今までしなかった事

リヒターは今まで下地の塗装処理は鉄板が錆びた表現で終了していました。

錆塗装の上に直に迷彩色を塗っていたのです。
でも実車は鉄板の上に錆止め塗装をしていますよね・・・

それは以前からリヒターも解っていたので、前回内部塗装の際に錆止め色を塗ってみました。
でも結果は下地に施した錆表現と同化して判別不能な状態になりました。・・・(落)

今回はそのリベンジだと言うのですが、ど~~~なる事やらです。

20130613b1.jpg
今回は錆止め色をオキサイドレッドでは無く錆色との区別が容易に出来るのではと赤に近い色で塗って見ました。
エアブラシで吹き付けると被膜が薄くまた錆色と同化してしまうので手前は筆で塗って見ました。

201313b206.jpg
やはりエアブラシの吹き付けでは無理ですね~~~ッ!・・・(汗)

20130613b3.jpg
どんな違いが出るのか確認の為、以前調合したダークイエローを手前は水スプレー後に、後ろは直に吹き付けてテスト。

20130613b4.jpg
かんたんマイペットチッピングとウォーターブラストそしてワイヤーブラシでの磨き出し後、
MIGのナチュラルウオッシュでシャドーを入れ油彩のカドミウムオレンジで浮錆の表現をします。

20130613b5.jpg
エアブラシで錆止めを塗ったモノのはやはりハッキリとその色合いを確認出来ませんね・・・(汗)

まあ実際に塗装の剥がれ方も色々だと思います。
上手い具合に下地塗装を残し迷彩色だけ剥がれるのは現実にはど~~~だったのでしょうねぇ~~~?

さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!

comment

Secre

複雑な色味

複雑な色合いがいい味出してますねー!
何かをやれば、結果は何かが少し変化することは間違いなさそう。
独特な表現には、それなりに手数がかかって成り立っているものなのですね。

それにしてもリヒターくんの追求は、おもしろい!

宮崎さんへ 

今晩は宮崎師匠。

コメント有難う御座います。

筆で錆止め色を塗ったモノもテストする予定だったのですが、
エアブラシ用に希釈していたので、ちゃんと筆塗り用に調合した塗料で
テストし結果を報告したいと思い今回はアップしませんでした。

参考になります

ハンスさん

まいど、Reizoです。
色を重ねたり、剥がしたり
段々と複雑な色になっていくのが
参考になります。

私の塗装は、まだまだなので
三突祭りの、組み立てをしつつ
合間に、塗装の練習をするつもりです。

24hだと、時間が全然足らない・・・

Reizoさんへ

Reizoさんコメント有難う御座います。

今回は錆止め塗装をどうすれば良いのか悩んでいて何時もの作業を省略しています。

>24hだと、時間が全然足らない・・・
私も同感です!模型製作の時間は一日に均すとほんの数分でしょうか・・・(汗)

ゆっくりと模型製作を楽しみたいですね~~~っ!
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS