グリレH塗装編(1)

お待たせいたしました。
今回からいよいよグリレHの塗装編です。

ドラゴン社の組み立て説明書にある、ノルマンディー戦でイギリス軍に捕獲された第2装甲師団の車両を再現します。

ghb201.jpg
資料とする写真は5枚ありました。
昔のホビー雑誌に完成見本としてこの幾何学的な塗装を模した作品が載っていましたね。・・・(懐)

ghb202.jpg
迷彩パターンを塗装してモノクロ写真にしてみました。
実車のパターンに出来るだけ近づけたのですが、マークを貼ると多少ずれてしまっているのがわかります。・・・(汗)

ghb203.jpg
ダークイエローで下地を塗った後に、装備品を塗り分けていきます。
あまり色合いに神経質にならず、この時点では単に色を置く事を考えて塗装します。
また私の場合、下地にサーフェイサーを使用しないので、このダークイエローがその代わりです。
キズの目立つ箇所は修正しもう一度ダークイエローを吹きつけます。

ghb205.jpg
ghb206.jpg
塗装作業の時点でパーツの付け忘れが発覚、エアーインテーク部にもう一つ金網の付いた枠を追加、実車写真では金網が破れこの部分にペンチの様な物が置いてあります。
ワイヤーロープ装着金具を接着します。
ダメージを受けた捕獲車両を製作するのではなく、私はその車両の戦争当時をイメージして製作しますので、まずは新品状態で製作しています。

ghb207.jpg
ghb208.jpg
ghb209.jpg
装甲板の接着前に迷彩塗装とフェンダー上の工具を塗り分けます。
トランスミッション上部の迷彩パターンは確認できませんが取り敢えず入れておきました。

いよいよ仕上げ塗装です。下塗り色に色を塗り重ねて自分のイメージに近づけていきます。
ghb210.jpg
ghb218.jpg

ghb211.jpg
ghb213.jpg
側面装甲板を接着し仕上げに入ります。
この時、キャンバストップ用ロッドのアールが弱いのではないか・・・?と感じたのでアールを強めたロッドを0.6mmと0.7mmの真鍮線で二本製作しました。
実車写真では全てはずれていますのであまり気にする事は無いのかもしれません。

いつもここまで汚し塗装はしませんので、さすがに疲れが・・・マフラー等は下地色をおいただけでまだ仕上げの塗装が済んでいません。


昨日、友人が工場視察に訪れ一時間以上このグリレを見ていました。
そして「水筒や飯盒も車内に置いたら」とか言っていました。ここまで作ったのに、また追加作業かよ~・・・(壊)

と言うことで続きは次回・・・

comment

Secre

力作ですね!

第2装甲師団を選ばれましたか。マスキングが大変だったことと思います。ご苦労様です。
いや、素晴らしい出来です。同じ車両を作った者なので、どこで苦労されたか、よく分かります。使い込まれた雰囲気が、よく出ています。独自のテクニックをお持ちのようですね。
ところで質問。左装甲板内側、パーツF21は、もしかして射撃諸元表でしょうか?箱絵ではグレー一色でしたが、ここをどうしようか悩んだのです。
もうひとつ質問、ノテックライトのコードは、どこをどう這わせるのでしょうか?ちゃんとした資料が無く、私は省略してしまいました。

ありがとうございます

大型車両はいつもさらっと塗装しています。
でもⅠ号やこのグリレのように小さな車両は普通に塗装しただけでは、大型車両の陰に隠れて存在感を失ってしまいます。派手目にコントラストを入れているのもその辺の理由からです。
塗装方は皆さん独自の方法を持っていらっしゃると思います。私は不器用なのでホビー誌や他人の真似が出来ないので、テクニックと言うより自分のイメージした色になればOKにしています。

ご質問のありました、パーツF21は間違い無く射票ですね。(グランドパワー2002/6月号42Pに写真が載っています)ドラゴン社より先に発売されたバイソン等にはエッチングパーツが付いていたので気付かず貼り付けてしまいました。後から細い線を書き込みましたが上手くいかず諦めました。

ノテックライトコードは左フェンダー側面から全面装甲板の下を這い砲身をくぐり抜けて上に立ち上がります。その後は?なのですが、多分操縦手クラッペ脇に穴があり車内の制御ボックスに繋がっているのがノテックライトコードだと思います。(同じグランドパワーの44Pと38Pの写真を見ると良く判ると思います)

製作が進んでから本を購入しましたので、ちゃんと処理出来なかった部分が多く心残りですが、グリレHはもう一台ストックを持っているので次回は頑張るつもりです。

ええっ、また作る?

同じキットをもう一つ作りますか?すごいバイタリティですねえ。
私は、子供の頃作ったキットに再挑戦することはありますが、今作ったキットは、しばらくは作りませんねえ、飽きてしまいそうで。(笑)
質問のお答え、ありがとうございます。
射票については、トライスターの自走砲兵セットの箱のベロに、それらしいものが印刷されているので、コピーして貼ろうかと思います。
ノテックライトは、パーツを失くしたので、そのままにしときます。(笑)
あ、それから、ハンスシーバー戦車工場、私のほうもリンクさせていただきました。
これからも、模型制作、楽しみましょう。

箱のベロ・・・?あった!

トライスターの自走砲兵セットの箱ベロにありますね~射票が、それも何種類も!気が付きませんでした。貴重な情報、助かります。

昨日は友人に言われたので水筒や飯盒を塗っていました。さてどこに置くかな?なんて考えて資料本を見ていたら。な~んと側面装甲板にジェリカンをブル下げているではないですか。
てな事で、タスカのジェリカンセットも作り初めました。そうこうしている内に、車内運転席の左側床にF16のパーツを二つ付けましたが、あれはライフルスタンドだったのですね~MA40が留め具でした。
じゃあライフルも作らなくては・・・そしてヘッドホンも・・・これじゃあいつまでたっても終わりませんよね(笑)
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS