ライフィールドモデル ティーガーⅠ フルインテリア製作記・10

先週はブログ更新をサボってしまいました。・・・(謝)

でも製作は進めていますヨ~~~ッ!
リヒターは塗らなければならないモノが沢山あるのに、
砲塔下部の立体塗り絵を楽しんでいました。
20160524b1.jpg

結果まずまずの出来ですかね・・・
20160524b2.jpg 20160524b3.jpg

20160524b4.jpg
「リヒター君フォースに目覚めたなッ!」

「またこのおっさんかよ、ホースなんて使ってないよ」

「んッ・・・ホースでは無くフォースなんだけど…汗」

消火器等極端に色に違いがあるものは皆さん塗装してから装着した方が良いですよ~。
リヒターいわく筆が入りづらく結構面倒な作業になるとか。

さてハンス工場長はと言うと・・・

AFVファンの皆さんがもう見たくないうんざりだーと叫びたくなる例の作業(可動キャタピラの組立)をしていました。
まあ根気が続きませんので合間に細々とした作業を挟んでいましたが、
見る必要も無いですかね!

まぁお暇でしたら続きをご覧下さい。

more...

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

ライフィールドモデル ティーガーⅠ フルインテリア製作記・9

ハンス工場長は砲塔下部の製作を進めていました。

?床上に3個置く飲料水用ジェリカンに刻印が無い!
車体外部後方に設置するガソリン用はちゃんと刻印があるのに・・・
20160511b1.jpg
工場に在庫が二種類あったので今回はタスカのモノを使用しました。

さて工場長が前回提示したデッチアップ①ハンドル滑り止めは
20160511b2.jpg20160511b3.jpg
初めは自己融着テープを細く薄く伸ばし巻き付けました。
拡大すると・・・?
瞬間接着剤でそれらしくして~~~終了!

⑤ワイヤーバスケットは
20160511b4.jpg
付属パーツのメッシュ部分を切り取り内側からメッシュを貼り付ける予定でしたが、
プラの厚みが・・・仕方なくエッチングパーツの細めの枠を貼り付ける事にしました。
20160511b5.jpg
完成~~~ッ!

早速セットして見ましょう
20160511b7.jpg
拡大すると網目が大きいですね・・・(汗)

ジェリカンホルダーのエッチングパーツは説明書の通りでは上手く収まりませんので
水平に180度回転させ装着します。

さて砲塔下部もこんなところで塗装を始めますか、リヒター~~~
20160511b8.jpg
リヒターは下地塗装の前に岩絵具8を混ぜたラッカーパテで鋳造と判断したパーツに
テクスチャーを加えました。

20160511b9.jpg
下地塗装終了~~~これから塗り分けで~~~すっ。

基本的に上下を二色で塗り後はパーツごとに塗り分けですね
簡単には済みそうもありません。

またそこにヘンなオヤジが
「リヒター君フォースを使え」

リヒターが塗り分けの参考にとカーラー写真を見ていると
「工場長たっ大変だ~~~」
20160511b6.jpg
下の赤丸、ワイヤーバスケットの上部が写っている。
ネットが枠の外側に・・・(汗)
上の赤丸、予備防弾ガラスに脱落防止のバーが・・・(汗)

「工場長どうする?直すなら今の内だよ~~~」

・・・(無言)

(Rye Field Model Pz.kpfw.Ⅵ Ausf.E Early Production w/Full Interior Modelling 9)

さて今回はここまでで~~~す。
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

ライフィールドモデル ティーガーⅠ フルインテリア製作記・8

ハンス工場長はリヒターが立体塗り絵で楽しんでいる間に砲塔の製作に入りました。

20160504b1.jpg
まず砲塔天板補強用リブの根元に溶接跡を付けます。
実際には砲塔天板円周に内側からも溶接跡が付くのですが
今回天板は取り外し可能にしますので再現するのは無理と判断し手抜きで~~~すっ。

砲塔の製作を進めて行くとヤハリ足りないな~と言う局面に。

20160504b2.jpg
消火器のパーツがありません。
余剰パーツの山から三本見つけました赤丸のドラゴンのモノを使用します。
矢印はエアクリーナーに付く蝶頭のロッド部分をモデルカステンの超ネジで再現。

20160504b3.jpg
消火器設置位置に長方形のモールドがありますのでそこに接着~

仮組を繰り返し様子を見ます。
20160504b4.jpg 20160504b5.jpg 20160504b6.jpg
悪くないですよ~良い感じです。

勿論完璧に再現されている訳ではありませんよね。
1/35スケールですからエンジン周りも車体内部もそして砲塔も完璧を求めたらどれだけ
パーツ数が増えるのか、そしてキットの販売金額もアップし、また初心者には組立られないのでは
ないかと考えてしまいます。

現状のままでもこれだけの部品数があるキットには中々お目に掛かれませんし
充分にプラモデル製作が楽しめると思いますよ。

ハンス工場長は目立つロッド三本をデッチアップ~
20160504b7.jpg
20160504b8.jpg
①油圧駆動装置と砲塔旋回コントロールペダルに繋がるロッド
②手動式砲塔旋回装置と砲塔旋回ギアボックスに繋がるロッド
③照準手用12時方向指示器と12時方向指示器作動装置に繋がるロッド

20160504b9.jpg
赤丸のJ45フューズボックスとJ41砲塔電装品パネル、
キットは配線関係を無視していますのでチョットこのままでは寂しいですね・・・

K部品で三個残るこのパーツ説明書には出てきません。
20160504b10.jpg
K24だけは何処に付けるのか解りました。
20160504b11.jpg 20160504b12.jpg
コレに間違いないでしょうっ!

そろそろリヒターに塗り絵をやってもらわないと・・・

(Rye Field Model Pz.kpfw.Ⅵ Ausf.E Early Production w/Full Interior Modelling 8)

さて今回はここまでで~~~す。
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

Calendar
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS