Ⅳ号潜水戦車製作記・11

前回、リヒターに白化させられてしまったⅣ号潜水戦車。
どれだけ白くなったのか以前製作したディッカーマックスと比較してみます。
b0126c1.jpg
「リヒター君これは~ちょっと白くなり過ぎじゃないか」

「あっラミウス将軍、確かに白くなり過ぎだとおいらも思っているのでちょいと修正しています。」・・(汗)

b0126c2.jpg
「これでもサンド系の色を水スプレーしたんですが・・・」・・・(大汗)

リヒターは焦っていました猿真似で始めた白化ですが思うようには行かないようです。

b0126c3.jpg
ラミウス将軍、リヒターの弁護をする気はないのですが、後部フェンダーの汚れなんか良い感じではないかと・・・

それにこの明るいジャーマングレーなら照明のないケースの中でもそれなりに見えてしまうんです。
普通に塗った車両は色が暗過ぎて目立ちません!

「ハンス工場長がそこまで言うのなら・・・よしっリヒター思う存分やってみなさい」

「将軍、工場長有り難うございます。おいら頑張って猿真似・・・いやっ新しい事に挑戦しま~~~す!」

b0126c4.jpg
装備品に少しずつ色を置いて行きます。

b0126c5.jpg
最終的には潜水戦車なので泥水流れの跡になるのでしょうか?

b0126c6.jpg
戦車製作に掛けるリヒターの情熱をヒシヒシと感じてはいるハンス工場長ですが、
頭によぎるのは情熱と生産は反比例をしと言う井上陽水の歌の歌詞。

リヒターの情熱に押され生産性が全く上がらない現状を放置して良いのか・・・(悩)

それでは今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!


comment

Secre

No title

ハンスさん、こんばんは^^
川(?)から出たばっかり・出てから暫く走行したトコ等、シチュエーションで丸っきり表情が変わって来ますよね~?
私なら、こうするな・・・等など考えながら、ハンス&リヒターさんコンビがどの様に表現して行くのか、コバンザメモデラーとしては興味津々です。

3号戦車も・・・

大変で~す♪

ついに3号戦車潜水戦車がリリースされました~ぁ!!!

アシカ作戦も実行でようか~ぁ(^-^)v

コウさんへ

こんにちはコウさん。

泥水となった河の中から出て貨車に積まれ本国に戻ろうとしていますので・・・
適当にやってみようかと・・・(笑)

ハッキリとした直線的な泥水の流れは好きじゃないのでグニョグニョにしますよ~。

kunihikoさんへ

Ⅲ号潜水戦車!・・・かっ買うかも~・・・(笑)

でもⅢ号戦車あまり好きとは言えないのでど~だか?
それにこれ以上キットを積む場所が・・・(汗)
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS