水スプレー法の研究・3

今回も水スプレー法の研究です。
地味な写真が多いので読者の皆さんに申し訳ない気持ちです。・・・(汗)

じみ~な記事の前に、水スプレー法を新たに試して頂いた「kunihiko123~ドイツ戦車でGO」のkunihikoさんのブログの紹介で~す。
私の知る限り水スプレー法を御自身のブログで公開した三人目の方です。
グラムモデルの徳田師匠の影響(?)を受け緻密な模型製作をブログで公開していますよ~。

さて今回の記事ですが、リヒターが水スプレー法を使用し錆び表現に挑戦です!

a1124b1.jpg
前回ジャーマングレーの水スプレーを施した装甲板内部をダークアイアンで筆塗りします。

a1124b2.jpg
その後、ガイアカラーを調合した焦げ茶をエアブラシで吹き付けます。

a1124b3.jpg
いつも錆び表現はレッドブラウンの下地にパステル、油彩、エナメルで色を加え仕上げていました。
今回は水スプレーなので所持していないアクリル塗料8色を購入して来ました。

a1124b4.jpg
基本色はリチウム甲板色でそこに赤と黄色を加え微妙な色合いの違いで3色を調合しました。

さてそれでは水スプレーしてみましょう。
使用したのは黄色と赤の強い二色です。
a1124b5.jpg
下が黄色、上が赤の強い調合色です。
どちらも悪くはないですね。

ちょっとアップにしてみましょう。
a1124b6.jpg
調合した時はその差がハッキリしませんでしたが、塗ってみるとその違いが良く判りますね~。
赤は東部戦線の車輌に似合いそうですね~!黄色は浮き錆びかな~?

このままでも下地塗装ですから問題ないのですが、研究ですからね~更にガイアの焦げ茶をドット吹きし赤、黄のアクリル調合色を再度吹きつけます。
a1124b7.jpg
a1124b8.jpg

さて、いかがでしたでしょうか、錆びと言えばリンクさせて頂いている「戦車模型AFV fun」の宮崎師匠の十八番です。
宮崎さんの錆び表現の真似は誰もが出来る訳ではありません。

でもリヒターのやっている水スプレー法ならたぶん誰にでも出来ますね~。
まぁリヒターも宮崎師匠に追い付きたい一心での錆び挑戦だったのでしょうが、追い付くのは一生無理でしょうね~!・・・(哀)

いずれにせよこの後、ジャーマングレーで再度塗装をするのでリヒターの錆び挑戦は跡形も無く消える訳です。・・・(益々哀)

さて今回はここまでです。
次回はど~なるのか・・・お楽しみに~~~!


comment

Secre

サビ塗装・・・

こんばんは~♪♪
水スプレー塗装・・・排気管にも良いですね~。
退色表現以外で、足回りの塗装に良いのではと思ってます
今製作中のヤクトパンターで試してみます。
更に・・・水にもこだわってみます、次回は精製水をスプレー♪♪違いが出るかな~♪♪
来月からはタイガー1君の製作予定だったり、ディアナ君も早く製作したい~o(-^0^-)o

末筆ながら小生の拙いブログご紹介頂きありがとうございます。
これからも宜しくお願い致します。


可能性

今晩はkunihikoさん。

水スプレーの可能性は?っと色々考えています。
皆さんが試した事例は今後も当ブログでドンドン紹介したいです~ッ。

精製水は私も持っていますがケチなので未だ未使用で~す!・・・(笑)
kunihikoさんの研究結果をお待ちしてま~す。

>水スプレー塗装・・・排気管にも良いですね~。
確かに使えそうですぞ~!
とにかく私の様な時短モデラーに水スプレー法は最適な方法だと感じています。

お~~~!

こんばんは~~!
すっごいですね~~。
私も昨日ですが、放置していたキンタに錆び表現をトライしていた処でしたので、とても参考になりましたヨ!
ハンスさんの錆び表現、さすがです。
小学生の頃に近所の廃墟倉庫に忍び込んだ時の錆び切った鋼鉄の扉を思い出しました。

実際には・・・

今晩はコウさん。

実際に錆び錆びの車輌を製作する予定はないのですが、水スプレー法の可能性の一つとしてテストしています。
まぁ、いつもの事なのですが見えない処や下地で色々試すのは今後の模型製作にきっと役立つと思い毎回何かを試していますね。

新しい方法とかやった事がない事を実際にやってみて自分なりに納得しないと、いくら良い方法を知っていても意味が無いのではと考えています。

水スプレーは意外と応用範囲が広いので今後もチャレンジを続けますよ~。

No title

こんばんわ
私のカルロ・アルマートにもやってみようかと思っていたのですが、基本塗装が終っていたので手を付けられませんでした。
今回の錆表現はウェザリングに活用させて頂こうと思っております!!
私はクラッシュや遺棄車両が好きなので参考になります。
また、クリアパーツにもこの様な水スプレーの様な表現をしてみたいです。

これはすごーい!(☼Д☼)

なんという発明をしてくれたんだリヒターくんはっ!
これはすばらしいとしか言いようがない!
佐々木小次郎のツバメ返しにも匹敵する必殺技じゃないですか!
もはや無敵。
描くことではいくらがんばっても、ここまで自然な表情を出すことはむずかしいですからね。
リヒターサビ返しにグザッとやられた感じですv-8

クラッシュ

同士さんおはようございます。

>私はクラッシュや遺棄車両が好きなので参考になります。
い~ですよね~私も好きなんですよ~。
ただクラッシュモデルは難易度が非常に高いので二の足を踏んでいました。
今回のテストで水スプレーで簡単に錆び表現が出来るのを確認できたので何れは製作してみようかと。


宮崎師匠~!

おはようございま~す宮崎師匠様。

エ~ッ本当にすごいですか~~~!?
錆び塗装名人の宮崎師匠にお誉め頂けるなんて光栄で~~~す!・・・(嬉・泣・リヒター・以後絶句~~~ッ!)

宮崎師匠のサビマガジンと錆びテクニックを参考に、ビギナーにも出来る錆び表現をと、リヒターは一生懸命考えていました。
そこでリヒターが気付いたのは、上手く錆を描くには才能(センス)と熟練した技術がなければ不自然になり初心者には大変難しい作業だという事です。

今回のテストは「誰でも出来る!」が主題です。
本当に誰でも出来ます、リヒターがやった事は次のとおり。

①調合色の赤が強い方は溶剤を少なめに、黄色が強い方は溶剤を多めにし希釈の具合でどの様に表情の変化が出るか試す。

②乾燥前にウォータブラストで人為的に一部表情を変え、ティッシュや綿棒で部分的に水分と塗料をたたく様に吸い取る。

模型的には赤の強い方が見栄えがします。
黄色の方は機関室上部の浮き錆びに使用出来そうですね。

今までパステルを何色も使い油彩やエナメルで仕上げていた錆び表現が、
たった一色のアクリル塗料で変化に富んだ表情が自然に出来てしまう。

まさに目から鱗とはこの事でしょうか、固定観念はいけませね。

本が出来そうだ

きれいにまとめたら
一冊の本が出来そうですね。

いい色出てますよ。

本ですか・・・

こんにちはマルさん。

実は宮崎さんのサビマガジンだけでは無く、マルさんのブログにアップされている「錆び写真」もおおいに参考にさせて頂いています。・・(感謝)

サビは濃い焦げ茶から黄色に近いオレンジ色までの色合いが複合されているのがお二人の写真で良く判ります。

赤さびは表面がザラっとした感じでパステルの使用が有効ですね、今回は塗料濃度を上げただけですが今後はその辺りもトライしたいと思っています。

本にするなら、マルさんそして宮崎さんとリヒターのコラボですかね~~~?
そんな事を言ったら間違い無くリヒターは天狗になっちゃうのでここだけの話と言う事で内密に・・・(笑)

本来ならプラ板でチャレンジする予定だった錆び表現。
たまたまDianaの装甲板が平らな板だったので使用しました。
その分Dianaの製作が遅れる事になりました。・・・(落)

凄い反応ですね

ハンスさん、今をときめく話題になりましたね!!水スプレー法!

拝見しておりまして、赤色は「錆び」と認識できますね!!なんとも「使い込まれた」感が素晴らしいです。

黄色は、錆び意外に迷彩の塗装の手段にもなりませんかね…?とても良い黄色なので、多種多様に出来たら素晴らしい~☆などと、はしゃいでしまいました(笑)

話題にッ!

チャン家のママさんこんにちは。

話題になっていますかね~?だとしたら嬉しいですね~。・・・(笑)

おっしゃるとおり迷彩塗装での水スプレーは今後の課題ですね~何だか楽しみです。
元々はアフリカ軍団の淡泊な塗装をどう仕上げるか悩んだ末の方法でしたが、色々使えそうです。

まぁこのDianaも既に素晴らしい完成作品がネットでご覧になれますので、当工場としては独自の汚さで完成させますかね。・・・(笑)


はじめまして。

はじめまして。Bluebellと申します。コウさんのところから来ました。
このサビ表現、素晴らしいですね!! どう見ても鉄にしか見えません。
模型誌より、個人さんのブログのほうがよっぽどためになります。
これからも遊びに来ますので、よろしくお願いします。
また、私もブログを書いておりますので、よろしければリンクを貼らせてください(相互リンクしていただけると、なお嬉しいです)。よろしくお願いします。

Bluebellさんいらっしゃい

初めましてBluebellさんご訪問そしてコメントを頂き有り難うございます。

リンクの件ですが相互リンクで宜しくお願い致します。
コウさんにはご迷惑を掛けてしまいましたが、やっとリンクの貼り方が判りましたので大丈夫だと思います。・・・(不安・汗)

Bluebellさんのブログちょっと覗かせて頂きました、水曜日が休みですのでじっくり拝見したいと思います。
邪道モデラーのハンス&リヒターですが今後とも宜しくお願い致します。

ありがとうございます!

ハンスさん、こんばんは。
相互リンクの件、快諾いただきありがとうございます。当方、早速リンクさせていただきました。

>水曜日が休みですのでじっくり拝見したいと思います。
いや、お恥ずかしい限りです。何か見るべきものがあればよいのですが…。

邪道なんてとんでもない!
いろいろと研究される姿勢には頭が下がります。ぜひ参考にさせてください。

これからもよろしくお願いします。

リンクなんとか

Bluebellさんこちらも何とかリンクを貼れましたよ~。・・・(ホッ)

今、Bluebellさんのブログを読んでいたところです。
プラモ製作の実演は私も依頼された事はありますが、実際にはやっていません。
カスタムヘッド製作は常に元自分の店で実演していましたが・・・

ホビー誌に掲載されているようなプラモ製作では最近の若い人には面倒だな~と思われる事間違いなしですね。
もっと簡単に「あれ~こんなんで出来ちゃうんだ」が必要なのではと思い色々トライしています。
失敗も多々ありますが懲りずにご訪問下さいね~。
Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS