ドラゴン ラングL/70(V)製作記・5

今回もリヒターが作るドラゴン社ラングの続編です。
前回、コの字金具の製作に成功し気を良くしたリヒターがコの字金具の装着に着手さてどうなることやら。・・・

コの字金具は戦闘室前面と側面に15箇所、天板後部に6箇所の計21個を取り付けます。
ピンバイス用0.2mmドリル刃で42箇所穴を開ける事になる。

「ハンス工場長~~~ッ!」ほ~らまたリヒターの叫び声だ。
1028b1.jpg
「何だよこのドリル刃、鉄のくせにすぐに刃先が折れちゃうよ!」
それはお前の使い方が悪いんじゃないの?もう三本も折ったのか!!!・・・(汗)
厚さのある物に穴を開ける時はピンバイスを垂直に立てて使用しないと駄目だよ。
斜めや横向きで使うとピンバイス本体の重みに負けて極細ドリル刃はすぐに折れるに決まってるだろ~に!
「だ~ってこの戦闘室箱組になっていて水平に置いて作業できないもん」
確かにリヒターの言う通りである。
仕方なくハンス工場長は0.2mmドリル刃を買いに工具屋に走るのであった。(でも2本入り¥840は高いよな~・・・落)

1028b2.jpg
1028b3.jpg
一騒ぎあったがなんとかコの字金具の取り付けが終了しました。
キットの座金部分を残しコの字のモールド部分をカットしケガキ針で慎重にポイントを打ちピンバイスで開口しコの字金具を差し込む。

「工場長どうだい良い出来でしょ?後はスマートキットだし楽勝だよ~。」

リヒターのやつ調子に乗ってるな、初心者は気楽でいいよな~。

「ぎゃ~っなんだよこれ!」またか・・・(疲)
1028b4.jpg
それは側面装甲板下部のヒケでした。
リヒターこんなのラッカーパテを盛って削ればいいんだよやってごらん。
「んっ分かりましたやってみます。」
案外素直じゃないのリヒター君。

1028b5.jpg
1028b6.jpg
ギャ~ッ!(工場長の叫び声)リッリヒターお前何やってんだよ、ラッカーパテを盛った処を平らに削るんだよ!
「フッフッフ工場長もまだまだよの~」・・・(いつもと逆のパターンだ)
「宮崎師匠なんか粗めの鉄ヤスリでゴシゴシやってるの知らないのかよ」
そっそれは知っているが・・・お前また師匠の猿真似か!

「工場長まあ慌てずにこれを見てごらんよ」
1028b7.jpg
なっ何だ良くみえないぞ!
「仕方ないアップで見せるか!究極のリアリズムを」
1028b8.jpg
1028b9.jpg
こっこれは~!!!???
「ど~だいキットの鋳造表現の防盾と前面装甲板の鋼鉄との違いが工場長に判る?」
ン~ム悔しいがなかなか良いじゃないかリヒター!

まさかリヒターがここまでやるとは・・・もう私の教える事は無いのかもしれない・・・
後からリヒターに聞いたのだがヒロナリさん工場の壮大なジオラマ計画(多分完成すれば世界一の大ジオラマになる)に参加する事が大いに刺激となり。
今は次回作(ジオラマコラボ作品)の為に日夜自分なりに研究しているとの事でした。

私から見れば草野球の好きな少年ピッチャーが大リーグのバッターと対戦するようなものと考えて参加すら危ぶんでいました。
何しろ相手はジオラマの巨人と錆び錆び大魔王(スイマセン)ですからね~でもリヒターはいま伸び盛り何が起こるかそれは誰にもわかりませんね。・・・

それでは次回をお楽しみに~


comment

Secre

リヒター君こんばんは

ジオラマの虚人(笑)ヒロナリです。
すごいなあ、装甲板のテクスチュア。あれはどうやってやったんだい?おじさんにも教えておくれよ。
コの字金具の工作といい、リヒター君がんばってるねえ。
君があんまりがんばりすぎると、おじさんのⅢ突がしょぼく見えて困るんだけど、それでもやはりリヒター君の渾身の作品が見たいです。
おじさんもがんばって作りますが、なんだかキヤコンに出品するよりプレッシャーを感じています(笑)

2種類の鉄

鉄の質感のちがいまでも表現するなんて!
異種の材質ばかりでなく、同種の材質の製造方法のちがいさえリヒターくんには見えているのか!?
この先が、恐ろしいです。

ジオラマの大巨人さんへ

ヒロナリ師匠おはようございますリヒターです。
コラボ作品参加のために今回製作しているラングで色々試しています。
いまは下地を作った表面に更に細かなキズを入れています。
装甲板のテクスチュアに付いては次回のブログで報告いたします。
コラボ作品にヒロナリ師匠がⅢ突で来るのはわかっていますが宮崎師匠は何を持ってくるのでしょうか?
出来ればバッティングしたくないので参加車種の発表をしてもらいたいです。・・・(笑)

宮崎師匠へ

おはようございます宮崎師匠、まずは九州AFVの会受賞おめでとうございます。(ハンス、リヒター、ゴジ君・・・そしてカエル君より)
どのようなコンテストか内容はわかりませんがリアル部門があれば当然金賞ですね!

今回リヒターは色々挑戦してみたいようです。
キングタイガーでは入れていた装甲板の荒れを何故Ⅲ号やⅣ号で入れないのか?
装甲板厚の違いで表面の荒れ方が目立たない、そして模型では塗装をすれば見えなくなってしまうからでしょうか。
いままで私が手を抜いていた部分ですが初心者のリヒターにとっては何故!?ど~して?なのです。
拡大しなければわからない表面処理は仕上げ塗装の皮膜厚に神経を使うと思いますが今回はリヒターの好きなようにさせる積もりです。
でっ宮崎師匠、ヒロナリさんとのコラボ参加車両はなんですか?(おしえて~~~!)

新車

 例の金具上手くいきましたね。粘った甲斐があったというもんですね。
 今回はどうでしょう。
 おろしたての新車で完成するなんてぇのは・・・・・。
 職人さんとラングで並んで記念撮影してるジオラマ。
 なんかそういうのも、ドイツの職人連中に敬意を表して、一回はやってみたいななんて思ったりします。

すごーく考え中なんです

ヒロナリさんの条件は
「このディオラマはあまり考証にこだわらず作っていますので、
大戦初期、修理のため東部戦線から後送されてきた車両であれば、
何をどのように作っていただいてもかまいません。」
となっています。

カタチとしては
スコダ35(t)戦車がおもしろいと思いますし
一番興味があります。
第1候補です。
(とくに展示会などでは、めずらしい車輌の方が人目を惹きます)
通好みともいえます。
ですが、ドイツ国内に送られる可能性は低いし
肝心のキットが、メジャーメーカー製ではありませんので不安があります。

ハンガリーの40Mトゥラーンもおもしろいんですけどね。
これもドイツに後送される理由がないし
キットが手に入るかどうか。

最も妥当なのは、38(t)戦車です。
F型あたりが、偵察車や自走砲に転用されるために後送されるストーリーが信憑性があります。

同様なストーリーで、二号戦車。

または、バルバロッサ作戦当時にフィンランドに配備されたオチキス38H も
西部戦線に転用されるために戻されたかも。

現在手持ちのキットの中で使用可能なのは
ドラゴンの三号突撃砲C/D型だけです。
三号突撃砲ばっかりというのも、ジオラマとして起伏に欠けるかなあと。


駅舎の窓に花が咲いていますので
そこから矛盾の生じない時期は
1941年6月22日の独ソ戦勃発以降で
冬(10月)を迎えるまでの間のあまり寒くならない時期か
あるいは
1942年春以降かもしれません(1942年5月第二次ハリコフ攻防戦以降)。

ドイツ戦車なら
三号突撃砲ならB~E型ぐらい
三号戦車ならJとL型
四号戦車ならD、E、F、F2型
マルダー2までなんとかいけるでしょうか。
冬を越した車輌なら、冬期迷彩がどこかに残っているかもしれません。

ドイツの駅の幸せ感に対比して
東部戦線の惨状を漂わせる悲惨な後送車輌がドラマになるかもですねー。
ヒロナリさんは計画的ですから
本来意図されていた演出があるはずなんです。
それをうかがってみたいですね。

リヒター君に追いつかば・・・

ハンスさん!リヒター君!おはようございます。
リヒター君作成のラング、拝見しております。
凄い技の連発に、私すごーく感動しております。
それにリヒター君の探究心、すごいと思います(#^.^#)
私も自己流でがんばっているのですが、
なかなかリヒター君レベルまでは達していないので、
リヒター君に追いつけるよう、これからも頑張って行きたいと思っています。
リヒター君!ヒロナリさんのジオラマへの参加!頑張ってくださいね(*^。^*)
リヒター君の応援団のかおりですから、
ズーット応援していますよ!!
これからも遊びに来させていただきますので、よろしくお願いいたします。

iChamaruさんへ

こんにちはiChamaruさん。
>職人さんとラングで並んで記念撮影してるジオラマ。ドイツの職人連中に敬意を表して、
私も以前からそんなジオラマのアイデアが浮かんでいましたよ。
マイスターと言うんですかね?設計者の無理難題を職人魂で乗り越える、そんなオヤジの登場するジオラマを考えていました。
本当は自分がそうならなければこのブログも終わりかも知れませんよね~。・・・でもいつもいい加減だからな~(笑)
たまには新車状態でと息子にも良く言われています。
でもね~リヒターの腕じゃチョット無理だろうな~。

すごーく考え中の宮崎師匠へ

宮崎さんコメント有り難うございます。
私もグランドパワーの「激闘 東部戦線(1)」を見ながら何にするか、すご~~~く考え中でした。・・・(笑)
ただ仕事が忙しく連日午前様の帰宅で本を読む間もありませんでした。
宮崎さんのコメントと、宮崎さんからヒロナリさんへの質問で何となく車種が絞り込めそうです。
リヒターは宮崎師匠のコラボ参加作が決定してから何を作るか決めるようですよ。

かおりさんありがとう

こんにちはかおりさん応援有り難うございます。
僕は初心者なので戦車の製作で常識となっている事すら知りません。(ホビー誌を読まないしDVDも無いし・・・ただ勉強不足なだけ!)
ただ宮崎師匠の処で、どれだけ多くの情報を小さな面積に入れるかで完成品に差が出る事を知りました。
ハンス工場長はいつも手を抜く事ばかりなので、今回は僕が手を抜かず頑張って製作しようと思っています。
これからも応援宜しくお願い致しま~す。
それからかおりさん61式戦車完成おめでとうございます。
凄くリアルな仕上げでとても復帰第一作とは思えません!今度かおりさんの処に勉強しに行きますね。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS