Sd.Kfz.7/1 2cm四連装対空砲 8t ハーフトラク製作記

タイトルを見て「オヤッ?!」っと思われた方もいるのでは?

グリレHの後は、フンメルかグリレMかナスホルンの仕上げではとブログを見続けて下さっている方はそう思うでしょうね~。

実はグリレHの仕上げにかなり手こずりましたので、資料など殆ど持っていないハーフトラックに手を出し、少し楽をしようかなっと考えました。
ストレートに組み立てる予定ですので、参考にはならないと思いますが、良くできたキットにも問題点はあるはずです。
その辺をレポート出来ればと考えています。

製作記を始める前に、皆さんにご連絡です。

Ⅳ号HとグリレHをHPギャラリーにアップしましたので、宜しければご覧になって下さい。

740.jpg
Ⅳ号Hはこちらをご覧下さい。http://hans2008.web.fc2.com/4H.html

738.jpg
葉っぱの上のコオロギ!?もといグリレHはこちらをご覧下さい。
http://hans2008.web.fc2.com/gh.html

さて、それではSd.Kfz.7/1 2cm四連装対空砲 8t ハーフトラク製作にはいります。

731.jpg
一日掛けてここまで製作が進みました。
ドラゴンの箱の後ろにあるのは、ご存じタミヤの製品です。驚くのはキットの値段、1800円です。
当時は、それを三割引、消費税無しで購入していましたので「どんだけ~」ってな感じですね。

732.jpg
733.jpg
パーツの接合に殆どストレスを感じません。難を言えばタイヤとホイールのマッチングでしょうか、プラとポリの微妙な収縮率の違いで隙間や段差が生じます。外側のホイールとタイヤの隙間はゼリー状の瞬間接着剤で埋め、裏側の段差はペーパーで削り修正します。
各パーツの嵌め合わせ部分の一部は非常にタイトなので、接着剤で溶けてしまえば嵌るところも仮組の時点では浮いてしまいます。
転輪とシャフトもキツイので仮組や塗装の度に付けたり外したりしている内にシャフトを折ってしまいそうです。間違いなく嵌りますので、塗装後に装着する事をお薦めします。

734.jpg
パーツ数は少ないのですがかなり精密な出来だと思います。

736.jpg
737.jpg
んっこれは何だ?!いきなりで失礼。
私が高校生の時(四十年近く前)に製作した、タミヤのハーフトラックです。
既にポリキャタピラが使用されていますが、モーターライズでした。
25年ほど前に自宅に小さなドロボーが入り、スーパーのレジ袋に飛行機や戦車のプラモデル、ソリッド社のクラッシックカー等を詰めるだけ詰めて逃げようとしたところを捕らえました。
袋を開けてガッカリ!飛行機や88mm砲などは木っ端微塵、このハーフトラックもミニカーも外側のパーツは全て折れていました。
それでも捨てなくて良かったと思います。当時一生懸命製作していた記憶がよみがえり何だか懐かしいです。
当時はハンブロールのエナメルで塗装をしていた事、そして転輪の錆汚れにパステルを既に使用していた事が判ります。
パステルの使用はトニー・グリーンランド氏の著書を見て使い始めたと、自分では思っていましたが、随分前からやってたんですね~。

他の作品も良く見れば、ハゲチョロ、銀ドラ、泥汚し、雨だれ跡、など小学生の頃からやっていたのが判ります。笑ってしまうのは飛行機などの排気管周りに本当の煤を刷り込んでいることです。
私は古い人間なので当時、小・中学校の暖房はだるまストーブでした、その煙突を掃除すると大量の煤が落ちて来ます。それをパンの袋に詰め持ち帰り使用していたのを思い出しました。
また銀ドラも現在のように、タミヤのペイントマーカーが発売されていたわけではないので、銀粉を使用していましたね~。
ア~ッ懐かしい。・・・(ンッ!)・・・そんな思い出に浸ってないで早く模型を作れ!ですか?
わかっています。ハンスシーバー戦車工場、二台目のハーフトラック頑張って作りま~す。
それでは、また次回をお楽しみに~・・・

comment

Secre

40年前からパステル!

自称パステラーのわたしですが、出戻ってから初めてパステルに触れたのに比べて
高校生のときからパステルを試していらっしゃるとは、すごい!
さらに、ハゲチョロ、銀ドラ、泥汚し、雨だれ跡を小学生からやっているというのは
驚愕!
やはり当時から鋭い観察眼の持ち主であったことが伺えますね。

英才教育

観察眼はプラモデルを離れていた時に、白黒の写真から情報を読みとらなければならず、自然に身に付いてしまいました。
以前は戦車の写真を、ただ見ているだけで深く観察する事はありませんでしたよ。
ただ、私の父が戦車乗り、叔父二人が特攻隊の生き残りでしたので、物心が付いた時には「丸」と言う雑誌を、叔父が毎月購入し読み終わると私にくれたのです。

小さな時から勉強もせず、軍事雑誌(当時はそう呼んでいたかと)を毎日見ている。これは一種の英才教育では?
私が小学校二年生から製作していたプラモデルを、お小遣いと引き替えに叔父が持ち去っていました。
小学校高学年の時に私がカレンダーの裏に描いた戦車(チーフテンだったと思います)の絵をどうしても叔父が欲しいと言うので差し上げた事があります。
そんな叔父が亡くなった時に従兄弟がこう話してくれました。叔父は私の描いた絵を額装し応接間にず~と飾っていてくれたそうです。何だか嬉しい話です。
そう言えば先日、家内が町で以前、私の絵を買ってくれたお客様にバッタリ会ったそうですが、ご主人の絵は今も大切に飾っていますよ、と言われたそうです。(これも有り難い話です)
亡くなった母の夢は私を画家にする事でした。小さい時から母に手ほどきを受けていました。
それも英才教育ですかね?
今日、娘が結婚式を挙げたので、何だかセンチになっているハンスでした。すいません宮崎さん。

7月4日に嫁いで

お嬢様のご結婚、おめでとうございます。私は子供がいないので、想像するしかないのですが、うれしさと寂しさが、ない交ぜになった複雑な心境であることと、お察しします。
お会いしたことはありませんが、お嬢様のお幸せを心よりお祈りいたします。
それから、ハーフトラックの製作、楽しみにしています。

ありがとうございます

7月4日は娘の29才の誕生日でした。・・・その話にふれるのはやめましょうか。
現在、ハーフトラックは下塗りを開始しましたので、途中経過を一度アップする予定でいます。
グリレと違い、今回は素組ですから早く仕上がりそうですよ。・・・(笑)
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS