ティーガーⅠ製作記・4

ハンス工場長はイラついていた。
他工場の手伝いに借り出され、ティーガーⅠ製作の時間が取れない。・・・(落)

車体下部の井桁状に組まれた鉄板を何とかしなければ次の作業に移れない事が解っているので、
製作の為にと資料を漁る。

b0303b1.jpg
ティーガー重戦車パーフェクトバイブルに部分的ですが図解が載っていました。
トーションバーを通すため形状の違う穴が空いている。

でもこの図面何か変・・・?
左フロントなのにスイングアームが後ろ側に振っている。

不審に思い他の資料も確認してみた。
b0303b2.jpg
左はシュピールベルガー著、右はグランドパワー刊、明らかに双方の違いが判る。

プラモのキットは全てグランドパワーと同じ左が前振りである。

シュピールベルガー著は他にも何冊か所持していて、
ハンス工場長にしてみれば戦車製作の聖書の様な存在でした。

そっそれが~~~っ!ハンス工場長の中でまた一つ神話が崩れて行くのでした。・・・(ジャンジャンッ)

バーリンデンもアカデミーもそして・・・
でも考えて見ればどこも完璧なモノを出していないなら私が適当に製作しても文句は出ないだろ~っ!
(自己中な性格が丸見え)
てな事で躊躇していたエンジンルーム隔壁をスクラッチしちゃいます。
b0303b3.jpg
バーリンデンの喚起ダクトを生かすため、中央開口部の高さを高くします。
アカデミーは喚起ダクトその物をスクラッチしなければなりません。・・・(無理無理)

b0303b6.jpg
喚起ダクト左右に点検(?)の為のパネルが・・・?アカデミーはエンジン側にモールドが有るだけで
裏には無いバーリンデンは空洞でパネルが無い。
これは両方手直しだな・・・(汗)

b0303b4.jpg
エンジンルーム側面部隔壁、バーリンデンの方は左右に大きな差がある。
ここも手直し?スクラッチ~~~?・・・(壊)

b0303b5.jpg
試作の隔壁をセットしてみる、左側面上部に大きな隙間が・・・(汗)
これはキットの歪み、仕方なくストックから車体下部パーツを引っ張り出し良さそうなモノをチョイス。
また押し出しピン跡の処理だ~ッ!・・・(完全崩壊)

井桁状の鉄板、縦にセットする鉄板は26mm間隔で良いと思います。
後は短いのをフロント側に2枚追加、
そして横にセットする鉄板が4枚(?)資料が無く正確な枚数は不明。

さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!



comment

Secre

No title

こんにちは~!
すごい研究と、スクラッチの連続・・・・。
2歩進んで1.5歩後退の様にも見えます(ゴメンナサイ!)
私にはマネ出来ないなぁ・・・自己崩壊してしまいます!

No title

こんにちはコウさん。

おっしゃるとおり間違いなく進んでいませんね~!・・・(笑)

アカデミーもバーリンデンも一長一短ですので互いの良い処を見て手直しですね。
内部隔壁はどちらもドラゴンにフィットしません、バーリンデンはドラゴン用なのに何故って感じです。

井桁の鉄板は0.3mm厚のプラ材では今後の穴開けで強度的に無理かも知れません。
最終的には金属に変わるかもです。・・・(汗)

究極・・・

こんばんは~。
ドラゴンのタイガー1、弱点はシャーシの歪みですね。
車体下部の歪み矯正はほぼ不可能、振り出しに戻っての製作
自分なら、まあいいかになっちゃいます(笑)
もしかして真鍮板切り出しですか?
モチベーションキープで頑張って下さい。

エッチングで売ってない?

今晩は~kunihikoさん。

歪みは箱組接着で有る程度修正出来るので普通は大きな問題にはならないのですが、
今回車体上部天板は接着しませんので出来るだけまともなモノをチョイスしました。

車体底の井桁鉄板エッチングパーツで販売してないかな~無いよね~・・・(笑)

真鍮版の加工は手持ちの道具では無理かな~?

真鍮板・・・

おはようございます。
グラムモデルの徳田師匠・・・
プラ板だけに留まらず、真鍮板のハサミで切り出して加工してました
なんでも、ナイフで切ると薄い金属板に反りが来るけどハサミならそれが無い。
そんな技使えるのは名人だけですよね~o(^0^)o

ハサミ

今晩はkunihikoさん。

私も薄い金属板はハサミで切りますよ、もう三十年も同じハサミを使っているのですが刃こぼれ一つしない。
カッター等では片側から力が掛かるので間違いなく反りが出ますね。
最近ハイパーカットソーの軽金属用を購入したので試してみるつもりです。
でもハサミの方が間違いなく効率は良いはずですね~。

ハサミにしろカットソーにしろ私は名人ではないので間違いなく曲がりますね・・・(笑)

凄いなあ

妥協しませんねー。

やっぱりね、厳密性というのが模型の本道だというのを痛感しますよ、ハンスさんの日記見てると。

私なんか、直ぐ諦めちゃうもんな、「あー、ここ、まあ良いや、これで」みたいな。
とりあえず形になるだけで楽しめる事は楽しめるんですけど、成長がないなあと自分を笑ってます。

適当ですよ

今晩はしげしげさん。

>、「あー、ここ、まあ良いや、これで」みたいな。
私も同じですよプラモデルですから形になれば間違いなく楽しめますしね。

今は精度より雰囲気と位置合わせの段階ですので多少の誤差は気にせず
最終的に上手く組上がるのか素材をどうするか等を検討中です。

仕事が忙しくてなかなか製作の時間が取れず短気な私は崩壊寸前・・・(笑)



スクラッチ

ハンスさん  こんにちは。どうもです。

超絶ティーガー!進んでられますね!
ほぼ、見えなくなる箇所の詳細まで。。。素晴らしいですね。
モデラー魂を感じます。これからもスクラッチが続きますね!
どうぞ、いつも通りに!
お忙しい中、拙ブログにお越しいただきどうもありがとうございました。
光栄です!

No title

こんにちは工作隊員さん。

コメント有り難うございます。
スクラッチするのが嫌でバーリンデンのインテリアキットを購入したのですがね~・・・

スクラッチの連続で工作隊員さんのご苦労が良く解りましたよ。

スクラッチには普段使わない道具も必要ですね。
カッターナイフとヤスリだけでは手間が掛かって大変ですね~作業環境をもう少し整えたい気持ちです。

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS