TAMIYA ヤークトタイガー製作記

Ⅰ号4.7cm対戦車自走砲の組み立てが終了し本来なら塗装作業に入るのですが、
何故かタミヤのヤークトタイガーが気になりそちらの組み立てを優先しました。

以前(大昔)ハンティングタイガーとしてタミヤが発売していたのはいつのことやら?私がまだ中学か高校生の頃だと思います。
ボックスアートはジャーマングレー単色の塗装でしたので私も真似て塗装したのを覚えています。
その後、車体の長さが短いとか言われ不評でした。
でも車体表面の処理等、かなり金型技術が向上した時期の製品でインパクトの強い製品だったと感じています。

さて新製品はどうでしょう?
さすがタミヤの製品サクサク組めてしまいます。あまりにも簡単に足周りが出来てしまったので、車体上部に少し手を入れるゆとりが出来ました。

ytb412.jpg
1mm幅のコの字金具を0.25mmのワイヤーで作製し、砲塔上部周り・車体後部に合計30個とりつけます。(偽装用のフック)
ワイヤーロープとクリーニングロッド装着金具基部を車体に接着。
モデル本体に開いているOVM取り付け穴は1.3mmのプラ棒で塞ぎます。

ytb411.jpg
キットに付属のエッチング製防護用金網は四隅に穴が開いているだけなので、ボルトヘッドを貼り付けます。

ytb413.jpg
ボッシュライトコードを真鍮線で取り付け、ボッシュライト本体はドラゴンのティーガーⅠの物に変更しました。

ytb414.jpg
クリーニングロッドは真鍮パイプと0.6mmプラ棒で作製、予備履帯用フックに連結ピンを通す穴を開ける。

ytb415.jpg
さあ完成も間近でしょうか?

そろそろ塗装をどうするのか決定しなければなりませんね、何号車にするか悩みます。
それでは今回はここまで、次回をお楽しみに~。



comment

Secre

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS