ライフィールドモデル ティーガーⅠ フルインテリア製作記・6

リヒターは車体内部を塗装する為、
グレーとアイボリーの二色を調合しました。
20160419b1.jpg
左端に艶有ホワイトがあります。
コレは内部は完全艶消しの塗装では無いと考え半艶ぐらいに出来ればと使用しました。

出来上がりがコレ
20160419b2.jpg

今まで車体内部を白で塗っていましたが、写真を見ると白では無いですね。
20160419b3.jpg

車体下部にグレーを塗ったリヒター・・・?
20160419b4.jpg
何だか思ったより青みが強いそうです。

コレは駄目だッ!
ホワイトとグリーンを追加し再度調合…(汗)
20160419b5.jpg
右側トランスミッションが新しい色です。

少しは良くなったかな?
でもリヒターは何だか満足してはいないようです。

「工場長何だか変なんだよ」

んっリヒター何がへんなのよ。

「塗装している時は丁度良い色だと思ってたんだけど、乾燥すると色が違って見えるんだ」

そりゃ~~~乾燥すれば色味が変わるんじゃないの。

ハンス工場長はリヒターに言われ実は気になった事があた。
色合いの変化はこれが原因だった。
20160419b6.jpg   20160419b7.jpg
左側は塗装ブース、右側は作業スペース
二枚の写真は同じカメラで撮影し画像は無修正です。

どうでしょうか右側の方が少し青く見えますよね。
原因は照明だったんです。
工場リホームの際に天井照明、作業台上二台のスタンドを白色灯に変更しました。
でも塗装作業をする方は古い昼光色(?)少し黄色ぽくみえる蛍光灯のままだったのです。

リヒターはグレーだけで三回塗りました。・・・お疲れ~す!

まぁ色合いがどうとか言っていますが、実車を見た訳でもないし拘る必要は無いかもですね・・・

実車のカラー写真などを確認していると内部はストロボの当たり方で色合いは変化するし
出版社により印刷の違いもありで、どうしようかと悩みますけど気にし過ぎると作業がすすみませ~~~ん!
20160419b8.jpg
同じようなカットでも随分色が違って見えます。

20160419b9.jpg
アイボリーも塗りツートンに。

車体内部に気を取られ裏側を見たら…(汗)
20160419b11.jpg  20160419b12.jpg
薄っすらとヒケが・・・パテを盛る程でもないので、タイラー君で平らにしましょう。
スイングアームは前後4箇所は爪を切らず固定にします。
リヒターはスイングアーム二本グレーに塗るのを忘れていましたので、スーパーアイアンで塗ってみました。
中間に入るスイングアームは可動に・・・コレは先に接着してから塗装した方が良かったですね~。
接着面積が殆んど無いので多分外れますね…(汗)

さぁリヒター早く内装塗り分けてチョウダイ!
20160419b10.jpg
「こっ工場長・・・早くと言っても・・・」

インテリアの塗装など殆んど未経験みたいなものですからね~リヒターどうするんでしょう。
そんな悩んでいるリヒターに近づいて来る怪しげなオヤジ
20160419b13.jpg
「リヒター君フォースを使え!」

「えっあんた誰・・・」

(Rye Field Model Pz.kpfw.Ⅵ Ausf.E Early Production w/Full Interior Modelling 6)

さて今回はここまでで~~~す。
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS