鋼鉄表現その後・・・

今晩は~~~リヒターどぇす~~~ッ!

以前、ガイアカラーの黒とオキサイドレッド二色で鋼鉄を表現したのを覚えていますか・・・
詳しくはこちら「リヒターの挑戦!鋼鉄!??」

現在は飽色の時代、買うだけ買って使用していない塗料が工場にどれだけあるのか…(汗)
今回は工場にある在庫処理の為、おいら頑張って塗料を使っちゃいま~~~す!
20130603b1.jpg
いつもの様に黒に近いこげ茶で下塗り~~~その上にクロームシルバー!
ゴジハム君より輝いてる~~~ッ!

20130603b2.jpg
ティーガーⅠの車体下部はガイアのダークステンレスシルバーを使用して実験。
今回は何だか良く分からない昔買ったエアブラシ用に希釈され販売しているラッカーを使用してみました。

これは結構便利ですよ~~~。
通常必要になる溶剤や空ボトルを別途購入する事もなし・・・塗料の希釈に神経を使う事もな~~~し!

20130603b3.jpg

そしてダブって購入してしまったタミヤのエナメル、クリヤーレッドとブルーを調合し吹き付けてみました。
20130603b4.jpg

その後クリヤーブルーだけを薄目に溶きオーバースプレイ!
20130603b5 (900x676)

そしてガイアの調合した下地色に赤みを加えた色を水スプレー法で塗装、その後いつものアクリルオレンジを水スプレーし歯ブラシで磨きだす。
20130603b6 (900x676) 20130603b7 (900x673) 20130603b8.jpg

この後、さらに余っている塗料で作業を進めますがそれはまた次回ご報告致しま~~~す!



comment

Secre

プラ?

ハンスさん

どうも、Reizoです。
工程の写真があり、大変わかりやすいです。

最後の写真は、プラに見えませんね。
やっぱり、工作も大事ですが、塗装が最重要だと再認識しました。

完成が非常に楽しみです。

Reizoさんへ

今晩はReizoさん。

塗装は模型製作で一番大切な部分だと私は考えています。

今回の下地処理も完成してしまえば殆んど見えなくなります。

でも迷彩色の上からハゲチョロ塗装をするのはごまかしでしかありません。
リアルじゃないんです!

実際には塗装の剥がれる部分を設定し、そこだけ下地処理をすれば良いのでしょう。

でも何台も同時製作し、また製作時間の少ない私には間が空くと何処をどうしたか判らなく
なってしまうので全体に下地処理を施しています。・・・(汗)



Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS