プーマSd.Kfz.234/2 内部塗装編

ステアリングの可動、そしてバンプストップ取り付け金具周りの加工が終った。・・・(フ~ッ)
さてこの後は、車体内部の塗装だな~などと考えていたら。
またリヒターが現れた。アレ~ッ工場長本当にステアリング可動にしたんだ~それに小さいリベット72本も打ち込んだのかよ~やるじゃ~~ん!(・・・なっなんだか嬉しい!)

731b1.jpg
(ブタもおだてりゃ木に登る~!である・・・汗)

731b2.jpg
731b3.jpg
車体下部とシャーシーを接着すると何故か前後に隙間ができる???
車体の前は溶接跡を付けるので0.25mmのプラバンを挟み、後ろはパテで埋めます。

731b4.jpg
ステアリングを可動にするため使用したネジの頭が5箇所、内部パーツと干渉するのでその部分カットする。

731b5.jpg
キットに付属するガスマスクケース(手前)は長さが足りず太めに見えるので、ストックの物と交換します。

731b6.jpg
車体内部はある程度再現されているが、他キットと共用の車体パーツなので余分なケガキ線、ダボやダボ穴が目立ちます。
プーマの資料は全くと言って良い程持っていないので今回はそのまま組み立てました。

731b7.jpg
車体側面にある視察クラッペは可動式なのが嬉しいですね。

731b8.jpg
エンジン室上面のルーバーは開閉どちらかを選択できます。

731b9.jpg
防盾の鋳造表現を、パテに粗めの顔料を加え少し目立つようにしました。

731b10.jpg
さていよいよ内部塗装の開始です。いつもの様に黒に近い焦げ茶で下塗りをします。
塗れる物はついでに塗っておきましょ~。

731b11.jpg
内部を塗り分けます。白にみえますが操縦室は薄いベージュで塗り、エンジンルームは黒のままでも良いのですが縁起を担ぎハルレッドで塗りました。(この辺が年寄り臭いですね・・・汗)

731b12.jpg
いつも思うのですが完成してしまえば見えなくなる内部を一生懸命製作したり塗っても虚しいですよね~!
私の場合パーツ成形や塗装のトレーニングと最近では割り切って考えています。
後、車内上部の塗装が終了すれば、プーマの形が見えてきます。

さて今回はここまでです。
次回はプーマの完成写真をアップしたいと考えていますのでお楽しみに~!

これまでの作品は
             Hans=Sheaver Collection
                                    HPギャラリーをご覧下さい。


comment

Secre

完成が待ちどうしいです(*^。^*)

ハンスさん!こんにちは(*^。^*)
ブログ拝見いたしました。
着実に完成に向けて、作業が進んでいるようですね!
車体内部の塗装ですが、
私はズルいのでいつも省いてしまいます。
ただ今回のヴィルベルヴィントは砲台のところが丸見えなので、
塗装を頑張らなくてはと思っています。
ハンスさんを見習って、やってみます(*^^)v
私も61式戦車、作り始めました。
部品点数があまり多くないので、
ヴィルベルヴィントよりは簡単に出来上がりそうです。
明日は主人がお休みなので、
未塗装のマチルダ(旧製品)の塗装を頑張ってみようかと思っています。
出来上がったらまたブログで紹介したいと思いますので、
見てみてください!
マチルダを塗るにあたって、何かヒントになる事がありましたら、
ご教授下さい。
では、これからもよろしくお願いいたします(*^。^*)

マチルダですね・・・

今晩はかおりさん。
確かマチルダの新製品もかおりさん買っていますよね~?それなら今回の塗装はストライプ迷彩はパスした方が良いのではないでしょうか。
新製品を三色のストライプ迷彩にした方が間違い無く良いと思いますよ。

それから車体内部の塗装は見えない部分はやらなくても問題ないですよ、ただエンジンルーム上面に通気口がある場合は内部に暗い色を置くのが定石です。
かおりさんがお会いした事のある土居さんの製作した、ティーガーⅠ(タミヤ製)をしばらく店で預かった事がありますが、内部を全然塗ってないのでベージュ色の成形色が隙間から丸見えでした。
プロでもそうなのですからかおりさんが気にする事はまったく無いと思いますよ。

主人と共同作業で塗装しました

ハンスさん!こんにちは(*^。^*)
8月に入ったと言うのに、お天気が生憎ですね!
ところで今日、主人とマチルダの塗装を頑張りました。
主人がどうしても3色ストライプ塗装にしたい!
と言うので、今回はその方法で頑張ってみました。
主人がマスキングを担当し、私がエアーブラシを担当しました。
エアーブラシですがエアーと塗料の具合がイマイチわからなくて・・・
塗装にムラガできてしまい・・ チョコッと落ち込んでいます。
汚し塗装で何とかごまかそうと思っているのですが、ムラになる原因は
ノズルとモデルの位置関係が悪いのでしょうか?
それとも塗料の希釈状態が悪いのでしょうか?
ハンスさんに教えていただけたらと思います!
明日のブログで今日仕上がったところまでアップしたいと思っています。
なにかムラになったり、垂れたりしないダカイ策がありましたら、
教えてください(*^。^*)
いつも色々ご迷惑をおかけして、すみません!
こんな私ですが、これからもよろしくお願いいたします(#^.^#)

三色迷彩でOKですよ

かおりさんこんにちは、
マチルダと言えば三色迷彩ですから、新旧製品同じ迷彩で車両ナンバーを変え並べるのもよいのでは。
それからエアーブラシでもスプレー缶でもムラは出来ます。
ただスプレー缶は広い範囲に塗料が飛ぶので小さな戦車を塗っている時に気づかないだけだと思います。
塗料の希釈の問題もあると思いますが、まず塗料が吹き出したら手を止めず動かし続ける事が肝心です。
吹き付ける前にエアーブラシをどう動か?エアーを出さずにブラシをを動かしイメージを固めるのも良いと思います。
明日かおりさんのブログを拝見して、また何かあればコメントを入れますね。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS