ブルムベア中期・後期それから・・・

先週ブログ更新後、ティーガーⅠのOVM製作に入りました。付属のエッチングパーツを切り出しOVM取り付け金具の曲げ加工をしだした時、形状の違いに気付きました。
またドラゴン社の落とし穴にハマった!そんな感じで一気に製作意欲が落ちてしまいました。
気を取り直しブルムベアの迷彩塗装に入りました。
b4br1.jpg
手前が十数年前から組み立てている後期型・真中が中期型、そして一番奥がタミヤの4号H?!。
b4br2.jpg
二台ともなんとなくボヤっとした迷彩塗装です。
b4br4.jpg
中期型は戦闘室が小さくカットされているので、何だか小山みたいですね、でもカッコ良い!
b4br5.jpg
こちらは後期型、戦闘室が大きくなり横幅が広く感じて外車みたいです。(間違いなく外車なんですが・・・汗)
b4br3.jpg
後期型の戦闘室上部、照準器用スライドカバーはアルミ板材の削り出し、車長用ハッチはプラ材と真鍮板の切り出しで製作。今見るとボルトやステーがオーバースケールですね。(冷)

一番上の写真に何故タミヤの4号Hが?前回ご紹介しました、オリオンモデルズの仲田師匠が年末に発売される「戦車模型の作り方」に掲載するため、タミヤの4号Hを素組で製作していたのを見て、そう言えば十数年前に私も途中まで製作していたのを思い出しました。

ハンスシーバー戦車工場には無かった、お蔵入り戦車を引っ張り出し何とか完成させようと考えています。

これも仲田師匠効果でしょうか?実を言いますとブルムベア後期型のキャタピラはタミヤのキットに付属しているポリキャタです。モデルカステンの物も用意していたのですが、仲田師匠がポリキャタをそのまま使用していましたので(※仲田師匠は初級編出版のためあえて素組で製作)私も真似てみました。塗装を済ませ装着すると連結式のキャタピラと殆ど見分けはつきません。

さて次は何をしましょうか?・・・結果は次回更新でご報告いたします。



comment

Secre

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS