ラング完成記・・・後編パート2・・・?!

後編パート2・・・って何だよリヒター?!

「エヘッヘ~ッ工場長おいらが中途半端で完成~なんて簡単に言う訳ないじゃん!
まだまだ仕上げ塗装は続いているんだよ~ん」

リヒター~~~ッもう読者の皆さんは飽きてるからいい加減にしなさい!

「やだよ~ん」

本当に言う事を聞かなくて困っています。・・・(汗)

ロコ組にした足回りを取り外しコツコツと塗装を続けるリヒター、その姿が何だか若かった頃の自分の姿にダブリ
後は何も言えなくなってしまったハンス工場長でありました。・・・
リヒターが頑固なのは工場長譲りなのかもですね~。

a1222b2.jpg

a1222b1.jpg
写真では変化を殆ど感じる事が出来ません。
グラデーション塗装を薄めに施し、転輪やキャタピラに邪魔され色を置けなかった部分を仕上げます。

何回も施した下地塗装がそこかしこに顔を覗かせる、けして全ての下地を消す様な塗り方はしません。

a1222b3.jpg
マフラーに少しずつ色を乗せていきます。後は黒煙でしょうか・・・

a1222b4.jpg
厚めの泥汚しはフロント中心に施し、塩梅を見て不要箇所を落としていきます。

a1222b5.jpg
リヒターの仕上げ塗装法は滲みとムラの集合体とでも言うのでしょうか、
解りずらいので軌道輪の裏側で大きな滲みムラを施してみました。
この様な滲みムラの小さなモノを濃淡と色合いを変え任意の場所に何度となく施していきます。

読者の皆さん、このラングはいつになったら完成するのか現在のところ不明です。・・・(汗・謝)

さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!

comment

Secre

ああ、模型雑誌は終わったな・・・・

今、色んなジャンルで、

「本当のコアで先進的な情報提供については、一般のプロメディアから、ネットの一般アマチュア的発信に取って代わられている。」

現象が進行しています、政治や経済でも、文化芸術でもね。
模型技法情報なんかその典型です、こんな写真見せられるとね、痛感しますよ。

こりゃあ、「アーマーモデリング」廃刊ですよ(笑)

もうね、工具情報とか、新製品情報とか、初心者用の基本技法の拡散ぐらいしか残された道ないような気がするなあ。

アップ写真で、どれだけのプロセスを経ているかというのはある程度読み取れるかもしれませんけどね、想像しただけで気が遠くなる。

一流のスープ専門店とかシチュー専門店あるでしょう?
ある程度何の素材かは解かるけど、それ以上の複雑な調理のプロセスは複雑過ぎて絶対に解からない、お手上げ。

そんな感じですよ。

後部パネルの突端のオイル注入口?複雑な紋様から急に覗く鉄の光が実にニクイ。

No title

こんばんわ。
単車でもこの存在感は流石です!!このラングがどの様な大地を走って来たのか想像力が書き立てられます!!
少々お伺いしたいのですが、足回りと車体のウェザリングははっきりと分ける方がいいのでしょうか?
よく綺麗に分かれていたりする作品を見かけますがすこし違和感を感じる事があります。
また、車体下部もウェザリングを施したりしているのでしょうか?初心者の疑問ですが宜しくお願いします。

お見事~ぅ♪♪

こんばんは~。
ため息まじりに観賞させて戴きます・・・素材はプラスチック?
有りえない!!!圧倒的な存在感♪♪
引き続き凄い驚愕の塗装お願い致します(^0^=)v

作り手の・・・

今晩はしげしげさん。
今、そちらに伺っていたところですよ~。

今回の仕上げはしげしげさんや宮崎さんの作例とは違ったモノにと考えています。
表面を滑らかにしてウエザリングを施し滲みやムラを最小限に止める。
また明度の高い迷彩色を使用し退色表現を上手くコントロールしウエザリングでの明度彩度の変化に気を配る。

完成イメージを意識し最善の方法を取るお二人の作品と比べると何だか暗いイメージ!

いつもの様に私も明るめの迷彩色でと考えてはいたのですが、大戦末期の敗戦濃厚な暗いイメージと言うのはど~かな~と思いましてね。
ラングの当初の迷彩色を見ればわかりますがもっと暗いんです!

泥汚れにしても、ある程度の距離を走れば土壌の色合いも変わります。
勿論、土の場合は水分の含有量でも色合いが変わるので一色だけの泥汚しはあり得ませんよね。

塗装剥がれの状態も錆の色も全て同じではありません。
プラモデルですから本来ならもっと見る人に解りやすい塗装法で良いのかもしれませんね。







同志さんへ

今晩は同志さん。

私は車体下部と上部をハッキリ分けると言う事はしていません。
車体下部の泥汚れも当然上部に量は少ないのですが施します。

他の車両からの泥はねや爆風に乗って飛んで来る泥、兵士の軍靴に付いた泥が車体上部に付着するのは誰が考えても判る事だと思います。

車体下部は勿論ウエザリングしていますよ~!

飽きてない・・・

今晩はkunihikoさん。
もうラング製作記飽きてないですか~・・・(笑)

こちらはそろそろ完成にさせたいのですが仕事が忙しくてね~なかなか進まな~い!

凄すぎです!!

ハンスさん!リヒター君!ラングの仕上げ見せていただいております!!何処まで行くの!!凄すぎです!!
ココまで来ると、もうプラモデルには見えませんね(*^。^*)
何処まで追求されるのかは分からないのですが、
最高の出来上がり期待していますので、是非頑張って下さいね!
それから私もフィンランド軍の三突完成させる事が出来ました。
ハンスさんの塗装のご指南、本当に勉強になりました。
本当に有難うございました。
では、これからもよろしくお願いいたします。

おはようございます

全体への泥・ホコリ表現とても勉強になりました。
気になったのは、所々に除いている「白色系」の色遣いです。
私は「白」が使えないんですよ~。自己主張の強い「白」を使うのはホント難しいです。
「白」を巧く使えば素晴らしい表現が出来るのは判っているのですが、怖くって・・・。
機会ありましたら、是非「白」の使い方を教えていただきたく思います。

もはや素晴らしい!

もはやこの作品は、A級です。
非常に学ぶべきものの多いすぐれた作品と思います。

どの写真も引き込まれますが、
前面の写真なんか、ほれぼれします!
リヒターくん、あんまりやり過ぎて最高到達地点を見誤らないでね!

えーっ!もっと良くなるんですか!?

バランスが・・・

今晩はかおりさん。
かおりさんのフィンランド軍の三突と違ってなかなか完成しないので本当は困っています。

かおりさんもグレーベースの塗装で苦労したとか、新たな事への挑戦は最終的に上手くバランスを取らないと自分でもなんだかな~~~になっちゃいますよね。

いま現在、このラングの仕上げをどの状態で終着点とするのか思案中です。
何時もの方法が簡単なのですがね~ど~なるやらです。・・・(汗)

白ではなく・・・

コウさん今晩は~。

>気になったのは、所々に除いている「白色系」の色遣いです。
白に見える部分は光の反射で下地のメタル系の色が白く見えるのではないでしょうか。
またはワイヤーブラシ等で擦って艶がでた部分の反射光かもです。
でも白系は水スプレーと油彩で施しているのは間違いありません。

「白」の使い方はリンクしています宮崎さんが素晴らしい技術を持っていらっしゃいますよ~覗いて見たら。
私もコウさんと同じで白は怖いです~ッ!・・・(笑)


A級・・・

今晩は宮崎さん。

リヒターにA級なんて事を言ったら天狗になって手が付けられませ~~~ん!

>リヒターくん、あんまりやり過ぎて最高到達地点を見誤らないでね!
勿論リヒターですからね~やっちゃいますよね~ッ!その時は宮崎師匠の一喝をお願い致します。

キャタピラの仕上げもまだ終わっていないんです。
もっと良くなります!た・ぶ・ん・・・(謎)

びっくりしました。

こんにちは。
なんかスゴイことになってますね! 確かにもうここまで来るとプラモデルとは言えませんよ。
「塗装」というより「塗料を使った工作」みたいに感じます。
とにかく「リアルさ」を追求する姿勢には頭が下がります。
私には絶対マネできませんが、これからも楽しみにしてます。

面倒なこと・・・

今晩はBluebellさん。

Bluebellさんもちょうどストームの足回りを仕上げていますよね。
Bluebellさんの方法であれば注意深く作業をすれば間違い無くリアルな仕上がりになるはずです。
私も以前は同じような方法で仕上げていました。

エアブラシでの下吹きは綺麗に仕上がるので良いのですが、
面倒なのですが歯ブラシでドットを飛ばしています。
最近は綺麗より変化を求めている様な気がします。

色々と能書きや講釈うんぬんするよりも偶然こんなになっちゃた~!のが楽しくなって来ています。
歳のせいでしょう・・・(笑)

技法が・・・。

技法がHANSさん自身に馴染んできてますね。

それと今までのテクニックと調和され始めています。
新しい技法を取り入れるとそれだけがどうも浮いてしまう
それが全くないですね。

突破口、と言うかNEXTステージというか
ご自身でも感じられると思います。

そろそろ「外」で自然光を浴びた姿が見たいなぁ。

RYOBIのルーターを安く調達したので
僕も塗装と工作、どちらもがんばりますよ!
来年からは。



こんばんは

ハンス先生 こんばんは!
お勧めいただきました宮崎様の記事を全て拝見してきました。
・・・なんて云えば良いのやら、頭がボ~っとしております。
私のレベルでは、ハンスさんの表現でも理解・吸収出来ない部分がモノすごく多いのですが、宮崎様のは「白の表現」処の騒ぎでは無かったな~サッパリ判らない(苦笑)
ハンスさん・ヒロナリさんや、(挨拶した事もありませんが)水野シゲユキさん以外にも凄まじい方が大勢いらっしゃるのだな・・・と思いました。
なんだか、感想にもなっていないですね~。
今後も色々と、ご教示の程、宜しくお願い致します♪

何とかなるかも

今晩はまるさん。

新しい技法がどんなモノなのか解りやすくする為に最初の内は単独で塗装をしていました。
今はこれまでの塗装法と上手く絡むかテストの段階ですね。
未だにチッピングとドライブラシは施していません。

今回の水スプレー法は面に施すものですから強烈なドライブラシやチッピングは御法度かもしれません。

水スプレー法は塗料濃度、ふき取り方、下地色と上塗り色の選定で様々な表現が可能で、それだけでも実は充分な仕上がりが期待出来ます。

RYOBIのルーター私は持っていませ~ん・・・(情)
三十年以上前に購入したドレメルとNP200Aとかを使っています。
RYOBIのルーターどんな感じか感想をブログでお願いします。

先生ですか・・・(汗)

今晩はコウさん。
宮崎さん凄いでしょ~!
アイデア満載!そして飽くなき挑戦!楽しいブログです!
私は元々楽しんで作ろうよでブログを進めて行く予定でした。
能書きを入れず、こんなので~す!って感じでね。

その後コメントでの質問や宮崎さんヒロナリさんのブログの影響で、
製作内容を少しずつ書く様になりました。
先生などと呼ばれるとチョット恥ずかしいですよ。
それ程の技術もないし研究心もありません。

でもね~何だか最近こ~やったら上手く出来るじゃ物足りないんです。
でっ色々今迄の蓄積した技術と言うか技法と言うかそんなのを無視して
適当に遊んでいるだけなんですよ~っ。・・・(汗)





すみませんでした

こんばんは
先日ですが、宮崎様への小生のコメントでハンスさんが迷惑被っているのではないか?
と思いまして、コメント入れさせていただきます。
御承知の事と存じますが、宮崎様へ「ハンスさんのお勧め」との文言挿入の上でコメントを書き、相互リンク申し入れを同時に行わせて頂きました。
結果は返信は頂戴しましたが、リンクは不可のお返事を頂きました。
宮崎様返信を見て心配になったのは、宮崎様がハンスさんへ「ハンスさん申し訳ない」「ハンスさん、やっかいな事を」みたいな複雑な感情を持たせてしまったのでは・・・との後悔でした。
ハンスさんに対しても同様です。

小生の軽率行動が、ハンスさん・宮崎様への関係に悪影響を及ぼしかねない事態を招いてしまいました。
誠に申し訳ございません。

宮崎様にもこの後同様の謝罪文を入れさせて頂こうと考えております。
今回の軽率な行動を何卒お許し下さいますよう、お願い申し上げます。

最後に、今年はブログ始めたお陰で、ハンスさん始め多くの方と知り合いになれて、幸せな一年でした。
来年もどうそ、宜しくお願い致します。
ハンスさんの御一家が、素敵な新年をお迎え出来ます様に!!

心配ご無用です!

今晩はコウさん。

宮崎さんに相互リンクを断られたんですね~、私もそうですよ~ッ!・・・(笑)
でも結果は宮崎さんが先に私のHPをリンクして下さいました。
リンクに拘りはありますが器の大きい方ですから何の心配も無いのではと思います。
私も宮崎さんに見習って簡単にリンクはしません!っと言うより最近までリンクの貼り方が解らなかった
のですがね・・・(汗・笑)

今後も一生懸命製作をしているブログには賛辞と共にリンクを張らせて頂くつもりです。
でもやる気の無いブログはリンク解消で行こうと考えていますよ。

何も心配せずご家族で良いお正月をお迎え下さ~い。

ありがとうございます

寛大な心を下さいましてありがとうございます!!
ほっとしました。
今後も御指導の程、宜しくお願い致します。
改めまして、良いお年をお迎え下さい!

良いお年を

ハンスさん!リヒター君!今年も色々お世話になり、ありがとうございました。リヒター君の技術が段々凄くなってしまうので、
私は付いて行けないで困ってしまいますよ!!
来年も私らしい戦車模型を作って行こうと思っております。
また分からない事などお教えお願いいたします。
では、来年もよろしくお願いいたします。
良いお年を!!

明けましておめでとう

かおりさん明けましておめでとうございます。

年末年始と仕事で昨夜も深夜に帰宅、返事が年越しになってしまいました。・・・(謝)
今年もかおりワールド全開で楽しませて下さいね~ッ!

こちらはリヒター共々細々と戦車製作を続けたいと考えています。・・・(笑)

ど~ぞ今年も宜しくお願い致します。

明けましておめでとう御座います

ハンスさん、リヒタ-君、昨年中は凄い作品を拝見でき感激の一年でした。有難う御座います。

いつになったら…と言わずにお好きなだけどうぞ!がブログの良い所o(^-^)o配色のマジックを今年も宜しく御願い申し上げます!!

フロントの写真!と転輪の写真!めちゃ凄いです!!眼福です!!

チャン家のママさんへ 

明けましておめでとうございます。

昨年はリヒターに振り回され完成品が無い年でした。
今年もたぶん同じかと・・・(汗)

こうなったらリヒター共々邪道モデラーの道を邁進しようかと思っています。・・・(笑)
懲りずにまたご訪問下さい、今年も宜しくお願い致しま~す。

謹賀新年

ハンスさん 明けましておめでとうございます。
今年も模型作りを楽しく、そして少しでも上達したいと願っております。
御教示の程、宜しくお願い致します!

楽しみましょう

明けましておめでとう御座います。

そ~ですね~プラモ製作おおいに楽しみましょう!
仕事が忙しく兎の様にピョンピョンとは行きませんが地道に頑張りま~す。

今年も宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます

今年こそグリュンベルク駅のディオラマを完成させると、意気込んで宣言したのですが、この写真を見て、あまりのレベルの違いに、なんだか力が抜けてしまいました。
それでも、何とか今年中の完成を目指しますので、コラボのほう、よろしくお願いいたします。

しかし、ホントにすさまじいですね。開いた口がふさがりません。
ハンスさん、真剣にユーロミリテールに参加することを考えてみてください。
絶対金賞獲りますから。

ユーロより・・・

明けましておめでとう御座います。

ヒロナリさんご訪問有り難う御座います。
ユーロミリテールに参加!・・・その前にグリュンベルグ駅にコラボさせて頂くモノを製作しなければ・・・(汗)

カメラを買い換えてから最近作風が変化しています。
現物は実物大では何のインパクトも無い作品ですよ~。
ただ今迄の技法で良いかと言うと疑問です。
新しいカメラで過去の作品を撮影するとかなり無理があります。

肉眼では見えない範囲なので気にする必要はないのか悩みました。
そこで考えたのが自然流とでも言うのでしょうかね~派手さはないけど良く見ると何だかリアルを目指しています。
私のような技術レベルの低い人間が他人の真似をしても上手く出来る訳がないですからね・・・(笑)

コンテストに参加するならヒロナリさんや宮崎さんの様にある程度計算しなければ上位に食い込むのは大変ですよね。
私はヒロナリさんとのコラボ以外、作品を何処に出す訳でもないので気ままにやっています。
今年はグリュンベルグ駅完成に微力ながらお手伝いさせて頂きますので宜しくお願い致します。

おめでとうございます

 Hans=Sheaver さん、 明けましておめでとうございます。

 わたしは、昨年12月で、めでたく満五十歳を迎え、ますます、老眼が進行し難渋しています。

 老眼鏡がないと、読書すらままならないのですが、

まぁジタバタしてもしゃぁないと思う今日この頃です。(^_^;)

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m

おめでとうございます

iCamaruさん明けましておめでとう御座います。

>わたしは、昨年12月で、めでたく満五十歳を迎え、ますます、老眼が進行し難渋しています。
AFVの世代で言うとMM世代でしょうか・・・羨ましいと言おうと思ったら老眼ですか~ッ!
先日、我が工場に視察に訪れた元モデラーの友人も確か同い年で、出戻りたくても老眼がね~っと言ってていましたね。

私はアラ還なのでAFV世代で言うとゴムキャタ世代?モーターライズ世代?でしょうか。
MM世代の方と話をしていると根本的に底辺の部分で考え方が違う様に感じます。
ようは私が古いと言う事なのですが・・・(汗)

でも~~~ッ私は老眼になっていませ~ん!元々近視、乱視が入っていましたので老眼の兆候が出るのが遅いのかも知れません。

数年前に睫毛が眼球に深く刺さってしまい眼科に行きました。
初診ですので視力検査、眼底検査までやってやっと睫毛を一本を抜いてもらいました。
その時、医師が緑内障、老眼の兆候無し、角膜に傷一つも無~し、手元に焦点があっているので車の運転はど~してますか~と言われました。

勿論車の運転は眼鏡を掛けますが安全の為です、本当は必要ありません。

女房に老眼鏡がここにあるぞっと言うと「老眼鏡なんて言うな!」と怒られているハンス工場長でした。・・・(笑)

今年もお馬鹿なハンスシーバー戦車工場を宜しくお願い致しま~す。
Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS