タコム キングタイガー  フルインテリア製作記・1

雨の多い今年の夏は湿度が高く塗装作業に影響が出るのは誰もが解っていると思います。
曇り空、陽がささないので色合いの判断が難しく塗装作業は中断です。

オットーカリウス搭乗車ティーガーⅠの仕上げはもう少し先にずらしましょう。

仕方なくハンス工場長はタコムのキングタイガーフルインテリアをコツコツと製作しています。

今回の製作はチョット訳があり素組で仕上げる予定です。
勿論、何の参考にもならないので見る必要は間違いなくありません!
20170822b1.jpg
前回、ティーガーⅠフルインテリア製作に多くの時間を要したのはパーツの多さだけではありません。

普通の戦車キット製作ならスルー出来る部分の処理が大変多い事です。

今回はフルインテリア二台目の製作なので時短モデリングの為に、出来るだけ簡単な方法を御紹介できればと考えています。

まず成形品裏に大きな押し出しピン(突き出しピン)跡が、通常のプラモなら無視して良いのですが・・・(汗)

ティーガーⅠでも結構修正に時間がかかりました。

20170822b2.jpg
押し出しピン跡の深さが0.2mm以下ならカッターナイフや掻き出しノミで修正可能です。

私の御勧めは・・・
20170822b3.jpg
45°刃のカッターですね~あっと言う間に処理が終了します。
20170822b4.jpg 20170822b5.jpg

押し出しピン跡が深い場合はパテや瞬間接着剤で埋め整形ですね。
20170822b6.jpg

まぁハンス工場長のやり方をマジで見る必要はないですね・・・

(TAKOM Sd.Kfz.182 King Tiger HENSCHEL TURRET Full Interior Modelling 1)

20170822b7.jpg
ハンス工場長は素組と言っていましたが・・・
何をやっているのでしょう・・・?

何やら溶接跡が再現されていなかったようです。
ヒートペンでそれらしく処理しました。
20170822b8.jpg

今回は素組ですよね~~~ッ何で溶接跡の処理をするんでしょうか・・・?

ハンス工場長いわくメーカーさんがコスト低減の為、解っているにも関わらず再現していない部分の
フォローはモデラーの良心で加工する、それは素組の本来の姿と認識しているそうです。

20170822b9.jpg
板状のパーツの裏にヒケがそこはパテでいつもの処理。
20170822b10.jpg
整形終了~~~っ!
・・・?

エッでも溶接跡が何にも無~~~い!
20170822b11.jpg
これって素組かぁ~~~
20170822b12.jpg
溶接終了~~~(汗)

さてっエンジンはどうよ?
20170822b13.jpg
こんなもんで良いか?

今回は素組・・・素組  素組~~~!

さて今回はここまでで~~~すっ!
次回をお楽しみに~~~っ!


theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

No title

工場長、おはようございます。
「見えない場所なのに溶接跡をつけちゃう」「見えない場所なのに打ち出しピン跡の処理」をしてしまう。悲しい性ですね~。ホント。
そういえば、タミヤのM51。サスペンションの内側の打ち出しピンの処理でパテ埋めをし、渇くまでと思いながら放置していたのを思い出しました。ドラゴンのM51もある。最近、sdkfz250を2ヶお手つきにしたし、木製の帆船も、タミヤの隼鷹も・・・。見事なまでに完成品なしですね。アハハハ。
 PCは見事に復活しました。HDDの交換は2回目ですが、今回はフリーソフトを使ってクローンHDDというものを作りました。簡単にいえばコピーですネ。これにすると面倒な更新や設定、アンチウイルスソフトの読み込みの必要もなくそのままHDDを交換するだけで使えます。
次回の更新、楽しみにしています。

フンコロガシ さんへ

今晩は~フンコロガシさん。

いつもコメント有難う御座います。

>PCは見事に復活しました
それはおめでとうございます。私には絶対修理は無理~~~っ!・・・(笑)

見えないところに手を出す。
何でそんな馬鹿な事をと自分でも考えてしまう時があります。

以前、ブログに書いたかも知れませんが、昔私の店の常連さんが
AM誌の元編集長(?)D氏の製作したティーガーⅠを店で展示したらと
持ってきました。
プロのライターの製作したモノですから中々良い出来でした。

でも上部から照明の当たるケースの中ではエンジンデッキの隙間から
車体下部内側が見えてしまう。
内部に塗装はされていないのでタミヤの整形色がそのまま見えてしまう。

その時、これはおもちゃだ!せっかく外見が良いのに、その部分を見ただけで
興ざめしてしまいました。

それがトラウマと言う訳では無いのですが、
形あるモノはいつか壊れる(地震とかで)
その時、バラバラになった戦車に色が塗っていない部分や溶接跡も無いところが
見えたら嫌ですよね~間違いなくスクラップですよね。

私の製作している戦車はいつかジオラマに登場させるつもりでいますので、
その時のダメージ表現でボロが出ないようにと考えています。

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS