ライフィールドモデル ティーガーⅠ フルインテリア製作記・8

ハンス工場長はリヒターが立体塗り絵で楽しんでいる間に砲塔の製作に入りました。

20160504b1.jpg
まず砲塔天板補強用リブの根元に溶接跡を付けます。
実際には砲塔天板円周に内側からも溶接跡が付くのですが
今回天板は取り外し可能にしますので再現するのは無理と判断し手抜きで~~~すっ。

砲塔の製作を進めて行くとヤハリ足りないな~と言う局面に。

20160504b2.jpg
消火器のパーツがありません。
余剰パーツの山から三本見つけました赤丸のドラゴンのモノを使用します。
矢印はエアクリーナーに付く蝶頭のロッド部分をモデルカステンの超ネジで再現。

20160504b3.jpg
消火器設置位置に長方形のモールドがありますのでそこに接着~

仮組を繰り返し様子を見ます。
20160504b4.jpg 20160504b5.jpg 20160504b6.jpg
悪くないですよ~良い感じです。

勿論完璧に再現されている訳ではありませんよね。
1/35スケールですからエンジン周りも車体内部もそして砲塔も完璧を求めたらどれだけ
パーツ数が増えるのか、そしてキットの販売金額もアップし、また初心者には組立られないのでは
ないかと考えてしまいます。

現状のままでもこれだけの部品数があるキットには中々お目に掛かれませんし
充分にプラモデル製作が楽しめると思いますよ。

ハンス工場長は目立つロッド三本をデッチアップ~
20160504b7.jpg
20160504b8.jpg
①油圧駆動装置と砲塔旋回コントロールペダルに繋がるロッド
②手動式砲塔旋回装置と砲塔旋回ギアボックスに繋がるロッド
③照準手用12時方向指示器と12時方向指示器作動装置に繋がるロッド

20160504b9.jpg
赤丸のJ45フューズボックスとJ41砲塔電装品パネル、
キットは配線関係を無視していますのでチョットこのままでは寂しいですね・・・

K部品で三個残るこのパーツ説明書には出てきません。
20160504b10.jpg
K24だけは何処に付けるのか解りました。
20160504b11.jpg 20160504b12.jpg
コレに間違いないでしょうっ!

そろそろリヒターに塗り絵をやってもらわないと・・・

(Rye Field Model Pz.kpfw.Ⅵ Ausf.E Early Production w/Full Interior Modelling 8)

さて今回はここまでで~~~す。
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

No title

こんにちは、工場長。
こうしいて内部を見ると砲塔内はかなり狭いですね。被弾した場合、照準手の脱出路は8.8cmの下をくぐって→非常用ハッチでしょうか。・・・・・・しかし塗り分けが大変そうだ。
これを見ていて、引き出しの奥で熟成していたタミヤのタイガーⅠ後期型3年物を思い出しました。w

フンコロガシさんへ

今晩はフンコロガシさん。

>被弾した場合、照準手の脱出路
砲手はすぐ上にある車長のキューポラからの脱出でしょうね。
主砲の砲尾下をくぐっていたらアウトかも・・・(笑)

>タミヤのタイガーⅠ後期型3年物を思い出しました。
私は完成?させましたよ~ッHPに写真を一枚貼っています。
出来は最悪(笑)
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS