パンターD(タミヤパンサーD)製作記・19

リヒターはハンス工場長が製作したシュルツェンの塗装をしていた。

今回、シュルツェンの裏側は下地色(オキサイドレッド)のままでと作業を始めた。
20160223b1.jpg
何時もの様に水スプレー法で錆色を塗る。

これが問題なんですよ~ッ!
オキサイドレッドは似たような色なので、この下地処理は必要ないのではと思うのですが・・・

シリコンバリアー法とヘアースプレー法など塗装剥がれの状態を再現する方法があります。
リヒターの考案した水スプレー法で同じような事が出来ないのか、
テストしてみましょう。

水スプレーの後にガイアのオキサイドレッドをエアブラシでソフト&ハードに色を乗せていきます。
ドライブースで乾燥させると
20160223b2.jpg 20160223b3.jpg
水滴が多く付いた部分、ソフトに色を乗せた部分の塗膜が既に剥離しています。

歯ブラシでこすります。
20160223b4.jpg
下地が同系色なので解りずらいですねアップして見ましょう。
20160223b5.jpg 20160223b6.jpg
車体の内側なのであまりオーバーな表現はさけています。

もう一枚砲塔下部パーツ
20160223b7.jpg
こちらはダークイエローを水スプレーし、かんたんマイペットチッピングをした後に
大量に水をスプレーしオキサイドレッドを塗って見ました。
僅かに残ったオキサイドレッドが錆の様に見えます。
これはこれで今後どこかで試してみようかな・・・
(完成後見えない部分で色々トライしていま~す)

今回のテストでシリコンバリアーやヘアースプレイが無くても水だけで何とかなるのではと
実感しました。
ただ水滴は鋭角なラインがなかなか出ないので、その辺が今後の課題でしょうか。

[水スプレー法はこちらで確認して下さい]

さて今回はここまでで~~~す。
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

パンターD(タミヤパンサーD)製作記・18

ハンス工場長はシュルツェンの製作に入りました。

20160216b1.jpg
0.3mmのプラ板をカットし製作します。
プラ板のカットには千枚通し・サインペン・定規用意します。

20160216b2.jpg
千枚通しで二か所に線を入れそこに見やすくする為サインペンで色を付けます。
20160216b3.jpg
定規をあてカッターナイフでカット。

20160216b4.jpg
この後、支持架にセットするための穴をカットするので失敗した時のために
多少多めに切り出しておきます。

この切り欠き部分をどうカットしたものか・・・(悩)
千枚通しで合計48箇所にケガキ線を入れるのも面倒なので
ハンス工場長はドラゴンの金属製のシュルツェンを使用し作業する事にしました。
20160216b5.jpg 20160216b6.jpg
プラ板の上にドラゴンのシュルツェンを重ね切り欠き部分にエアブラシで色を付けます。

20160216b7.jpg
後は色の付いた部分をカッターナイフでコツコツと切り出します。

20160216b8.jpg
セットして按配をみます。

そこにリヒターが登場!
「工場長何で時間をかけてプラ板でシュルツェンなんか作ってるんだよ!
エッチングパーツが千円前後で買えるじゃん」

皆さん御承知のように確かに発売されています。・・・(汗)
ただ今回は素組  素組 素組!

でも本当に素組って何なのでしょう?
キットの箱に入っているモノだけで改造もせず、メーカーの完成品サンプルのように製作する事なのでしょうか。
そうなると組立の技量にもよりますが、最終的には塗装での勝負でしょうか?何だか塗り絵の世界ですね。

ただ問題は各メーカーにより内容が違う事ですね。
可動履帯・エッチングパーツ・メタル砲身・フルインテリア付き何てキットもありますので
そもそも素組のスタートラインが違い過ぎますね。

私の場合はキットに付属していないモノはオプションをプラスしてもOKと考えています。
後はプラ材や金属素材を加工し製作するのも素組と言って良いのではないでしょうか。

皆さんに何回かお話ししたポリキャタピラの問題もあり。
ポリキャタピラセットのキットは全て我が工場では別途プラ・メタル・レジンのキャタピラ
に交換しています。(販売されていればですが)

自分から今回は初心者の為に素組で製作などと言いスタートしたパンターD製作記
今、自分の発した言葉に悩んでいます。

さてスモークディスチャージャーの配線ですが、
0.5mmの真鍮パイプの内径を広げるのを断念!
リード線を使用しそれなりにで済ませました。・・・(落)
20160216b9.jpg 20160216b10.jpg
リード線が細くて見えませんか・・・?・・・(汗)

さて今回はここまでで~~~す。
次回をお楽しみに~~~っ!



theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

パンターD(タミヤパンサーD)製作記・カステンの履帯

以前の記事(2015/11/11)

の中でモデルカステン履帯説明図について記載しましたが、
説明不足で誤解される方もいるのではないかと不安になり今回はちゃんと説明しようかと
考えました。
ただハンスシーバー戦車工場には資料も少ない、知識も無い!
なので間違いがあればご指摘頂ければと思います。

カステンの説明書
20160209b1.jpg
左が以前掲載したパンターD初期型・右はⅣ号の説明書です。
どちらも「こちらが車体側」としかかいていません。
ただⅣ号用のSK-57は新しい製品なので外側ピン・内側ピンをきちっと図示していますね

もう一枚
20160209b2.jpg
ティーガーⅠとティーガーⅡの説明書
ティーガーⅡの説明書にだけ「こちらが車体側」と記載されています。

この二枚の写真が何なの・・・
上の写真は履帯が左右対称で、下の写真は左右非対称です。

左右対称のパンターやⅣ号系はピンの刺し方も左右対称にする。

また左右非対称(ガイドホーンがセンターラインからずれている等)
のティーガー系はティーガーⅠのミラータイプ履帯を除き、左右同じ製作法で問題
無い事が解るかと思います。
(ガイドホーンから履帯の余白が多い方が必ず外側になりロックワッシャーや固定リングの
付いたピンを差し込みますからね)

パンターDではなくAとG型の実車写真
20160209b3.jpg 20160209b4.jpg 20160209b5.jpg
ロックワッシャー・ピンヘッドの状態が良く解ると思います。

20160209b6.jpg 20160209b7.jpg

ピンの刺し間違い注意ですね。

ドラゴンのマジックトラックはどうかな・・・?
20160209b8.jpg
う~~~むッⅣ号は左右の色を変え左右対称のモノが入っていますが、
パンターD用は一種類ですね、センターガイド(ガイドホーン)に穴の開いていなかったティーガーⅠと
同じでパンターDも使用不可ですか~ッ

今回この記事を書いた理由は以前の記事にコメントを入れてくれましたユウ・ワキさんが
「ケーニヒスティーガー用は2個セットも左側だけで組んでいました」
このコメントに対してちゃんとした返事を入れないままでした。・・・(謝罪)
パンターDの製作に没頭していましたので誠に申し訳ありませんでした。

ユウ・ワキさんが誤解をするようなら他の方も同じ様に勘違いしてしまっているかも知れない
と心配になり、今回の記事を書いています。

また他のブロガーの記事でも、パンターDやⅣ号の履帯が正面から見れば逆さまに
装着された写真を拝見したりします。

一生懸命製作された作品ですから他人が偉そうに間違ってるよなんて中々言えませんよね。

でもその写真を見た人が間違って製作したらなどと考えるとゾットしますし他人事とは言えません。
私のブログも気を付けてはいるのですが結構間違って製作している部分があると思います。

そんな時は遠慮なくご指摘頂ければと考えています。

さて話が長くなってしまいましたが、
何故ピンヘッドが車体内側に来るのか?
20160209b11.jpg
古い資料本に載っていたイラスト
私は外側からピンを打ち込んでいるのだと長年思っていました。・・・(笑)
説明をちゃんと読めですよね。

ピンヘッドが内側にくるのは万が一ロックワッシャーが破損した時ピンが外側に抜けて
行かないようにですね。

車体下部側面には内側に抜けて来たピンを打ち込む金具が装着されています。
20160209b9.jpg

さて今回の記事を読んで間違えてた~~~っ何て言う方がいるのでしょうか?
20160209b10.jpg
でも心配ご無用!アバディーン戦車博物館のA型、よ~く写真をご覧下さい。
ピンヘッドがな~~んと外側に見えます。

戦車に関してはプロの集団がいるのかどうか解りませんが、
博物館がこれですから、プラモの間違いなんて・・・

さて今回はここまでで~~~す!
次回をお楽しみに~~~っ!


theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

パンターD(タミヤパンサーD)製作記・17

ハンス工場長はスモークディスチャージャーの点火コードをどう処理したら良いか
考えていた。

20160202b1.jpg
点火コード基部から一段細くなったパイプから3本のコードが出ている。

20160202b2.jpg
リード線の皮を剥いてみた中に非常に細い銅線が6本ぐらい入っている、3本だけ残し使用できないか・・・
リード線は被膜がビニールなので曲げた時、正確な角度が出せない・・・(汗)

では0.4mmの真鍮パイプに銅線を差し込んだらと作業しだしたがここで?
この銅線の細さではチョットした事で切れてしまうのではと心配になり、
0.1mmの銅線を使用する事に決定!
20160202b12.jpg
真鍮パイプは0.5mmをと工場の在庫を探しましたが
な~~~んと何故か0.5mmだけが無い!写真は0.6mmのパイプで~~~す。

ここで作業を中断しハンス工場長は久し振りに模型店に行ってきました。
20160202b3.jpg
真鍮パイプは手前にある肉薄タイプがなく残念!
仕方なくwaveのモノを購入しニードルヤスリで内径を広げました。

まだまだ細かな作業があるのでスモークディスチャージャー製作は中断。

車体下部を仕上げて行きます。
20160202b5.jpg 20160202b6.jpg
溶接跡を追加し下地塗装終了。

さてシュルツェンをどうするかな・・・
20160202b7.jpg 20160202b8.jpg 20160202b9.jpg
 タミヤ          ドラゴン         0.14mmプラ板

実車のシュルツェンの厚さは5mm、
タミヤは薄く削った部分が0.6mm、ドラゴンは0.3mm
35倍にすると厚さが4倍、2倍になってしまう。

プラモと言う事を考えれば0.3mmぐらいで良いのかな?

模型店に行きもう一つ購入したのはモデルカステンのSK-13
20160202b10.jpg

当初、キャタピララックはタミヤのまま使用する予定でしたのでピンを通すため
キャタピラとラックの一部を削ってしまいました。

ラックのコの字金具を現在新規に製作中なのでキャタピラはそのままで問題なく装着
出来る様に頑張っています。
そうなると削ってしまったタミヤの予備キャタピラは当然使用できません。・・・(汗)
パンターD初期型履帯SK-13は予備キャタピラセットが発売されていないので、
仕方なくもうワンセット購入しました・・・(泣)

でもそれで良かったのです。
仮組している最中に、新たな方法で製作した左側が何か所かちぎれました。

20160202b11.jpg
何時もの方法で左側を再度製作しました。

先に製作した方はカットし予備のキャタピラとして使用可能ですかね・・・

さて今回はここまでで~~~す!
次回をお楽しみに~~~っ!

theme : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記
genre : 趣味・実用

Calendar
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS