ドラゴン ラングL/70(V)製作記・2

リヒターが製作するラングはどうなたのか・・・

その前に皆さんにお知らせです。
プーマと四連装8tハーフトラックをHPギャラリーにアップいたしました。
宜しければご覧になって下さい。

1008b2.jpg
プーマはこちらhttp://hans2008.web.fc2.com/PUMA.html

1008b1.jpg
四連装8tハーフトラックはこちらhttp://hans2008.web.fc2.com/Sd.Kfz.7_1.html

戦車製作が初めてのリヒターがいきなりドラゴン社の洗礼を受けたのは前回お知らせしたとおりです。
その後の調査でiChamaru工場さんのラングは車体下部のねじれも無く正常だと連絡を受けました。

おもしをし、ねじれが取れてもしばらくするとまたねじれが出るの繰り返しにリヒターもテンションが下がっています。

ここでリヒターの心までねじれてしまっては、益々扱いづらい工員に成長し将来大変な事になると感じた私は、
工場の資金を掻き集めもう一台ラングを購入するため材料屋(ホビーショップ)を訪ねました。

だっだが・・・なっな~んとあれだけ沢山あったラングが一台も無い!・・・(汗・・・唖然)

仕方なく工場に戻りリヒターに、車体のねじれは私が直すからお前は他のパーツを製作しなさいと言ってしまた。
「えっ工場長本当に直してくれるのかい、ヤッター!」・・・(自信はないが仕方ない)

ほれっ見てみろ車体のねじれはこうして直すんだ~。
1008b3.jpg
「何だよ工場長、おれがやったのと変わらないじゃん。」
フッフッフッお前もまだまだよの~。良く見ろ!片側にアルミプレートを入れおもしも大きいだろ~っ。
「本当だ~確かにでっかい鉄の塊が乗ってる。でもこんなに重い物をど~やって乗せたの工場長?」
我が貧乏工場には100tクレーンなんて気の利いた物はないからの~、重量物の移動はゴジ君に任せとるんじゃよ。

「誰だよそのゴジ君って?」
まあお前は工場の組立ラインには殆どいないから知らなくても当然だな。
ラングの製作でこれからもお世話になるのだからちゃんと挨拶をしなさい。
彼がゴジ君だよ。
1008b6.jpg
「うひゃ~でかい!こっこんにちはリヒターです宜しくお願いいたします。」・・・(汗)
リヒターのやつゴジ君の迫力に負けとるな!ついでにメカゴジハムも驚いていました。・・・(何のこっちゃ?)

ゴジ君に挨拶を済ませたリヒターは足回りの製作に入りました。

「工場長~~~ハンスさま~~!!!」
またリヒターの叫び声が工場に響くのでありました。・・・(やれやれ)

それでは今回はここまで次回をお楽しみに~!




comment

Secre

ねじれの矯正

わたしもラング手に入れましたe-343
急いで車体をチェックしましたが、ねじれはないみたいです。

わたしはよく車体に廃ランナーを貼付けているのですが
あれで車体のねじれがとれたこともあります。
接着剤が完全に乾かないうちに重しをかけ一晩置くと、構造材となったランナーが矯正してくれています。

マウスの砲塔の底板がしなっていた時は、いちばん苦労しました。
キットのプラスチックが分厚くて、少々の力では元に戻ってしまうのです。
そこで、鉄板を貼付けてやろうと考えました。

手近なところにあったのは、カッターナイフ大のブレードです。
一枚では、しなりますが
瞬間接着剤で、数枚重ねるとびくともしない鉄の棒ができました。
長さはあらかじめ合わせてポキッと折っておきます。
それを貼付けてなんとか矯正できたことがありました。

プーマと四連装8トンハーフトラックの完成おめでとうございます。
プーマはタイヤ、ホイールまわりの雰囲気が類を見ないほどすばらしく
四連装8トンハーフトラックは、ジャーマングレイの車体全体の雰囲気がすばらしいです。
迫るものがありますね。
そして見る人を引き込みます。

ハンスさんの作品を見ていると
プロモデラーには厳しい時代になったものだと感じます。
全国には、自分のサイトを持ってはいないが、ものすごい作品を作れる人がまだまだたくさんいるのでしょうね。
たのしみでもありますが。

リヒター君、頑張って!

ハンスさん!こんにちは(*^。^*)
ラング製作記、面白いですね!
ゴジ君の出現に、リヒター君ビックリしたようで、
チョコッとかわいそうですね。
リヒター君の最初の戦車、応援していますので頑張ってくださいね!
ところで私も一度だけ、戦車が完成まで行かなかった事があります。アリイと言うメーカーの戦車で、
リモコンタイプの物でした。
作り始めると、パーツは隙間だらけで、穴は埋まっていたり、
全体的にパーツがゆがんでいて接着が出来なかったりと・・・
断念せざる終えない状況でした。
まだ捨てきれないでそのモデルはとってあるのですが、
いつか腕が上がって何とかそのような状態でも処理できるようになった時に、もう一度挑戦してみたいと思っています。
私と同じ戦車初心者のリヒター君にはねじれた車体は荷が重いと思いますが、
ハンス工場長の力をかりて、頑張って完成させてくださいね(*^^)v
フレー!フレー!リヒター君☆

宮崎さんへ

宮崎さんのラングもOKですか~!
やはり私・・・いやリヒターが運が悪いだけなのかもしれませんね。
ご心配いただきました車体のねじれはゴジ君のおかげで何とかなったようです。
まる一日おもしをはずし放置しましたが歪みはいまのところ出ていません。
万が一の時は宮崎さん流で挑戦してみます。
ただ仕上げをどうするかで悩んでいます。
リヒターも宮崎さんの影響(金髪のお姉ちゃん)を受けていますしね~。
まぁ真似をしたくてもリヒターには無理ですから全く違うラングを製作させるつもりでいます。
今回HPギャラリーの更新が遅れたのは実はジャーマングレーのせいです。
白バックの撮影では全く本来の色が伝えられません。・・・(全てボツにしました)
仕方なく黒バックにしたのですがそれでもまだまだです。・・・(汗)
ジャーマングレーの車両は色々な色が回りにある方が本来の色が写真では出やすいようですね。
プーマはタイヤがメインと考えていましたので、ステアリングの可動そして塗装にチョット力を入れて
みました。その辺をご理解していただけるのは製作者にとって大変嬉しい事です。
また、それを見逃さない宮崎さんの眼力に大変敬服致します。

まだ見た事のない隠れたプラモ名人は間違いなく大勢いますよね。
HPやブログそしてコンテスト出品作を見て笑っているかもしれませんね~。

かおりさんリヒターです

今晩はかおりさんリヒターです。
応援有り難うございます。
僕には戦車製作はちょっと無理かな~なんて考えていましたが
かおりさんの応援で何だかやる気が出て来ました。
頑張って完成させますので、また見に来て下さいね。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS