パンターD(タミヤパンサーD)製作記・16

パンターD製作は工場長の苦手な細かな作業が続き中々進まない・・・(汗)

スモークディスチャージャー部分は
20160113b1.jpg
細かい・・・(無言)

参考にならないかとライフィールドのティーガーⅠを引っ張り出し確認!
20160113b2.jpg
ヤハリ何のモールドも無い、それどころかいきなり説明書の誤植を発見!
ドラゴンの新製品も確認同じだ・・・(落)

仕方ないデッチアップ準備~~~ッ!
20160113b3.jpg
プラ板を貼り付け整形準備

点火コード基部の配管はパイプの曲げ加工ではなく、45度にカットしたプラ棒で、
20160113b4.jpg

適当な長さで切断しナットを装着~~~
20160113b5.jpg 20160113b6.jpg
ちょっとナットが厚いかな?デッチアップですのでそれなりに・・・

そして以前より続けているキャタピララックのコの字金具
強度と形状に問題がある。
脱落防止のL金具、これもチェーンが繋がる穴を開口するとなると真鍮線等では無理がある・・・(悩)

ここは宮崎師匠のように線香を使いコの字金具を製作しようかと考えましたが、
そんな技術がハンス工場長にあるわけ無い!

そこでハンス工場長はヒートペンを使ってプラ材を曲げるトレーニングをしてみました。
20160113b9.jpg
んッこのL字キャタピララックに使用できないかな?

そんな事をして遊んでいる時

「工場長~~~もういい加減に車体の上下接着してよ!」

リヒターにせがまれ仕方なく合体~~~
20160113b7.jpg

溶接跡を再現
20160113b8.jpg 20160113b10.jpg

元々は素組でサクッと仕上げるつもりだったのに・・・ 

さて今回はここまでで~~~す!
次回をお楽しみに~~~ッ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

comment

Secre

点火コード

工場長、こんにちは。
私は、点火コードの配管部分をシンチュウ管を曲げた物にしようと思っていました。
シンチュウ管は、焼き入れすれば柔らかくなり、おまけに粘りもでます。0.5mmの細い菅なら簡単にL字に曲げることが出来、折れません。潰れも目立たちません。が、直角に近い角はだせません。真鍮管を切ってハンダ付けしようと思いましたが、私にはハンダを使いまわす技量がありませんでした。

うーむ プラ棒にすれば簡単でした。〔私は真鍮管を曲げて使いました。先端にはナットをつけてあります〕

フンコロガシさんへ

こんにちはフンコロガシさん。

コメント有難う御座います。

真鍮パイプを焼き入れですねっ!そうか~やはり手間を掛けないと何事も
上手くいかないんですね。

私は真鍮パイプを曲げる時は曲げる部分まで中に真鍮線を入れて作業していましたが
失敗が多いんですよ・・・(汗)

ここの部分は最初曲げ加工だと思っていましたが実車の写真を見るとこんな感じでしたので
真鍮線やパイプでこれを再現するのは私も無理なのでプラ棒で簡単に済ませました。

スモークディスチャージャーの裏は1/35ではちょっと無理かな~~~まぁ腕が腕ですからね(笑)


No title

こんばんは
やはり好きな所というのはモデラーとして凝ってしまう様ですね!
工場長殿は工作が上手で羨ましい限り。私などは出来ない&集中力が持たないのでいつも素組みです
それにしてもここまで徹底的にデティールアップすればどの様な作品になるかたのしみです

同志99さんへ

今晩は同志99さん。

只今、溶接跡をコツコツと再現していましたが、
転輪上部はどうなっているのか?
私の持っている資料では解りません・・・(汗)

シュルツェンを装着すれば殆んど見えません、
やはりプラモは塗装で見せるテクニックを磨き、時間をかけた方が間違いないと
思いますよ。


Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS