ライフィールドモデル ティーガーⅠ フルインテリア製作記・20

ハンス工場長の戦車製作は何時も仕事から帰り一杯やりながらのいい加減な製作!
飲んでなくてもまともな事が出来ないのに・・・(汗)

先日、さて迷彩塗装じゃ~~~と張り切っていましたが、
おバカなハンス工場長は下地のドゥンケルゲルブを吹き掛けた後に
???何だ~~~コレ?
装填手用ハッチの開く角度が気に入らない、もっと開かんかいと指で押すパリ~~~ン!
壊れました・・・(馬)

20170214b1.jpg
アームの付け根が割れてしまいました・・・(汗)
真鍮線を通し可動にしていたのですがヤバイ!

砲塔天板上のハッチ取り付け部分は真鍮線接着のため、
強力な瞬間接着剤を使用したので真鍮線を抜くことが出来ない・・・
カットし修正!
20170214b2.jpg
適当にカットしたプラ板を流し込み接着剤で固定し後は削りだし~~~

修正前はこの角度までしか開かなかったハッチ
20170214b3.jpg

修正後は実車と同じ
20170214b4.jpg 20170214b5.jpg
ハッチはストックの中期型余剰部品を使用。
初めに接着ていたコの字金具はちぎれてしまい再利用は出来ませんでした。
真鍮線で新たに製作。
(いつも思うのですが真鍮線でのコの字金具製作なかなかサイズが合いませんね)

よしこれで迷彩塗装だ~~~
それは甘い考えでした。

何度となく修正している車体天板裏
20170214b8.jpg
それなりにボロ隠しが出来たかな・・・
でも作業中に今度は無線手ハッチがすっ飛んだ~~~(ヤバッ)

ここもプラ板で修正
20170214b9_20170212215550b31.jpg

あっと忘れてたスモークディスチャージャーの配線だぁ~ッ!
20170214b6.jpg
ブルーベルさんから購入した真鍮パイプやっと出番が・・・
真鍮パイプに0.1mmの銅線三本を差し込み接着。
適当な長さにカットし折り曲げ装着~
20170214b7.jpg
(真鍮パイプの配管は出来れば砲塔側面に密着させたいのですが、
 天板取り外し時に破損の恐れがあるため仕方なく少し隙間をあけています)

さあこれでやっと迷彩塗装が出来ますよね・・・

さて色をどうするかな?
20170214b10.jpg
グリュンとブラウンの二色10年程前に調合したモノが出て来た。(もう腐ってるかも・・・)
グリレ17に使用した二色に決定!
(グリレ17の完成写真はこちらをご覧下さい
20170214b11.jpg
早速グリュンを塗って見ました。

ベースのドゥンケルゲルブはグリレより明るめで塗装。
20170214b12.jpg 20170214b13.jpg 20170214b14.jpg
20170214b15.jpg 20170214b16.jpg
さっと塗った後に写真を撮ります。
塗りのこしを確認、ワイヤーロープや各種装備の周囲に色が塗れてません!再度塗装を・・・しなければ・・・(汗)

日中明るい時に塗装をすれば一回で済むような作業、深夜蛍光灯の下での作業は結構大変ですよね。

(Rye Field Model Pz.kpfw.Ⅵ Ausf.E Early Production w/Full Interior Modelling 20)

さて今回はここまでで~~~すっ!
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

No title

こんばんは

細吹き迷彩がお上手ですね!!
私の最も苦手とする塗装なだけにどのようにしているのか是非伺いたいものです。
私は恐らくエア圧と希釈がダメダメなんだと思います(笑)
工場長殿の迷彩がどう進むか楽しみです!

同志99さんへ

今晩は同志99さん。

リヒターどぇ~~~す!
今回迷彩まで工場長がやると言うので任せたのですが
二色目のブラウンを吹いたところでアウト~~~ッ!・・・(笑)

エアの圧力は大吹する時と同じですよ、やはり希釈の問題だと思います。
今回工場長が失敗したのも10年前に調合した塗料グリーンはOKでしたが
ブラウンは溶剤が揮発しチョット濃いめの為、メチャクチャでしたよ。
油断しては駄目ですね~。

蓋をしっかり締めておかないと10年経てばこうなるんだ~・・・
当たり前~~~って感じです。

>細吹き迷彩がお上手ですね!!
酔った勢いでやっているだけでした~・・・(謝)

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS