タコム キングタイガー  フルインテリア製作記・2

タコムのキングタイガーフルインテリア製作ですが
車体上部パーツの歪みの調整でチョイと時間が掛かっています。

歪みと言っても接着固定するので有れば殆んど問題ないと思います。
しかしながらフルインテリアで内部を見せる為、取り外し式にするので、頑張って調整しています。

20170830b1.jpg

「でっ工場長~少しは製作進んでるの?」

やあリヒターどうよ~だいぶ製作が進んだでしょ!

「前と全然変わらないじゃん!」

・・・

ハンス工場長はリヒターには解らない、圧延鋼板のテクスチャーを車体に施していたのです。
20170830b2.jpg
良く見ないと解りませんよね~・・・(汗)

前回、ライフィールドモデルティーガーⅠフルインテリア製作時にはパーツの多さや内部の塗装などに翻弄され
外部の製作は殆んど手抜きでした。

細かなパーツを接着した後に圧延鋼板の処理をするのも無理がありましたしね。

今回はフルインテリア二台目の製作ですから、少しは慣れてきたのかもです・・・

この後は、お時間のある方だけご覧下さい。

(TAKOM Sd.Kfz.182 King Tiger HENSCHEL TURRET Full Interior Modelling 2)

more...

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

リンクの御報告

皆さ~~~んお元気ですか~?

ハンス工場長は何だか異常な今年の夏に振り回され体力も限界です。

さてっ今回、御二人の方と相互リンクさせて頂きましたので御紹介いたします。

御一人目は喜久治さんのブログ「ラジコンヘリ好きなジイジ・ダイアリー」です。
ラジコンヘリだけでは無く、最新の記事ではタミヤ1/16フルオペ10戦車の完成動画をアップしています。
私もこの動画を観てラジコンが製作したくなったので行き付けの店にキングタイガーのフルオペを注文
したのですが、残念ながら現在廃盤問屋在庫無との事でした。・・・(落)

御二人目はひるまさんのブログ「ひるま基地 ~飛行機とその他の模型製作~」です。
飛行機の製作を中心に素晴らしいテクニックをアップしています。
私も二十代前半まで飛行機モデラーでしたので、現在の飛行機プラモの現状や進化した製作方法に
興味があり更新されるのを毎回楽しみにしています。

以上、相互リンクの御報告でした。

話しは変わりますが、
先日、購入したモノをお見せ致します。
20170829b1.jpg
「ボンディック」と言う液体プラスチックです。UVライトを4秒あてるだけで硬化します。
(私が紹介するまでも無く多くの方がご存知だと思います。)

20170829b2.jpg
色々な用途に使用出来るので私は超音波カッターの修理に使用して見ました。
接着強度が非常に高く(瞬間接着剤より間違いなく強い)補修部分に塗った後、僅か4秒で作業が終了!

これはプラモ製作にも役立ちそうです。

大きな突き出しピン跡の処理、ラッカーパテではサーフェイサーを吹き着けると、
せっかく整形した部分がトロンとしてやり直し~~~ッ!
(ティーガーⅠフルインテリア製作時にオキサイドレッドサーフェイサーを吹き何度かやり直しました)

瞬間接着剤の厚盛も乾くまでに、ある程度整形するのが結構面倒!(手にベタベタ着いたりしてね~)

でもボンディックなら時間を掛けある程度の状態に整形しUVライトを4秒あてるだけで終了~~~ッ!
勿論、原材料がプラスチックですから後の整形作業は何時ものプラモ製作と変わりませんネッ。

んでっ戦車製作はどうなっているのか・・・ですね・・・(汗)

やってはいるんですよ~~~やってはね・・・でもまだ記事にする程の進捗は無いので
もうしばらくお待ち下さい。

さて今回はここまでで~~~すっ!
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

タコム キングタイガー  フルインテリア製作記・1

雨の多い今年の夏は湿度が高く塗装作業に影響が出るのは誰もが解っていると思います。
曇り空、陽がささないので色合いの判断が難しく塗装作業は中断です。

オットーカリウス搭乗車ティーガーⅠの仕上げはもう少し先にずらしましょう。

仕方なくハンス工場長はタコムのキングタイガーフルインテリアをコツコツと製作しています。

今回の製作はチョット訳があり素組で仕上げる予定です。
勿論、何の参考にもならないので見る必要は間違いなくありません!
20170822b1.jpg
前回、ティーガーⅠフルインテリア製作に多くの時間を要したのはパーツの多さだけではありません。

普通の戦車キット製作ならスルー出来る部分の処理が大変多い事です。

今回はフルインテリア二台目の製作なので時短モデリングの為に、出来るだけ簡単な方法を御紹介できればと考えています。

まず成形品裏に大きな押し出しピン(突き出しピン)跡が、通常のプラモなら無視して良いのですが・・・(汗)

ティーガーⅠでも結構修正に時間がかかりました。

20170822b2.jpg
押し出しピン跡の深さが0.2mm以下ならカッターナイフや掻き出しノミで修正可能です。

私の御勧めは・・・
20170822b3.jpg
45°刃のカッターですね~あっと言う間に処理が終了します。
20170822b4.jpg 20170822b5.jpg

押し出しピン跡が深い場合はパテや瞬間接着剤で埋め整形ですね。
20170822b6.jpg

まぁハンス工場長のやり方をマジで見る必要はないですね・・・

(TAKOM Sd.Kfz.182 King Tiger HENSCHEL TURRET Full Interior Modelling 1)

more...

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

夏休み・・・?

ハンスシーバー戦車工場は、忙しい7月が過ぎやっと戦車製作を再開しようとしていた・・・

ただ今年の夏は何か違う、日本各地で豪雨による被害が多発し地震も多く被災した方々の
ことを考えるとのんびりプラモを作っていて良いのか等と考えてしまう。

それに加え今年は気温と湿度が異常に高く、プラモ製作の気力をそがれますね・・・
じゃあ夏休みにするか~~~

いやいやハンスシーバー戦車工場に夏休みはありません。
リヒターはティーガーⅠの仕上げ塗装を頑張っています。
20170808b1.jpg
細かな塗り分けをコツコツと進めています。
まずは基本的な色を塗り仕上げの下準備ですね。

20170808b2.jpg
転輪ゴム部分も二色で全て塗り終わりました。

今回は以前紹介した転輪ゴム部分塗装用ターンテーブルを使用しましたので、凄く簡単に素早く作業が終了しました。

んでっハンスシーバー工場長はなにしてんだ~~~?

まぁこの先は何時ものように読む必要はありませんね~

more...

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS