ライフィールドモデル ティーガーⅠ フルインテリア製作記・18

ティーガーⅠ フルインテリアはやっと外装部分の製作に着手しています。

20170124b1.jpg

20170124b2.jpg

良くできたキットですが製作記・1で気になっていたフロント装甲板接合部分の隙間。
20170124b4.jpg
前後の隙間は0.25mmのプラ板、上下のズレはF3パーツの接合部削りだしと0.14mmプラ板で修正しました。

新興メーカの製品ですからこの辺は・・・
でもタミヤのパンターDも確かフロント部分ズレていましたね~老舗でもそうなんですから仕方ないか。

車体後部はまずファイフェルフィルター取り付け用の出っ張りをカットします。
20170124b7.jpg
左側の工具箱取り付けダボ穴は1mmの丸棒で埋めます。
説明書では取り付け指示がないエンジン始動用クランクを付ける予定なので右下ダボ穴はそのままにしておきます。

20170124b3.jpg
ジェリカンラックはエッチングパーツなのですが車体への接着面積が狭く安定しません。
ハンス工場長は人には見せられない方法で固定しました。(強度は完璧です!精度は0点!)

そしてまだまだ問題が・・・
20170124b5.jpg
スコップとハンマーの柄が長すぎますか~
ハンマーに着いたクランプはな~~~んと操縦手ハッチに干渉し、スコップの柄は斧にかぶさります・・・(汗)

柄の一部をカット、ハンマーは尚且つ柄を細くしてどうにかしました。
20170124b6.jpg

ここまで来たら後は塗装と足回りの製作ですね。
20170124b10.jpg
転輪やキャタピラ装着時にインテリア部分を破損しない様にプラ板で蓋をします。
(この後まだ二台あるので今後の為にも必要かと)

さぁ後は楽勝だ~~~ッ!
なんて考えていたのが間違いでした、インテリアを見せる為車体天板は取り外し式。
って事は裏側も見えるんですよね・・・

ヤバイ…(汗)
20170124b8.jpg
バージョン違いの装備品取り付け用の下穴も含め結構な数・・・プラ棒各種を接着~~~ッ!

削りだし~~~ッ!
20170124b9.jpg

(Rye Field Model Pz.kpfw.Ⅵ Ausf.E Early Production w/Full Interior Modelling 18)

さて今回はここまでで~~~すっ!
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS