FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5t'Diana'製作記・4

前回リヒターがトライした「水スプレー法」は手間が掛からずそれなりにリアルな仕上がりになりました。
私の様な時短モデラー(なかなか製作時間が取れない)には有効な塗装法である事は間違いありません。

そして宮崎さんが名付けてくれた「コンパウンド残留法」は下地処理として、この後の塗装作業にどう影響するのでしょうか。

リヒターの挑戦は続きます。

水スプレーで下地処理した防盾に薄く溶いた油彩を筆塗りしてみる。(6色使用)
a1020b6.jpg
今までムラになるように神経を使っていましたが下地が出来ているので作業は簡単です。
(砲身は前回のままですが色が飛んで写っています)

コンパウンドで下地処理した戦闘室に同じ処理をしてみました。(3色使用)
a1020b4.jpg
a1020b5.jpg
どちらも油彩の食い付きがよく同じように仕上がります。

アクリル塗料の顔料が部分的に露出する水スプレーと、コンパウンドの研磨粒子とアクリル塗料の顔料が残留した下地。
方法は違いますが結果として同じような状態になるんですね。

ただ水スプレーは上塗りのアクリル塗料を部分的に薄め、色がランダムに白化し退色表現及び下地塗装の浮き出し効果もあります。

リヒターは車体下部の塗装に入りました。

勿論形状が複雑なので水スプレーですが今回はエアブラシで水を吹き付けます。
a1020b7.jpg
エアブラシで水を吹くと水滴が細かいので多目に水を吹きました。結果、百均のスプレーと変わりません。・・・(汗)
この後、前回と同じようにアクリルの少し明度を上げたジャーマングレーを吹き付けます。

そして油彩で処理するとこうなります。
a1020b1.jpg
a1020b2.jpg
少しアップにして見ましょう。
a1020b3.jpg
車体下部は少し錆びた感じに塗装します。

アフリカ戦線で錆がでるのか~!っと云う方もおいでになるのでは・・・
私は間違いなく錆びると思っています。

アフリカでも湿度は20%~60%はあるはずです。
昼と夜の気温差が激しいので、日が暮れて一気に冷え込んだ車体に空気中の水蒸気が水滴となり表面が濡れたような状態になったはずです。

雨が多い場所ではないので錆び流れの表現まではやりすぎかもしれませんが、鉄は間違いなく錆びて行きます。

さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!
スポンサーサイト
Calendar
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。