オペル オリンピア製作記・3

今回はリヒター達が製作しているオペルオリンピアの塗装編です。

ソフトスキンと言ってもただの乗用車、どんな塗装にするかリヒターも悩んだようです。
コラボ先のヒロナリさん工場ではピカピカのシトロエンが完成している。

こちらは地味な軍用車輌でジャーマングレーの塗装・・・(負)
何時もと同じでは面白味がないので、今回はガイアカラーでジャーマングレーを調合し塗装してみました。

リヒターと私が何時も思っていた事、それは軽車両やジェリカン、ドラム缶は艶消しの塗料を当時使用していたのかです。

軍用車輌=艶消しの概念を無視して、半艶のガイアカラーで今までのイメージを変えられないかリヒターがチャレンジします。

a0930b1.jpg
慣れないガイアカラーで希釈具合が悪かったのか表面がザラついています。
でも問題はありません。
a0930b2.jpg
コンパウンドで磨き出します。
屋根とボンネットは極細まで使用、その他は細目を使用し艶にムラを出します。
通常のカーモデル製作では無いので、磨きづらい処は半艶のままでもOKです。

a0930b3.jpg
この作業でノテックライトやバックミラーのロッドが損傷を受けます。
想定内の事ですが、計画性があれば後付にしていますよね。・・・(汗)

a0930b4.jpg
一部下地に塗った焦げ茶が顔を出していますが、こんな感じでムラムラ艶出し作業を終了します。

この後、ホコリ汚れ等で艶を消して行きます。
どんな感じに仕上がるのか定かではありません。・・・(謎)

さて今回はここまでです。
それでは次回をお楽しみに~~~!



comment

Secre

趣がありますね(#^.^#)

ハンスさん!リヒター君!こんにちは(*^^)v
車の塗装、拝見いたしました。
ガイアカラーは私は使った事がないのですが、
とても趣のある雰囲気になり、素敵だと思います。
またコンパウンドを使った磨き、参考になりました。
これからリヒター君がどのような仕上げをして行くのか・・・
楽しみが増えました。
私もSU-85頑張って仕上げたいと思います。
では、お怪我されたヒロナリさんの分まで頑張ってくださいね!!
これからも、よろしくお願いいたします。

こんにちはかおりさん

今回は普通の自動車なので塗装法を変えています。
当時の車のボディは現在と同じ様にプレス加工なのかは知らないのですが、何となく表面がツルっとして滑らかなラインにしたかったのでコンパウンドを下地の時から使用してみました。

ヒロナリさんの分までと張り切っていますよ~!
でも仕事が一日6時間、7時間残業なんて言うの週に何回かあり、なかなかプラモ製作の時間が取れないのが現状です。
それでもリヒターと一緒に頑張りますよ~~~!

お~カーモデル~♪♪

こんばんは~。
通常業務でも製作時間をひねり出すのは大変なのに・・・
同時進行頑張って下さいね。

こちらはベース製作の材料を揃えました、ボチボチ構想練って開始します(^-^=)v

ベース製作

本当に時間が欲しいですね~っ!
水木を休みにしていますが、昨日はカスタムヘッド造形の一番弟子が遊びにきて昼前から6時までいました。
今日が雨だと判っていたので下地塗装を弟子と話しながらしていましたよ。・・・(汗)

kunihikoさんもなかなか時間が取れないでしょうがベース製作頑張ってくださいね。

ご心配をおかけしました

怪我をしてから10日以上経ち、すっかり痛みもひきました。
ただ、麻酔の影響か、腕全体にどんよりした痛みが残っていますが。
気長にリハビリをやっていこうと思います。

そうですよね、ソフトスキンなどは多少のツヤがあったほうが、リアルな気がします。
テレピン油を使ったウォッシングを行うと、微妙なツヤが出るので、シュタイアーやフォルクスワーゲンは、そのやり方でいくつもりです。(いつになるんだか)

良かった!

痛みがひきましたかよかた~~~~!
後はヒロナリ師匠の復活を待つばかりですね!おいらもその間一生懸命修行します。(リヒター)

ヒロナリさん心配しましたよ本当に、これからリハビリ大変でしょうがヒロナリさんの壮大なジオラマ製作は宮崎さんや私そしてリヒターの夢でもあります。
また多くの読者の皆さんが期待している計画であり、ヒロナリさんの負傷でもしかしたら新たなコラボメンバーが出現するかもしれませんね。
夢はいつか叶うと私は信じています。

ヒロナリさんの一日も早い復活をリヒター共々お祈りするばかりです。
Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS