Ⅳ号潜水戦車製作記・1

今週からⅣ号潜水戦車の製作記を掲載致します。

リンクしているヒロナリさんの超大型ジオラマ「バーンホフ駅」に宮崎さんと共に、生意気にもリヒターが戦車を作るからジオラマに乗せてとお願いしたのが事の始まりでした。

ヒロナリさんは既に三突の仕上げ作業に入っています。・・・(汗)

宮崎さんが38tで参加を表明したのも皆さん既にご存じだと思います。

0325b6.jpg
リヒターのコラボ参加作品、これも以前よりお話していたⅣ号潜水戦車です。
ホワイトボックスは随分前にグラムモデルさんで購入したモノ、グリーンボックスは最近購入したのですが、値段の違いにビックリ!5in1のホワイトボックスの方が全然安い!

0325b5.jpg
そして悩んでいたキャタピラ、SK-26Ⅳは売り切れなので、もう一つSK-26Ⅲを購入しました。
こちらは値段は変わっていませんがパッケージの写真が変更されています。
ボイジャーのエッチングパーツはヒロナリさんがアベールのエッチングパーツで頑張っているので、せめて発炎筒ラックだけでもエッチングにと思い購入してきました。・・・(汗)

ケチだな~なんて皆さんお思いでしょうが、実は我が工場は現在、財政難なので~す。
デジカメに始まりテレビ、ブルーレイDVDレコーダーそして止めは源チャリ、ズーマー(アフリカ軍団仕様)を購入!
ズーマーは若者向けに開発販売されたスクーター、私の様なオヤジが乗って良いのかな?
でもこのズーマー敵国アメリカでは名前を変え販売されていますが、我がドイツと日本(同盟国)では同じ名前で販売されています。
遠く離れたドイツにいる同胞よ間違えてもオリーブドラブ(実際はカムフラージュグリーン)の車輌には乗るなヨ~ッ!

実はコイツにお金が掛かりました、禁じ手のリアーボックス装着そしてシルバーメッキマフラー、グリップとミラーの変更!・・・(ヤバイ)・・・(汗)

話がそれました・・・どうぞⅣ号潜水戦車製作記をご覧下さい。
0325b1.jpg
まずグリーンボックスの方から手をつけ出したリヒターですが・・・
「工場長~ハンス工場長~」と大声で私を呼んでいます。・・・(またか)
何だいリヒター?!・・・何だかリヒターにピントが合っていないな~この写真・・・嫌な予感が・・・

「工場長、このキットはスマートキットなんて言ってるけど足回りがラングより細かなパーツ分割でなんだか面倒くさいよ!」
お~っそれは仕方ないよ、だいぶ前のスマートだからね~スマートじゃないかも !。

「そっ・・・そうか~・・・(汗)・・・工場長おいら考えたんだけどやはり戦車の組み立てはベテランの工場長がやった方が良いんじゃないかな~ホラッかおりさんの処もご主人と共同作業で得意分野を分担してるでしょ~」

何だリヒターやっと気づいたのか・・・ホッホッホッ私のジツリキ(実力)にッ!
そんじゃま~私に組み立ては任せなさ~~~~い!

リヒターの口車にまんまと嵌ったハンス工場長・・・苦難は続くのである・・・(哀)

0325b2.jpg
サスアームに大きな押し出しピン跡が!

0325b3.jpg
タミヤの光硬化パテで修正します。
光硬化パテは発売直後から使用していましたが、匂いがきつい、固まらない、くっつかない!の三拍子で使用を避けていました。
最近になりkunihikoさんのブログでLEDライトが良いと言う事を知り、今は普通に使っています。・・・(感謝)

0325b4.jpg
一体成形でも良いのでは・・・と思う処もバラパーツ!・・・(汗)

ハンス工場長はしばらくⅣ号潜水戦車の足回り地獄に嵌っているんでしょうね~。

それから言い忘れていましたが、リンクに駄目男模型さんを新たに加えています。(nachu_dxさんご紹介が遅れてごめんなさい!)
駄目男と言いながらダメじゃな~~~い!そんな作品が見れますよ~ッ興味のある方ご覧になって下さいね~。
私の方がよっぽど駄目男なんですがね~タイトル変えてくれないかな?!

それでは今回はここまで、次回をお楽しみに~~~!



ドラゴン ラングL/70(V)製作記・19

リヒターの製作しているラングは仕上げ塗装もほぼ終了しています。
0318b8.jpg
0318b9.jpg

なのに未だにリヒターはコツコツ色を塗り重ねています。
途中経過を何度か撮影しましたが、殆ど変化を感じません。・・・(汗)

0318b2.jpg
015.jpg
0318b1.jpg
車体もこれで良いのではと思うんですが、更にルノワール塗りだ~~~ッ!などと言いながら色を重ねています。・・・(謎)

私は戦車の撮影をいつも室内で行っています。
リンクされている皆さんは良く屋外撮影をしていますのでチョット真似をしてみました。
太陽光の入る室内で半屋外撮影をしたのが下の写真です。

0318b6.jpg
0318b5.jpg
どうでしょう?室内撮影の色合いと差ほど変化を感じません。
実際に現物もそうですよ、何故かな・・・(?)

私は製作時に室内灯の他に卓上スタンドを最低でも2台点灯して作業しています。
スタンドの一台は照射距離を20cm以下にしています。
(作業机にはスタンドが三台すでに置いてありますが更にもう一台購入予定です)

太陽光程ではありませんが、かなり明るい状態だと思います。
完成した車輌の色合いが自然光の中で変化するのは中学生の頃から感じていましたので、
そのギャップを埋めるための方法ですね。・・・目は疲れますよ・・・本当に!

ただ困るのは照明の弱いケースの中では完成品がやや暗めの仕上がりに感じることでしょうか。

さてリヒターそろそろコラボ作品の製作にかからないと間に合いませんよ!
「・・・」(リヒター)

今回はここまでです。
それでは次回をお楽しみに~~~!

ゼロの復活!

今日はハンスシーバー戦車工場警備班主任ゼロのお話をします。
0317b1.jpg

去年まで工場の警備を一人で黙々と頑張ってやっていたゼロ主任ですが、今年1月2日、突然テレビの横に座ったまま動かなくなりました。
良く見ると体が小刻みに震え食事も食べません。

いったいどうしたのゼロッ?!女房と二人でオロオロするばかり!・・・(汗)
しばらくして冷静さを取り戻し慌てて掛かり付けのクリニックへ・・・

診断の結果ヘルニアである事が判明、そして左後ろ足に麻痺が・・・
体重僅か3.7kgのゼロは猫の様にジャンプが大好きだったのに・・・
数日後、MRIを撮るため豊島園の先にあるクリニックへ行き中程度のヘルニアである事が確認できました。

掛かり付けのクリニックで手術をするか、しないかの話になりましたが、
手術をしてもまたヘルニアはでる、左後ろ足の麻痺は治せないと言われました。

女房と二人で元気だった頃のゼロには戻れないんだな~っと凄いショックを受けました。・・・(落)
手術のためゼロの体を切り刻むのも何だか可愛そうで取り敢えず手術はせずしばらく様子を見る事にしました。

女房はゼロの体に良さそうな高級食材で食事を作り、私はゼロのマッサージ、そしてソファー等を処分(部屋の高低差をなくすため)

なっな~~~んと数日後にゼロが復活!ジャンプはする!走り回る!今までよりず~~~っと元気になりました。
左後ろ足の麻痺さえありません。・・・いったい何が・・・奇跡か~~~ッ!

ゼロ主任のダウンは工場の一大事、本来であれば皆様にいち早くお伝えしなければならないと考えていましたが、当時記事を書ける様な心境ではありませんでしたので、報告が遅れ誠に申し訳ございません。・・・(謝)

0317b2.jpg
工場の警備業務に復帰したゼロ主任だが何だかやる気がなさそうです・・・

0317b6.jpg
原因はコイツのせいかな・・・昼夜を問わず好き勝手に工場を使用するリヒター

でもゼロ主任ちゃんと警備はしなくちゃ駄目だよ・・・
0317b3.jpg
「はい了解しました!」

0317b4.jpg
「でも何だか眠い・・・春だなぁ~~~」

0317b5.jpg
「そうだ警備しているふりをして寝てよ~~~っと」

今回はゼロリリ日記第一回でした。
次回をお楽しみに~~~!

リヒターの拘り・・・

リヒターが色数が足りな~い!連結キャタピラが無~い!と騒ぐので仕方なくまた買い出しに・・・

0311b1.jpg
油絵の具やパステルその他・・・連結キャタピラは生憎他の店でも品切れでしたが、欲しかったナスホルンをゲット!・・・(喜・嬉)

0311b2.jpg
パステルの粉末、以前はガラス瓶に入れていました。
作業スペースに限りがありますので、ガイアのプラボトルに変更する為24個購入しました。

0311b3.jpg
パステルをミル&ミキサーで粉末にしプラボトルに入れる、ガラス瓶に入っていたパステルも同じボトルに入れ替えました。メーカーが販売したモノを足すと全40色、これだけあればリヒターも文句は言わないと思います。・・・(たぶん・・・謎)

0311b4.jpg
油絵の具は6色購入、宮崎さんお薦めのマース イエロー&オレンジ、カドミウム オレンジ等です。
ガラスの容器はエアーブラシに塗料を入れる時の為に購入しました。
現在使用している(白いやつ)モノはどうも上手くエアーブラシのカップに注ぎ込めないので新たに購入しました。

以前、チョット使いづらいとコメントしたアネスト岩田のCM-B(ノズル径0.18mm)もドレイン&ダストキャッチャーⅡを装着したら凄く使いやすくなり、今はメインで使用しています。

リヒターも色数が増えたので気を良くしラングの仕上げ塗装の続きを開始しました。・・・(ホッ)
画像をクリックして下さい
マース イエロー&オレンジ、カドミウム オレンジを早速使用し色味を確認。

画像をクリックして下さい
砲塔周囲の裾に浮き錆びを表現します。

さあリヒターが動き出したので、私は早くⅣ号Dの可動キャタピラを探さなくては!・・・(汗)

「工場長のせいでヒロナリさん宮崎さんとのコラボ作品に出品出来なかったんだぞッ!」などとリヒターに言われたくはありませんからね!

ハンス工場長のパシリ生活はまだまだ続くのでした。・・・(哀)

さて今回はここまでです。次回をお楽しみに~~~!

ナスホルンがナス!(無し)

今日はお休みなので模型店に買い物に行きました。

お目当てはドラゴンの新製品ナスホルンです。
ルンルン気分で模型店に入るハンス工場長でしたが、店内にナスホルンの山が無~~~いッ!
やっと見つけた最後の一個は中がぐちゃぐちゃ状態で購入意欲が一気に冷めてしまいました。

でっ仕方なく店内をブラブラして買ったのがコレ!
0303b2.jpg
Mini Artのジャーマンストリートとタミヤのヘッドルーペでした。

0303b4.jpg
ルーペ類は何個か持っているし、Mini Artのジャーマンシティビルディングなるモノも製作途中で放棄している。
本当に必要なんですかねコレ?

ルーペはともかくジャーマンストリートは以前ジオラマのベース枠にと購入した細長い額縁に合いそうな気がしたので思わず購入。・・・(ジャーマンストリートって新製品なのかな?ホビー誌を読まないので良く判りませ~ん・・・汗)

早速キットのベース部分を枠に乗せてみる。
0303b3.jpg
枠より小さめですが、何か縦横比率がイ~感じですね!
使えそうですヨ~~~ッ!

そこにリヒター登場「工場長なにをそんなに騒いでるんだよ?」
あ~ッリヒターか見てみろ上手く収まっているだろ。
「まあ確かにい~と思うけど工場長ジオラマ作らないジャン!」・・・図星!・・・(汗)

「それにこのルーペの数、工場長はいったいいくつ目があるんだよ」・・・(汗汗)

そう言えばリヒターラングはどうした。・・・(話を振るハンス工場長)
「ラングはこんな感じで止まってるよ」
0303b5.jpg
「使いたい色が足りなくてね中断してるんだ~」

それじゃあ潜水戦車はど~なの?
「あれもモデルカステンのⅣ号D型用が品切れで手に入らないので中断してるよ」

何だか使いたいモノが手に入らずリヒターはストレスを感じているようですね~。
まぁそれはリヒターも一端のモデラーになってきた証ですね。

多くのモデラー諸氏が欲しいもが手に入らずストレスを感じていると思います。

作りたいと思った時にキット(オプションパーツ等)が店頭に無い!
やっと手に入ったら「何時でも作れる」そんな安心感から手を出さない。
そしてブランクが訪れツンプラになる。

私もリヒターも僅かな製作時間にコツコツと手を動かしてはいますが、多くを望み過ぎるといつまで経っても未完成品の山なのでしょうね~。

現にプラモやジオラマの素材がツンプラ状態ですから、そろそろ一歩踏み出さなくてはと何時も思っているんですがね~リンクしている宮崎さん、ヒロナリさん、かおりさんの様なパワー&技術を何時も欲しいな~っと思っています。


Calendar
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS