タコム キングタイガー  フルインテリア製作記・5

しばらく更新が出来ませんでしたが、製作は進めていますよ~。

通常なら車体下部を先に塗装しその後、車体上部の製作をするパターンなんですけどね~。
今年の夏は雨も多く湿度も高い!中々塗装に踏み切れませんでした。

でも昨日、今日と神奈川県は快晴!
リヒター塗装して頂戴。
20171009b1.jpg
リヒターは頑張って下地色を塗れるだけ塗ってくれました。

さて何でブログ更新に間が空いたのか・・・それはAFVを製作している方ならすぐ想像が出来ますよね!?

この後は皆さんの健康の為に見ない方がよろしいのではと考えます。

(TAKOM Sd.Kfz.182 King Tiger HENSCHEL TURRET Full Interior Modelling 5)

でっブログ更新がすぐに出来ない理由は・・・

先週水曜日にリンクさせて頂いている「写真館 美しき富士」の山本耕作さんが町田で
写真展を開催されていますので、チョイとお邪魔しました。
20171009b9.jpg
素晴らしい写真の数々に圧倒され、また数年ぶりに山本さんに会えて楽しい一時を過ごしました。

そして快晴の昨日は孫二人の幼稚園の運動会に行きました。
20171009b10.jpg
暑くて結構しんどかったのですが、孫二人の一生懸命で元気な姿を見て感動~~~っ!

まぁこれがブログ更新に影響した何て事はありませんよね。

皆さん御存じの「キャタピラ地獄」これに手間取りました・・・(汗)
20171009b2.jpg 20171009b3.jpg

キンタのキャタピラは二種類、双方に「押し出しピン跡」と「ゲート跡」を合わせて5箇所修正しなければなりません。
各々110枚ありますので1100箇所の修正作業・・・
それに加えパーティングラインや小さなバリの除去・・・(無言)

AFV製作者が苦労するのは転輪のパーティングライン処理だけでは無いのです。
これだから戦車を製作する人が少ないのかな~っと考えてしまいます。

20171009b6.jpg 20171009b4.jpg 20171009b5.jpg
ガイドホーンのあるキャタピラは45°のカッターナイフで削りだし、
平らな方は36枚を角材に並べ一気に耐水ペーパーで削ります。

そしてもう一つの問題点
フルインテリア製作で時間の掛かる数の多い砲弾の処理。
20171009b7.jpg
砲弾ラックと一体成型なので砲弾と砲弾の隙間処理が結構面倒です。
隙間のパーティングライン処理は耐水ペーパーを細切りにし何とか作業出来ました。

ここで問題発生リヒターに下地塗装を頼みましたが、
20171009b8.jpg
砲弾のお尻に
エッチングパーツを貼るの忘れています。
この部分は塗料を剥がし瞬間接着剤の出番ですね~~~っ!・・・(落)

さて今回はここまでで~~~すっ!
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

No title

こんにちは、工場長。
キャタピラの押し出しピン跡の処理は手間(面倒くさい)がかかりますね。
私はプラ板の打ち抜きを張りつけてからパテ処理をしていました。泥を塗りたくればわからなくなると思いますが、こういう面倒なことをするのも習性というか性格ですね。だからといって几帳menではありません。w
さて、作りきれない程の在庫を抱え途方に暮れていましたが、もう諦めました。未完成が増えても作りたいと思えば手を出しています。
先週はドラゴンのパンサーAとGに手をつけました。キット自体がいいのでGは素組みです。Aは格子のツイメリットにしようと思うのですが、下記の理由でプラ板の切り出しを貼り付けることにしました。
①エポキシの薄ツケができない。(タイガーのパターンならパターンを刻むときローラーで薄さを調整できます。)
②グムカのブレードが無かった。
ということで作業にとりかかりましたが、かえってメンドクサイかもです。

フンコロガシさんへ

今晩はフンコロガシさん。

いつもコメント有難う御座います。
今回の押し出しピン跡は殆んどが出っぱっていましたのでカッターとヤスリで
削り落としました。

格子ツイメリットは結構面倒ですよね~私は絶対にやらないと思います。
ネットにローラーで処理後カッターナイフで格子を切るやり方が出ていますね。
エポキシのコーティングなら私がリンクさせて頂いている「Bluebell's 模型直線番長」
さんに素晴らしい製作記事がアップされていますよ。

未完成の山・・・誰も文句は言いませんよ~~~プラモの製作は個人の自由で良いのでは無いでしょうか。
私はブログをやっているので本当は訪問者の方達に完成品をどんどん見せたいのですが、
趣味でやっている事ですし納得のいかない作品を公開する必要は無いのではと考えていますよ。




初めまして(^^♪

こんばんは!

「うすい製作所」の14roeと申しますm(__)m

ご訪問ありがとうございました(^O^)
これまたとんでもない数の処理を必要とするのですねΣ(・□・;)
1100箇所ですか、、、確かにその工程を知ると「戦車製作」には尻込みします(・_・;)

それにしましてもこのフィギュア達を工員に見立ててのまさに「工場」ジオラマ風な
記事は拝見させて頂いても楽しいです(^^♪

14roeさmmへ

今晩は14roeさん。

初めまして、コメント有難う御座います。

我が工場は中々完成品の報告が出来ず、ブログを続けている意味が本当にあるのか
読者の皆さんだけではなく自分でも疑問に思っています。・・・(汗)

「うすい製作所」さんの様に私ももう少しゼロから何かを作り出す技術が無いとこの先も
積プラが増えるばかりです。

ハリウッドスターの似顔彫りはゼロからのスタートで何とか仕上げていたのですが、
歳も歳ですので根気が~~~続きません!

またそちらに私も足を運ばせて頂きますので。

14roeさんも御暇な時に覗きに来て下さいね~。
Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS