錆止め塗料

ハンス工場長は高校時代ペンキ屋でアルバイトをした事があります。

親友の親父さんがペンキ職人の親方をしていた関係で夏休みになると「バイトしない?」
と声が掛かる。

仕事先は横浜の日石、タンク天板の錆落としと再塗装でした。
タンクの錆や剥がれかけたペンキをサンダー等を使用し落とした後、錆止め塗装をし仕上げに白いペンキを塗る。
真夏タンクの天板は高温になり過酷な作業でした。
塗装するためのペンキは肩に担ぎ非常階段みたいなところを登り運び込む。

その時の記憶ですが一斗缶(18L缶)に入った錆止め塗料は一般のペンキより重く25kgぐらいあったと思います。
何故錆止め塗料は重いのか不思議に感じ職人さんに聞いてみた。
職人さんはすぐ缶を開け私に中を見せてくれました。
何と缶のなか約1/3ぐらいは鉛の粉だったのです!・・・重い訳だ~~~っ!

ここで一つ疑問が、前回錆止め色をエアブラシで吹き付けた・・・その後筆でも塗ってみた、
でもエアブラシ用に希釈したモノでは筆で塗っても薄い被膜を形成するのみ。
これで錆止め塗装になるのか・・・?

現実を考えると大戦当時、錆止め色をエアブラシで塗る訳がないのではと私は考えてしまいます。

20130616b5.jpg
アダム・ワイルダーさんのグリレ17が表紙のAM誌、普段はホビー誌をまず買わないハンスが表紙を一目見て気に入り購入したモノです。

作例では左側面を錆止め塗装し作業半ばで敵軍の侵略にあい放棄されたストーリーを盛り込んだのでしょうか・・・?それと鋼鉄表現だけでは地味なのでちょいと派手にしたかったのでしょうか・・・?
でも良くご覧ください錆止め塗料をエアブラシで吹いています。

これがもし刷毛で塗った様に平筆で処理され表現されていたら、この本10冊は購入したかも。
アダム・ワイルダーさんは私とは違い錆止め塗料を当時エアブラシで吹いていたと考えているのでしょうか。
まぁど~~~でも良い事ですね。

20130616b1.jpg
リヒターは4色で筆塗り用の錆止め色を調合しました。

20130616b2.jpg
ちょっと試し塗り。

20130616b3.jpg
一番黄色味の強い錆色を水スプレー。

20130616b4.jpg
真ん中、右は先に錆止め色を塗ったモノ、左は水スプレー後に錆止め色を塗ったモノ。
ヤッパ左で行きましょう!

さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!

comment

Secre

ハケ塗りの方がロマンあります

サビ止め塗料の考察、すごく参考になりました。
そうですか、鉛が混入されてるものだったのですね。
エアブラシで吹くには、ちょっと無理がありそうですが、一方で、生産性を上げる必要もあったでしょうね。

宮崎さんへ

今晩は~~~宮崎さん。

やはりハケ塗りですよね~~~っ!
宮崎師匠のようなペンキ職人さんが頑張って仕上げ塗装までハケ塗りして
いたんですよキット!
だってカッセルの工場には塗装ラインは無いですからね~組み立ての合間に
コツコツ塗っていたのだと思います。

迷彩塗装は部隊に配属されエアブラシで施されているティーガーⅡの写真が
あるのでティーガーⅠも同じかな?


仕上げ塗装もハケ塗り!?

そうですか!?
仕上げ塗装のダークイエローまではハケ塗りの可能性がありましたか!

エアブラシを使ってみて実感したことなのですが、
筆で塗るのとは、まったく質感が異なりますね。
色むらとか、ハケ目とか多くの方が気にされる技術論よりも、塗り上がった塗料の表面の質感そのものがまったく別種だと感じました。

エアブラシを使うと、とにかくざらざら。
完全なツヤ消しになるのは、好都合な面もあるかもしれませんが、1/35の塗料の質感としてはもっとツルッとしているほうがリアルだと思いました。

宮崎さんへ

今晩は宮崎さん。

>エアブラシを使うと、とにかくざらざら

ですよね~~~っ!元々艶消し塗料は表面の仕上がりをざらざらに
しないと艶消し効果が出ない、顔料の粒子も艶有塗料より荒く乾燥した後に
溶剤から顔料の粒子が飛び出し凸凹になるように作られています。

エアブラシで吹き付ける時は更に薄め液で希釈するのですから顔料の
粒子をドット飛ばししている様な感じですかね。

>1/35の塗料の質感としてはもっとツルッとしているほうが

艶消し塗装後に私が歯ブラシやワイヤーブラシで磨き出すのはツルッとした
感じを部分的に出したいのでやっています。
その他にコンパウンドでの磨きもやったりしますよ。

艶消し塗装(ざらざら)も磨けば光るんです。

それからエアブラシで塗装の時、手を止め厚く塗装すると当然その部分はしっとりと
した艶が出ます。
まぁそれを吹きムラとか言ってバカにする人もいますが一つの技法としていつか確立される
と良いなと考えています。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS