リヒターの挑戦!塗装剥がれ(1)

今回はリヒターが先日購入した、修正テープと曲面追従金属シートを使用し塗装の剥がれ再現に挑戦していますのでご報告致します。

ホビー誌などでよく塗装の剥がれた表現を見受けますが難易度が高いので一般のモデラーにはチョット真似が出来ませんかね?
今回、リヒターが行う実験は初心者が簡単に出来る方法とお考え下さい。

まず彼が拘ったのは筆やスポンジで行うチッピングは迷彩塗装などが終了した後に行う事です。
実際には塗装面の下地が露出するのですから見た目はOKでも気分的には違和感があったようです。
そこでリヒターは考えました、全ての部分は無理でも特に塗装が割れて剥がれた様に見えるフェンダーのエッジ部分などを何とか旨く処理出来ないものかと・・・

まず修正テープを使用した実験です。
1118b1.jpg
二十年前ぐらいに製作を中断し下地塗装の終了したタミヤのキットを使用し修正テープを貼ってみる。
プラスチックの地肌では剥がれやすい修正テープも塗装面なら良く食いつく事が判りました。

1118b2.jpg
ケガキ針や爪楊枝で細かなキズを入れてみました下地が簡単に露出します。
下地をメタル色、プライマー色、車種によりダークイエロー、ジャーマングレー、などの塗料で適当に塗れば剥がす場所により金属の地肌や下地色が出て面白いのでは・・・
修正テープが塗料に耐えられるのであれば、迷彩後に実車と同じ様な塗装の剥がれを表現出来るのでは無いでしょうか。
ただし修正テープの幅は僅か5mmですから広い面積には不向きだと思います。

次は曲面追従金属シートを使用した実験です。
1118b3.jpg
適当な大きさに切りプラの地肌に貼ってみる。
フェンダーの小さなリベットでさえ浮き出し見事に曲面追従している事が判ります。
こちらは粘着シートなのでカッターナイフやワイヤーブラシ、ケガキ針で加工します。
1118b4.jpg
1118b5.jpg
ちょっと反射して見づらいですね、剥がれやめくれも僅か数分でこのような表現が初心者リヒターにも出来る事が判明しました。

以上、リヒターの実験現場よりハンスがお伝え致しました。
今回はここまでです次回をお楽しみに~~~


comment

Secre

私も真似したいです

ハンスさん!リヒター君!こんにちは(*^。^*)
塗装の剥がれた塗装前のやり方、わかりやすかったです。
私もこんな感じの雰囲気を出してみたいと思っておりましたので、
凄く参考になりました。
今度3号戦車を塗装する時に、フェンダーの所とかに
ためしてみたいな~!なんて思いました。
一つ教えていただきたいのですが、曲面追従金属シートは
何処で購入できるのですか?
アルミ箔のような物でも代用できますか?
興味しんしんなので、お教え願えればと思います。
リヒター君の探究心には、本当に感銘を受けます。
私も頑張らねばと!あらためて思いました。
リヒター君の戦車が完成する事を楽しみにしています。

曲面追従金属シート

今晩はかおりさん。
曲面追従金属シートはプラモデルメーカーのハセガワから何種類か発売されています。
模型店で購入可能なはずですよ。
画面では光って見えますがリヒターが使用している物は完全な艶消しです。
塗装およびクリアーコートには対応していませんが、アルミ箔でも同じことが言えるので今回は気にせず使用しています。
アルミ箔を使用した同様の方法は宮崎さんのブログに掲載されていましたので、そちらを見れば良く判ると思いますよ~。
曲面追従金属シートと修正テープは実際に塗装をして今後のブログに結果を掲載予定ですのでお楽しみに。
かおりさんに誉められるとな~んだかやる気が出ちゃうナ~ッ!(リヒター)

修正テープ!!

そ、そうか、そんな手があったのか!
修正テープの新しい使い方にリヒターくんの才能の開花をみました。
そして、剥がれ表現の新しい地平を創造してもらったような気がします。
ハンスさんも良いお弟子をお持ちでうらやましい。

修正テープは面白い?

こんにちは宮崎さん。
スプレー法とか離型剤そしてマスキングゾルなど塗装の剥がれの表現に皆さん色々工夫されていますよね。
以前金属色の上にマスキングゾルで傷跡を付け迷彩塗装後に剥がした経験があります。
成功とは言えませんでした。マスキングゾルでは小さな傷跡を表現出来ない事と迷彩塗装をすると何処にマスキングしたのか良く判らなくなります。
模型に塗る塗料が1/35の厚さと強度(粘着力)なら塗装後、僅かな衝撃や接触で剥がれたり下地が透けたりすると思います。
それでは完成後にキットを手で持つ事が出来ませんね。・・・(笑)

リヒターはいま各種溶剤でテストしていますが修正テープは思っていたより使えそうですよ。
模型用塗料の皮膜強度にもよりますが、上手く塗装剥がれが表現出来れば今後のプラモ完成度をアップさせるツールになると思います。

はじめまして

はじめまして。
以前から訪問させて頂いております。ラングの表面加工は小生のレベルでは・・・です。
キングタイガーのコメントありがとうございます。
ラングさんのキングタイガーを参考にさせて頂き、製作を進めさせて頂こうと思っております。
技術レベルでは、小生の方がまだまだヒヨッコではございますが。

ラングの小フック、元来大雑把な小生は適当に真鍮線を曲げて製作しちゃいました(^_^)
これからも精密な製作を楽しみに拝見させて頂きます。

またご訪問して頂き、助言など頂ければ幸いです。

PS、キューポラの溶接痕、追加します・・・。ピルツは悩んでおります。

はじめまして kunihko123さん

kunihko123さん先程はそちらのブログで失礼いたしました。
先程またまたコメントを入れてしまいました。
キングタイガーは私の大好きな車輌なのでついつい余計な事を言ってしまいます。・・・(謝)
kunihko123さんの精密な加工は私の方こそ勉強になります。
それにピットマルチは知りませんでしたね~今度使用してみますね。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS