パンターD(タミヤパンサーD)製作記・17

ハンス工場長はスモークディスチャージャーの点火コードをどう処理したら良いか
考えていた。

20160202b1.jpg
点火コード基部から一段細くなったパイプから3本のコードが出ている。

20160202b2.jpg
リード線の皮を剥いてみた中に非常に細い銅線が6本ぐらい入っている、3本だけ残し使用できないか・・・
リード線は被膜がビニールなので曲げた時、正確な角度が出せない・・・(汗)

では0.4mmの真鍮パイプに銅線を差し込んだらと作業しだしたがここで?
この銅線の細さではチョットした事で切れてしまうのではと心配になり、
0.1mmの銅線を使用する事に決定!
20160202b12.jpg
真鍮パイプは0.5mmをと工場の在庫を探しましたが
な~~~んと何故か0.5mmだけが無い!写真は0.6mmのパイプで~~~す。

ここで作業を中断しハンス工場長は久し振りに模型店に行ってきました。
20160202b3.jpg
真鍮パイプは手前にある肉薄タイプがなく残念!
仕方なくwaveのモノを購入しニードルヤスリで内径を広げました。

まだまだ細かな作業があるのでスモークディスチャージャー製作は中断。

車体下部を仕上げて行きます。
20160202b5.jpg 20160202b6.jpg
溶接跡を追加し下地塗装終了。

さてシュルツェンをどうするかな・・・
20160202b7.jpg 20160202b8.jpg 20160202b9.jpg
 タミヤ          ドラゴン         0.14mmプラ板

実車のシュルツェンの厚さは5mm、
タミヤは薄く削った部分が0.6mm、ドラゴンは0.3mm
35倍にすると厚さが4倍、2倍になってしまう。

プラモと言う事を考えれば0.3mmぐらいで良いのかな?

模型店に行きもう一つ購入したのはモデルカステンのSK-13
20160202b10.jpg

当初、キャタピララックはタミヤのまま使用する予定でしたのでピンを通すため
キャタピラとラックの一部を削ってしまいました。

ラックのコの字金具を現在新規に製作中なのでキャタピラはそのままで問題なく装着
出来る様に頑張っています。
そうなると削ってしまったタミヤの予備キャタピラは当然使用できません。・・・(汗)
パンターD初期型履帯SK-13は予備キャタピラセットが発売されていないので、
仕方なくもうワンセット購入しました・・・(泣)

でもそれで良かったのです。
仮組している最中に、新たな方法で製作した左側が何か所かちぎれました。

20160202b11.jpg
何時もの方法で左側を再度製作しました。

先に製作した方はカットし予備のキャタピラとして使用可能ですかね・・・

さて今回はここまでで~~~す!
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

No title

こんにちは、工場長。
私は、イラストが主のアハトゥンクパンツァーしか資料が無いのでなんとも言えないのですが、3本の点火コードは
パイプではなく、細いリード線を3本束ねた太いリード線のようなものと思いこんでおりました。
ところで、部位の名が判りませんが、車体裏側の見えないところまで溶接跡をつけるんですね。

フンコロガシさんへ

今晩はフンコロガシさん。

私もアハトゥンクパンツァーぐらいのモノしか資料が無いのでケーブル線なのか
金属のパイプなのか写真も無いので判断出来ません・・・(汗)

真鍮パイプでと頑張ったのですが私の持っている工具では上手く穴を広げる事が
出来ずリード線を使用しました。・・・(落)

斜めの側面装甲板と下側の鋼板は溶接跡が盛り上がっていないので
数少ない写真ではどう溶接しているのか判断できませんでした。

おっしゃる通りシュルツェンを装着すれば見えないので、自己満足&気休め程度に
作業しただけで皆さん絶対に真似しちゃ駄目ですよ~っと叫んでおきます。・・・(笑)

工場長程の腕の方が・・・

 ハンスさん、こんばんは。プロより上手い工場長程の組まれたモデルカステンの履帯がちぎれるなんて信じられません一体どの様な事態が発生したのでしょうか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル  

ユウ・ワキさんへ

今晩は~ユウ・ワキさん。

モデルカステンの履帯は何回も製作し一番確実な方法も解っています。
ただ私の場合塗装もそうですがマンネリが嫌なので何時も何か違う方法が
無いのか模索しています。

今回は「モデルカステンの誰にでも出来る簡単製作~~~ッ!」
なんて考えて試したのですが失敗してしまいました。・・・(汗)・・・(笑)

水スプレー法の錆表現もそうですが素人が簡単にまた余計なモノに費用を掛けず再現出来ないか
考えた結果生まれたものです。

初心者には可動式履帯の製作は結構難易度が高い事と根性が無ければなかなか完成
出来ませんよね。

何か簡単に出来る新しい製作方法が無いか・・・
それは誰かが考えよりベターな方法を仲間達に発信するべきだと私は考えています。

失敗は成功の基、これだったろ俺もやって見ようかなと言う方法をいつか紹介出来たらなっと
思っています。

No title

 ハンスさん、こんばんは。カステンの履帯自分も雑誌とかを参照して、両面テープ(額とかの脂で粘着力を落として)を使用してやってみましたがうまくいかず、履帯を並べる板の端に画びょうとかをおいてそれを支点に輪ゴムで固定しながら製作しています。両面テープでの固定では履帯の遊び調整ができなかったのでこうしてみました。オイラは履帯組み立とかの単純作業は全く苦にならないというかむしろ楽しいので大好きです。
 ハンスさんのように発想力の有る方が超うらやましいです。

No title

こんばんは
工場長殿の絶え間ない努力が感じられる制作記で流石です!
私はどうも根性がなくいつもどこか手を抜いてしまいます・・・
カステンの履帯も今まで一度もチャレンジした事がない次第でして・・・
パンター君は私の方も停止してしまっていますので、作らなければ!!

工場に来て~

ユウ・ワキさん

履帯の製作を楽しんでいる!そして大好き!
うちの工場に来て下さい。・・・(願)
履帯製作班主任でど~~~でしょうか・・・(笑)

実際ベルト式履帯は全く使い物にならないので、オプションの履帯組立で多くの時間を割いています。
私や多くのモデラーが少ない作業時間で何とか早く完成品をと考えていると思いますよ。

以前、塗装完成済の可動履帯を販売していた事がありましたがユウ・ワキさん
やってみますか~~~っ!



同志99さんへ

今晩は同志99さん。

コメント有難う御座います。
カステンの履帯をまだ組んだ事がないんですか~以外です。

先日、拝見したT-35ですが右後部上の履帯が浮き上がっていますね
可動履帯なら問題なくフィットしますよ、一度試してみて下さい。

カステンは履帯接続のピンが短く先が細いので流し込み接着剤での製作は
結構厳しいですよ~。

No title

 工場長、お忙しい所こまめな返信ありがとうございますm(__)m 実は出戻りの際、某師匠のお店が金属製完成履帯を売っていたので需要があるのかと考えていたのですが、オクではとほほな感じですでよね( ;∀;) 
 でも、工場長例えばフリウルの履帯ピン入れた跡にポンチで打ち抜いた履帯
ピン頭の再現まで求めるんですよね(^▽^;)

No title

 あ!工場長言葉足らずでした。履帯製作班主任の肩書きそそりますね~( ´艸`) 工場長はティーガー系がお好きなようですが、以前書き込みしたようにケーニッヒスティーゲル用カステンの左側だけ2個、kaizenのティーガーⅠ初期型履帯、4式中戦車用メタル履帯及びAFVクラブの1/48ティーガーⅠ初期型履帯の組み立て済みを在庫しています。
 出戻り以来、完成しているのは履帯のみです(^▽^;) でも、あのちまちました作業が大好きなのです。
 工場長、カステンパンターDの履帯何故切れたのでしょうか?ケーニッヒスティーガーを組んだ経験からするとピンの接着不足でしょうか?オイラはたまたまチャック付きのビニールに保管していたのでピンを回収できましたが、あれって接着後になくしたら悲惨ですよね。

ユウ・ワキさんへ

今晩はユウ・ワキさん。

>実は出戻りの際、某師匠のお店が金属製完成履帯を売っていたので・・・
仲田さんのところですかね。

それなら私も旧店舗の時にお邪魔した事があります。
初めて行った時すぐに私のHPをご覧になって下さいました。
その時、師匠の一言「私は現物主義なので今度実物を持って来て」でした。

>履帯 ピン頭の再現まで求めるんですよね

そうですね~履帯のピンヘッドは車体内側に来るので殆んど見えませんが、
自分に出来る作業を中途半端な状態で完成とするのがどうも苦手(嫌)なんですよ
もっと割り切って考えれば完成品が増えると思うんですが・・・
今回製作しているパンターDも元々は素組と自分に言い聞かせ作業を始めたのですが・・・

>カステンパンターDの履帯何故切れたのでしょうか

今回の左側履帯はピンを刺した後に流し込み接着剤を付け根に塗る方法でした、
しかしながらジクロロメタンは強力溶着剤なのでチョット多めに付けると毛管現象で
ピン先まで行きピンを溶かしてしまいます。
カステンのピンは出っ張りが1mm以下なのですぐ溶けて外れてしまいました。
10箇所ぐらいは駄目でしたね。

ピンの接着面積が少ないので、抜けてしまわないようにと考えたのですが残念です!


ユウ・ワキさんへ

ユウ・ワキさん

申し訳ない言い忘れていました。
ケーニッヒスティーゲルの履帯は左右同じ製作で
問題ありませんよ。(^o^)v
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS