FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5t'Diana'製作記・2

今回はDianaの製作進捗です。

自走砲やソフトスキンのキットは製作途中に必ず塗装作業が入ります。
勿論、戦車も内部等を作り込めば同じ事が言えます。

さて当時Dianaの塗装は実際のところどうだったのか。
先日、購入したグラランドパワーを読むと北アフリカに派遣された当初はジャーマングレーで塗装されその後ダークイエローに現地で塗り替えられたそうです。

a1006b5.jpg
ボックスアートはダークイエローに塗り替えられた後のものです。
私も同じ様に塗る予定です。

「チョット待ってよ工場長!何でダークイエローに仕上げるのにグリーンやグレー、ブラウンで塗ってるんだよ!」(リヒター)
リヒターブラウンで塗ったのは何時ものとおり光の透過防止じゃよッ!
グレーは実車が最初はジャーマングレーだったのだからい~じゃな~い!

「じゃあ大砲のグリーンは何なのさ?」
それはソ連侵攻で捕獲した大砲だからグリーンに塗ってるんだよ。
実際のところソ連軍のグリーンなんて良く知らないしガイアカラーもそれ程色数を持っていないので、それなりの色だけどね。・・・(汗)

「でもさ~工場長、何時もこんな事をしてるからなかなか完成しないんじゃないの」
・・・(図星)

まぁリヒターの言うとおりだな・・・(落)
でもワシは実車がどの様に色が変化していったのかを模型製作で楽しみたいタイプなのよ、仕上がってしまえばその痕跡すら無いんだけどね。・・・(汗)

a1006b1.jpg
ジャーマングレーは明るめに調合しました。


a1006b2.jpg
計器板も何とかしなくてはですネッ!

a1006b3.jpg
ソ連製ながら7.62cm砲も悪くはないですね。
脚の切断は図面通りだと短過ぎでした。これから製作する人は現物合わせの方が間違い無いと思います。


さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!
スポンサーサイト
Calendar
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。