする私に呆れたリヒターがたった二色でもこのぐらいは出来るを実証したものです。
恥ずかしい話ですが、あれこれ工具や塗料を買っても実際に使いこなせてはいないのが現状です。
今年一年の反省として今回の記事を書いたしだいです。
かおりさんの様に斬新なアイデアで模型(ジオラマ)を製作するのとは違い、大変地味な内容になりますが今後も原点に返ってそれぞれのアイテムを使いこなせる様に頑張りたいと考えていますので、宜しくお願いします。

kunihiko123さんへ

>レベルの違いを実感しております

そんな事はないですよ~物が溢れている現在、プラモも含め周辺アイテムも急増し一人の作り手で全てを上手く使いこなすなんて芸当はプロのライターですら出来ませんよ!

私のような古いモデラーはナイナイづくしの時代に模型を作っていましたから益々ついて行けません。
若い人は新しい物をドンドン使用し使いこなしスキルアップを図れば良いのだと思いますよ。

こちらもkunihiko123さんのブログ、更新されるのをいつも楽しみにしていますよ。
これからも宜しくお願いします。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS