Sd.KFZ.234/2 PUMA 仕上塗装編(4)

プーマの仕上げ塗装の最中、リヒターが突然修行に出ると言い工場から姿を消してしまいました。
多分、給料の良いヒロナリさんのブログか、リアリティー宮崎さんのブログにお邪魔しているのではないかと思います。
もしかしたらかおりさんのブログかも?リヒターも男(?)だからな~・・・(笑)

私は他工場の手伝いで毎晩午前様が続きグロッキー状態!
「ハンスシーバー戦車工場危うし!」と言うニュースが流れたとか・・・(嘘)

リヒターがいないのでは仕方ない、たまには私もマーキングをしてみようと思ったのが大きな間違い、甘くはありませんでした。・・・(汗)

828b1.jpg
出来合いのステンシルでバルケンクロイツをさっさとやってしまおうと考えていましたが、プーマの砲塔は戦車に比べ小さいので上手く使用できず結局手書きする事にし、車体ナンバーは楽をするためデカールを使用しました。
いつもなら全て手書きにするのですが、さすがに疲労困憊!集中力無し!では二つ同じ数字が並ぶナンバーの手書きは無理だと感じました。

828b2.jpg
828b3.jpg
デカールは車体に貼ったデカールと同じ様にカッターナイフやサンドペーパーでキズを付けます。

828b10.jpg
その後、砲塔に小さなキズを付けて行きます。
何だかチャンバラごっこの後みたいな切り傷、もう少し大きさやパターンに変化が必要ですね、修正が大変そう。・・・(汗)・・・リヒターが帰って来たらやらせますかね。

デカールはシルバリング対策を施さなくても、何とか見られる状態でしょうか。
ホビー誌で紹介されているシルバリング対策はクリヤーを下地にデカールを貼るのでしょうか?あまり読まないので良く判らないのですが、私はつや消し迷彩色の上に、クリヤーを塗る事はありせん。
いくら透明と言っても濁りのある一枚の層を形成し迷彩色に影響がでるからです。
何年(何十年ですね)か前に製作した飛行機のキャノピーも、クリアーを塗った当初は綺麗でしたが、今はニスを塗ったようなアメ色になっています。
またデカールの透明フィルムも経年変化でアメ色になって行きますね、そんな事もあるので私は出来るだけ手書きにしているのです。

経年変化も視野にいれ製作を進めないと長くその作品を楽しむ事はできませんよね。
私の良く行く模型店に、某有名ライターのジオラマが数点展示されています。
その中の一つに雪が積もった作品があるのですが、なんと経年変化で雪が全体にひび割れています。
結構高額な値段が付いていますが誰も買いませんよ、そんなのって感じです。

828b4.jpg
問題となっていたスペアータイヤも無事に装着できました。・・・(ホッ)

828b7.jpg
エアーインテークの枠に普段は滅多にしない乾いた錆び表現をしてみました。

828b6.jpg
先日、MIGのオイル汚れなる物を購入したので、完成後はジェリカンに隠れて見えない部分でテストしてみました。どうと言う事はないですね。・・・値段が高いだけのようです。・・・(落)
828b5.jpg
ホイールキャップも汚しを掛けました。その時せっかくタイヤの下地を出した部分にまた泥汚れが・・・(汗)
一度アクリルシンナーで擦って下地を出しているので、いくら下地がラッカー系でもこれ以上シンナーを使い擦るのは無理があると思いましたので、油彩のペインズグレーを綿棒に着けタイヤ表面に色を置いてみました。

828b11.jpg
前回、宮崎さんにコメントを頂いた装備品をチョット大きめな画像で確認して下さい。
装備品は車体色とは違うので単色塗装などでは良いアクセントになります。
中には装備品を別に塗り後から取り付ける方もいると思います。
私の場合は殆どの物は取り付けて基本的な色を置き、車体と同じ汚しをかけて行きます。
汚しの課程で様々に装備品も色を変えて行きます。
この写真はまだ途中段階で、この後の汚しで更に変化して行く事になります。
最終的に色の調整をする事になりますが、全てを塗り変えず部分的にそれまでの汚しを残し、車両との一体感を損なわない様にしています。これはマフラーも同じ事が言えますね。

818b12.jpg
我が工場に新しいエアーブラシが届きました。
アネスト岩田のHP-AH(ノズル口径0.2mm)です。後ろにあるのがこれまで使用していたオリンポスHB-62B(ノズル口径0.2mm)です。
オリンポスの物も悪くは無いのですが、ニードルアジャスターが付いていないので、微妙な指先での操作が必要でした。結構神経を使うので長時間の作業は厳しいものがありましたね。
たまたま行きつけのホビーショップの隣でHP-AHがセールで半額になっていたので思わず購入してしまいました。
こちらは、ニードルのアジャストもプリセットハンドルで簡単に出来ますし、ノズル手前の空気調節つまみが便利です。
新しい物はすぐに試すがモットーなので、今回製作中のプーマの仕上げにぶっつけ本番で使用しています。
もし0.2mmのエアーブラシで細い線が上手く描けないと言う方がいましたら、0.3mm使用時よりエアーの圧力を上げて試してみて下さい。
細い線を描くのだから圧力は弱めと考えてしまいがちですがそれは逆ですよ。
ノズルが細い分、圧力が高く無ければ塗料は出て行きません。

さて、そろそろリヒターを探さなくては作業が進まないな~!
皆さんも当ブログのリンク先を訪ねて、リヒターを探してみて下さい。・・・(見つけても賞金は出ませんが)

それでは今回はここまでとしま~す。
次回をお楽しみに!・・・ン?・・・リヒターを探さなければ次回が無い!・・・(冷汗)

     「リヒターを探せッ!」・・・ウオーリーを探せではありません・・・(古ッ!)

                                           それではまた・・・

comment

Secre

リヒター君、何処へ・・・

ハンスさん!おはようございます。
プーマの仕上げ、着々と進んでいるみたいですね(*^_^*)
塗装が剥げた感じとか・・・
サビの感じ、本当に実物を見ているようで、感動物です!!
またデカールをいつもは手書きにしているお話には、
ビックリしました!
某模型雑誌の方は基本塗装(迷彩も含む)後にデカールを貼り、
その上からつや消しのクリアーを吹き付けるとレクチャーDVDで
説明をしていたので、
私は今もその方法をとっています!
プロのモデラーの方でもなかなかデカールを手描きしている人は少ないと思いますので、
やはりハンスさんの技術は凄いんですね(*^。^*)
これからも一杯参考にさせていただきたいと思います。
それから、リヒター君、私のところには来ていませんよ!!
技術が未熟な私より、ヒロナリさんとか宮崎さんの所に修行に出かけたのではありませんか?
リヒター君!パートナーが待ちですよ!!
お早いご帰宅を期待しています・・・

リンクを張らせてもらいました

 AFVの情報サイトを模索中・構築中なんですが、わたし自身のコンテンツがないので作例として、Hans=Sheaver さんのギャラリーにリンクを張らせてもらってます。
 該当キットのページに掲載してます。
http://afv.la.coocan.jp/wiki/index.php?title=DML%E2%85%A0%E5%8F%B74.7%EF%BD%83%EF%BD%8D%E5%AF%BE%E6%88%A6%E8%BB%8A%E8%87%AA%E8%B5%B0%E7%A0%B2

http://afv.la.coocan.jp/wiki/index.php?title=DML%E2%85%A0%E5%8F%B715cm%E8%87%AA%E8%B5%B0%E9%87%8D%E6%AD%A9%E5%85%B5%E7%A0%B2

などです。

 許可がいただければ、ページに画像の一部を表示してもうちょっとインパクトのあるものになるんですが・・・・・。

いないですか~

こんばんはかおりさん。
リヒター行っていませんか。何処をほっつき歩いているんだか。
HPギャラリーに掲載している、タイガー系やエレファントは車体ナンバーとバルケンクロイツを殆ど
手書きでやっています。
まだまだ下手ですが歪みも個性と考えています。・・・(汗)
と言うのはやはりモデラーの皆さん、デカールの付いている車両で仕上げる方が殆どだと思います。
有名な車体が多いので当たり前ですよね。
でもそうなると自分の作品より上手い人のを見るとショックじゃないですか。
それならどこかに違いをだそうと手書きにしているだけですよ。・・・(情)

デカールについて

手書きなんて夢のまた夢の私は、もっぱらデカールに頼っています。
以前は、ニスをすべてカットしていましたが、今はやってません。ニスの段差が気になってカットしたわけですが、カットすると切り口のエッジが立って、よけい気になるようになりました。
それくらいなら、オリジナルのだるいエッジを生かして、フラットクリアーを吹くことで対処したほうがいいと思いました。その意味では、アカデミーのデカールはニスが薄く、目立たないのでお気に入りです。
シルバリング対策については、クリアーは吹いておりません。そこまでしなくてもマークソフターを駆使すれば、フラット面にも完全に密着させることが出来ますからね。
あ、それから、ウチにもリヒター君、来ていませんねえ。本当は、来て欲しいんだけど。
来てくれたら、フラットレールカー2両塗ってもらうんだけどなあ。

池上さんへ

何だか凄いことを始めましたね~!
私のような下手で手抜きの作品で良いのか戸惑っています。
画像をどう使用されるのか、もう少し具体的に教えて頂けたらと思います。
まだ構築中で色々考えていらしゃるのは分かっていますので回答はゆっくりでかまいませんよ。
私としては使用する写真のリクエストを頂き、画像の加工をしない(トリミングするのはOKですよ)
事と、どこかに私の写真と分かるように表示して頂けるのであれば、特に問題はないと考えています。

画像引用について

http://afv.la.coocan.jp/wiki/index.php?title=DML%E2%85%A0%E5%8F%B715cm%E8%87%AA%E8%B5%B0%E9%87%8D%E6%AD%A9%E5%85%B5%E7%A0%B2
こんな感じにですかね・・・・、ほかにも表示の方法はあるんですけど、この方法が一番見やすそうです。

MediaWikiの場合、サイト外のファイルを表示したい場合、上のページの一番下の画のように、オリジナルのサイズで、画像のレイアウト処理は一切出来ないという制限があるので、自分のサイトにファイルをアップロードしなきゃならんという制限があるんです。これは、著作権や、リンク切れの防止のための施策だとは思うんですけど、ブログツールなんかはもっとおおらかな対応なので、かなり窮屈な印象を持ってます。

ヒロナリさんへ

おはようございますヒロナリさん。
リヒターのヤツ、ヒロナリさんの処にも行っていませんか!?
おかしいな~お金でもなく、色気でもないとしたら本当に修行かな~まさかねッ。
今日は久し振りに休みが取れたので、宮崎さんの処に探しに行きますかね。
デカールのニス部分気になりますよね~!実際にはないものですからね。
私の場合クリア塗料の皮膜も気になるので尚更です。
かおりさんもヒロナリさんも、つや消しクリアーで対処しているのに、
私は以前、フィギュアを十数体製作しMr.トップコートつや消しを仕上げに吹いたところ
顔が赤く変色したのがトラウマとなり使用出来なくなりました。
1/6フィギュアの仕上げはウレタンニスクリアーを使用しています。
こちらはアクリル塗料を赤くする事はなく、薄い茶色が乗るだけなのでそれを想定し下地を
塗れば良いので気分的に楽です。
今度、戦車の仕上げにも試してみようかと考えています。

画像引用の件

おはようございます池上さん。
画像の使用状況を確認させて頂きました。
何も問題は有りませんので、私の写真で良ければご使用頂いて結構ですよ。
池上さんがいま製作しているAFV情報サイトに賛同致しますとともに、少しでもお役に
立てればとの思いです。
このサイトには多くのAFVファンが期待していると思います。
そして、より素晴らしい作品がエントリーしてくるのではないでしょうか?
その時は遠慮なく私の駄作はカットしてかまいませんよ。・・・(笑)
笑っていて良いのか・・・(悩)

画像引用の件

許可ありがとうございます。
それでは、追って書き換えさせてもらいます。
遠慮無く情報なども書き込んでくださると助かります。
よろしくお願いいたします。
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS