Sd.KFZ.234/2 PUMA車体上部製作記

プーマは内部塗装も終わり、車体上部へと作業が進んでいます。

803b1.jpg
ボッシュライトの陰に隠れていますが、コードを追加しています。

資料がまるで無い状態でしたので今日、グランドパワー別冊「ドイツ装輪装甲車」を購入して来ました。
内容を見るとプーマの写真は16枚掲載されています。(何枚かは既に所持している本と重複・・・落)
まあ無いよりましと言ったところですね。でも既に殆ど出来上がっているので今更買う必要はなかったのかも・・・(汗)

803b2.jpg
ジャッキに真鍮線のコの字金具を二箇所打ち込み、固定金具の片蝶ネジはモデルカステンの物に交換します。
またスターアンテナ基部と車体に取り付けたパーツNo.C11をアンテナコードで繋ぎます。

803b3.jpg
砲弾ケース(?)上面の四角い窪みに0.3mm真鍮線で持ち手を付けます。

803b4.jpg
スモークディスチャージャーのリード線集合管を0.3mmプラ棒で製作。803b5.jpg
マフラー用装甲カバーはそのままでは取り付けられませんので、内側を削り落とします。
そして丸みのある部分と長方形の板は溶接されていますので、ヒートペンで溶接跡をモールドします。
車幅ポールは黒染めしています。

803b6.jpg
リヒターが気にしていた車内もこれじゃ~砲塔を乗せたらな~んにも見えませんね~ッ。

803b7.jpg
今日はラッキーでした、以前より購入したかった、アネスト岩田のCM-CPを手に入れる事が出来ました。
価格は4万2千円と高価ですが、販売している店を今まで見た事がありませんでした。
今回製作しているプーマから使ってみるつもりです。
リヒターも新しいエアーブラシを見て何だかニコニコしています。

803b8.jpg
エアーブラシはCM-CPで8本目になりますが、現在所有しているのは4本です。
これでノズル口径が0.18mm,0.20mm,0.23mm,0.30mmの四種類が揃いました。・・・(喜)

いつもは道具の自慢めいた話などしないのですが、使用している道具は今後少しずつ紹介していこうと考えています。
製作記をご覧になっていてどうやったのか?と疑問に思う事も道具を見れば納得!別にハンスが上手い訳では無い!とすぐに結論が出る場合があると思うからです。

今まではホビー誌ではないのですからメーカーの宣伝をするのはど~かな~と考えていました。
でも良い物は良い、悪い物は悪いとハッキリ言う事はプラモデルもそして、道具に付いても大切な事ではないかと今は思っています。

さて今回はここまでです。
次回はCM-CPの使用レポートがお届け出来ればと考えていますが・・・
ど~なる事やらです!それではまた・・・

comment

Secre

イイ感じですね(*^^)v

ハンスさん!おはようございます!
どんどんプーマ、出来上がって行きますね(*^。^*)
真鋳線を使って加工したり、
持ち手を付けてみたりと・・・
素晴らしい作業に、ただただ見入ってしまいました。
それから素晴らしいエアーブラシを購入したんですね!
やはり道具は大切ですね(*^^)v
私も今使っているエアーブラシに慣れてきたら、
もう少しグレードのよいものを買ってみようかなんて思っています!
オークションでも出ているのですが、
やはり手にとって見て、気に入った物を購入したいな~!なんて思っています。
次回のCM-CPの使用レポート、楽しみにしています(#^.^#)

弘法は筆を選ぶ!

おはようございますかおりさん。
高校生の時に美術部の顧問が良く言っていたこと。
「弘法は筆を選ばず!と言うのは嘘、弘法ほど筆を選んだ人はいない。まして諸君の様なへたくそが筆を選ばずして良い物を描けるはずが無い!」
耳にタコができるほど聞きました。
良いキットそして良い道具に巡り会って私の様なへたくそは、それなりの物が作れるのではないでしょうか。
そしてかおりさんの製作スピード、いつも感心して見ています。
先日、テレビにスイーツ作りの天才が出ていました。
物作りはスピードが一番大切。(生菓子ですから当たり前ですかね)
丁寧に作っているから時間が掛かるは、へたくその言い訳だ~ッ!と吠えていました。
プラモは生菓子ではありませんから、一年掛かろうが二年掛かろうが腐りはしません。
でも同じレベルの作品を、他人より十倍の早さで作る事が出来る人は天才でしょうね。
かおりさんはそっち系かも・・・

エアブラシ

 わたしは、見通しの良さから、カップなしの CM-B (0.18mm) を買いましたが、残念ながら、・・・・・・まだ使ってません。・・・・飾ってあります。(^_^;) たぶん、使うのは、随分放ってある 円句版 1/4 キューティーハニーか、ムサシヤの1/4バニーガールラムの仕上げの時だと思います。何時になるのか判りませんけど・・・。
 希釈の都合は、0.23mm の方がうんと使いやすいと思いますけど、残念ながら0.23mmのカップなしがなかったもので・・・・うまくいかないものです。使ってみて上手くいかなけりゃノズルとニードルを 0.23mm に交換してみようかと思ってます。多分出来るでしょう。

 値段に関しては、・・・・・・箱はプラ製でいいから、もうちょっと安くして欲しいと思いました。・・・箱だけでも立派なものですから結構高いですよね。・・・・・でも、オリンポスはプラ箱でも、もっと高かったですね。

CM-Bは・・・

池上さんCM-Bはちょっとストレスを感じるかもしれませんよ。
まあ私の使い方が悪いのだと思いますが、詰まりやすく、垂れやすいですね!
ノズルは交換できますから0.23mmの方が良いかもです。
そう言えば池上さんが製作しているチャンタウロのステアリングは固定にしたのですか?
可動にするのではと楽しみにしていたのですが・・・・

No title

|まあ私の使い方が悪いのだと思いますが、詰まりやすく、垂れやすいですね!

 やはり・・・・そうですか・・・。0.2くらいが普通の濃度で使えるギリギリの線ですかね・・・。臨界点近くは


|可動にするのではと楽しみにしていたのですが・・・・

 残念ながら、可動にするには下側のV字のロアアームが華奢すぎるのと、元々ホイールの接続がユルユルのガバガバなので、2輪目くらいの切れ角なら何もしなくても切れてしまいます。・・・・なんか興が冷めてしまいました。
 勢いでもう一台買ってしまってるので、次回はするかもしれません。(^_^;)

 というより、仕掛かりがあれこれある上に、梅雨もいよいよ明けましたので、早く完成させなければ・・・・。(^_^;)

二台目のために

池上さんチェンタウロを二台買ったんですか・・・(大人買い~!)
お気に入りの車両と言う事ですね。・・・?
それなら一台目で完璧な物を作ってしまうと、二台目になかなか手を出せなくなりますから、一台目はそれなりで良いですよね。(まるで自分に言っているみたい・・・笑)
湿度は高いですけど塗装に問題はないですよ~!池上さんの完成車両はやくを見たいな~

参考になります

砲塔ターレットから見える車体内部は、本物かと見まごうばかりです。
リヒターくん?のキャリアが垣間見える部分だと思います。

エアブラシもそのうちにと考えていますので、
とても勉強になる話ばかりです。
やはり、どこでも手に入るタミヤとかより、仕上がりに差が出るものなんでしょうか。

製作スピードの件も、かおりさんとのやりとりで出ていましたが、耳の痛い話です。
かおりさんのものすごいスピードには、とてもついていけないばかりか
行き詰まっては、放置中の作品ばかりが増えていますので、
なんとかせんとイカンです。

こんばんは宮崎さん

宮崎さんの様に良い物を作るためには多くの時間が必要だと思います。
何度も壁にぶち当たり、それを乗り越えてリアリテイーを追求されている姿は、多くの人が感動を覚えているはずです。
私もいつかは宮崎さんの様な塗装ができるようになりたいと考えています。
現実には何のテクニックも無いので、いまは実車同様に最初は新車状態で製作し時期を見てダメージ表現を、そして遺棄された車両へと一つの模型を変化させて行きたいと思っています。
そんな事を考えているので、時間は掛かりますが内部や見えなくなる部分も作り込み塗装しています。
エアーブラシは40年前からオリンポスの物を使用していましたので、タミヤの製品は使った事がありませんが高額な物は勿論性能的に上と考えるのが妥当だと思います。
エアーブラシはノズル径0.3mmの物があれば通常の塗装に問題はありません。
問題はコンプレッサーとレギュレーターにあると思います。
私はいまハンズで買った安物のコンプレッサーを使用していますが高額なオリンポスの物より音も静かでパワーもそれなりにあり値段だけではないと感じています。
ただ使用中に高温になるので暑い時期はいつか爆発するのではと心配です。
これから買おうと思っているコンプレッサーは、アネスト岩田とミスターホビーのL7です。特にL7はリニアコンプレッサーなので音がしません、エアーブラシから出るシューっと言う音だけなので深夜の作業に向いていますね。
長くなりましたが、宮崎さんがエアーブラシを購入なさる時は相談に乗れると思いますよ。

エアブラシのメーカー

|エアーブラシはノズル径0.3mmの物があれば通常の塗装に問題はありません。
 エアブラシの販売会社は、色々あるんですけどね。多分、今や、国産で生産してるのは1社、多くて2社だと思います。タミヤとボークスオリジナルは、B.B.RICH.CO と明記しています。今はなきオリンポスもそうらしいです。多分、バニーコルアートも、扶桑精機も、ホルベインもそうだと思います。あともたぶん・・・・・。B.B.RICH.CO は、OEM 供給 に徹しているらしく、目立たないように活動していますが、全く市販していない訳じゃありません。一部、画材店などで販売しています。要は、ごく少数の供給元が販売先の価格と要求スペックによってチューニングしてるって感じですかね。 だから、Made in Japan の1万円前後以上のハンドピースなら、どれをとっても、間違いないという感じがします。

|しません、エアーブラシから出るシューっと言う音だけなので深夜の作業に向いていますね。

 わたしは、その高額でうるさいオリンポスの4004Tを未だに使ってます。五月蠅いのはどうしようもないですけど、価格についてはもう30年近くになりますが、ビクともしませんので、それなりのことはあると思っています。
・・・これも、http://www.fusoseiki.co.jp/products/richpen_photo.html#5 に同等品があります。オリンポスの値付けは高いのでこちらの方が利口だと思います。
 流石に、4004Tで深夜作業は出来ませんので、L5を買いました。でも、模型店で昼間聞く音と、深夜に自室で聞く音は、全然違いますよ!・・・・・L5でも、結構、五月蠅いです。Hans=Sheaver さんが、どういう狙いでL7を考えておられるのかわかりませんが、騒音対策が1番なら、L5も検討された方がいいと思います。・・・・L7,L10は、どうもお客に媚びてスカイラインR32の良さを殺してしまったR33を思い出します。風量圧力は、ダイヤフラム式を使ってると、結構心許ない感じがしますが、結構いけるもんです。 http://afv.la.coocan.jp/index.php/2009/04/コンプレッサー やっぱでっかい方が良い!/

騒音対策について

池上さんおはようございます。
私は若い頃、アルバイトでタンク式の大型コンプレッサーを使用していました。
一定の圧力になるとカチ~ンと言う音がして止まったり、動いたりするものでした。
そんなですからコンプレッサーの騒音を私はあまり気にしません。
むしろ振動で足下で動き回る方が気になります。・・・(笑)
騒音については寝ている家族に配慮してと言うか、クレームがあった時の言い訳ですかね。
まあテレビの大きな音がしていてもグッスリ寝ているのでいらぬ心配かもしれません。・・・(笑)
L7は閉店してしまった、オリオンモデルズの仲田さんが店内で使用していました。
氏も長年大型のコンプレッサーを使用していたのですが、故障したため何点か試したそうです。
WAVEの物は水抜きが付いていながら使用している内に、水がピュンピュン出てくるそうです。
メーカーに言っても原因不明の回答だったとか。
L5も使用したそうですが、塗装面にソフトに塗料が乗るような感じに馴染めず、L7を使用しているそうです。
騒音の事もありますが、塗り心地も道具選びでは重要なポイントだと思いL7の購入を決めたしだいです。

コンプ

|そんなですからコンプレッサーの騒音を私はあまり気にしません。
                ・
|まあテレビの大きな音がしていてもグッスリ寝ているのでいらぬ心配かもしれません。・・・(笑)

 これなら、L7 は、良い選択だと思います。

|WAVEの物は水抜きが付いていながら使用している内に、水がピュンピュン出てくるそうです。

 Lシリーズは、あんまり圧縮しないからか、水は出にくいのかな・・・、確かに出にくいと思います。

|L5も使用したそうですが、塗装面にソフトに塗料が乗るような感じに馴染めず、L7を使用しているそうです。

 L5の使い方は、かなり薄めで何回も重ねるのが肝だと思います。
 「塗装面にソフトに塗料が乗る」のが良いんです。まどろっこしいけど、仕上がりは、塗膜が薄くキリッとシャープな感じがします。車には向かないかな・・・フィギュア系にはピッタリですね。・・・・AFVは、結局、ホコリまみれ、泥まみれにしちゃうので違いが出ないかもしれませんが・・・。

 それと、セットのMr.エアーレギュレーター は、あんまり感心しません。トリガを引いてすぐに出ないんです。昔のターボ車みたいに一呼吸止まります。

コンプ 訂正

| L5の使い方は、かなり薄めで何回も重ねるのが肝だと思います。

 「L5の使い方は、」 と言うより 「低圧で使うときは、」 ですね。 おかげで、4004T も結構低圧で使うようになりました。

昔のターボですか~

Mrのレギュレーターが何で昔のターボ車みたいなんですかね?発売時期はまだ新しい方ですよね~。
私はハンズで買った安物コンプレッサーに元々レギュレーターが直結していたので、それにまたオリンポスの24000もしたレギュレーターを途中に入れています。
Mrだと二呼吸分止まちゃいますね!・・・(笑)
L5は話を聞いて確かにフィギュアーの顔を塗るのに適していると感じました。
でも女性の顔には良いのですが、私のように男性の顔に塗るのはどうか?と思い未だに買っていません。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS