ティーガーP(VK4501P)003号車

今週からティーガーⅠポルシェ003号車の製作記です。

その前に皆さんにご連絡です。
先日、Ⅰ号4.7cm対戦車自走砲とバイソンを秋葉原のギャラリー1さんに持って行きました。
しばらく展示して頂く予定ですので、お近くに行った際に宜しければご覧になって下さい。

g-1.jpg

たまたまいつも工場視察に訪れる友人に私のHPを見てくれていますか?と訪ねたら「まだPCを買っていないから見てない」と言われました。何人かの戦車好きな仲間の為にHPとブログを開設したのですが誰一人PC持っていないんです。・・・(落)
話を聞いていると「写真で見るより実物を見るのが一番だよ」と言われました。
そんな事もあり、今回ギャラリー1さんに展示して頂く事にしました。

さて、003号車の製作ですが、実車の写真は車番の確認できるものは二枚だけなので手間取っています。

tpb2.jpg

tpb3.jpg
まず初めに光の透過を防ぐためプラ材で仕切をつけます。車体上部装甲板のフロント側に受けがないのでプラ材を接着して落ち込みを防ぎます。
tpb3b.jpg
下地を黒に近い焦げ茶で塗り、プライマーと白で塗り分けます。
tpb4.jpg
エッチングはプライマー処理をしても完成後塗料がパリっと剥がれてキンキラキンになるので、今回から黒染めして組み立てる事にしました。もしもの時の保険ですから真っ黒に染まらなくても良しとしました。
tpb5.jpg
キットでは丸い溶接跡をモールドしているだけの冷却水吸水口をどうするのか?ですね。エンジンが量産型と同じマイバッハ製に変更されているなら小さな円形ハッチをセンターにある点検ハッチの枠に一部が隠れるように再現しなければなりません。私はエンジンは試作車両と同じポルシェ101/1型のままだと判断し大きめのハッチをプラ材で製作してみました。
キットにパーツが入っていないのでメーカーにもその辺の資料はないのでしょうね~。センターの大きな点検ハッチも確認できる資料を私は持っていないので実際についていたのかは判りません、今回はそのままにしています。
いつも思うのですがプラモの製作は想像力の勝負ですね。(実際は資料をどれだけ持っているかの勝負かもしれません・・・そ~なると私に勝ち目はありませんね~・・・汗落)

tpb6.jpg
ドライバー用のクラッペの形状を長方形の板に修正します。実車写真では上に開いていて確かな形状は判断できません。

tpb8.jpg
右側のボッシュライトは説明書より後方にずらし少し高い位置に取り付けました。覘視孔も右側だけにつけます。

tpb7.jpg
一番下のスコップは先端がちりとりのように広がったキットのおまけを加工します。(この辺は好みの問題ですのでそのままでもOKですね・・・汗)

tpb10.jpg
発煙弾発射器取り付け金具の脇に点火コードを0.5mの真鍮パイプと0.1mmの銅線で再現します。

tpb11.jpg
ワイヤーロープやジャッキ・ハンマーの取り付けをすれば組み立てがほぼ終了します。

今回はここまで!次回は組み立て終了・基本塗装終了までをアップする予定です。

それではまた!次回をお楽しみに~!


comment

Secre

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS