FC2ブログ

Sd.KFZ.234/2 PUMA車体上部製作記

プーマは内部塗装も終わり、車体上部へと作業が進んでいます。

803b1.jpg
ボッシュライトの陰に隠れていますが、コードを追加しています。

資料がまるで無い状態でしたので今日、グランドパワー別冊「ドイツ装輪装甲車」を購入して来ました。
内容を見るとプーマの写真は16枚掲載されています。(何枚かは既に所持している本と重複・・・落)
まあ無いよりましと言ったところですね。でも既に殆ど出来上がっているので今更買う必要はなかったのかも・・・(汗)

803b2.jpg
ジャッキに真鍮線のコの字金具を二箇所打ち込み、固定金具の片蝶ネジはモデルカステンの物に交換します。
またスターアンテナ基部と車体に取り付けたパーツNo.C11をアンテナコードで繋ぎます。

803b3.jpg
砲弾ケース(?)上面の四角い窪みに0.3mm真鍮線で持ち手を付けます。

803b4.jpg
スモークディスチャージャーのリード線集合管を0.3mmプラ棒で製作。803b5.jpg
マフラー用装甲カバーはそのままでは取り付けられませんので、内側を削り落とします。
そして丸みのある部分と長方形の板は溶接されていますので、ヒートペンで溶接跡をモールドします。
車幅ポールは黒染めしています。

803b6.jpg
リヒターが気にしていた車内もこれじゃ~砲塔を乗せたらな~んにも見えませんね~ッ。

803b7.jpg
今日はラッキーでした、以前より購入したかった、アネスト岩田のCM-CPを手に入れる事が出来ました。
価格は4万2千円と高価ですが、販売している店を今まで見た事がありませんでした。
今回製作しているプーマから使ってみるつもりです。
リヒターも新しいエアーブラシを見て何だかニコニコしています。

803b8.jpg
エアーブラシはCM-CPで8本目になりますが、現在所有しているのは4本です。
これでノズル口径が0.18mm,0.20mm,0.23mm,0.30mmの四種類が揃いました。・・・(喜)

いつもは道具の自慢めいた話などしないのですが、使用している道具は今後少しずつ紹介していこうと考えています。
製作記をご覧になっていてどうやったのか?と疑問に思う事も道具を見れば納得!別にハンスが上手い訳では無い!とすぐに結論が出る場合があると思うからです。

今まではホビー誌ではないのですからメーカーの宣伝をするのはど~かな~と考えていました。
でも良い物は良い、悪い物は悪いとハッキリ言う事はプラモデルもそして、道具に付いても大切な事ではないかと今は思っています。

さて今回はここまでです。
次回はCM-CPの使用レポートがお届け出来ればと考えていますが・・・
ど~なる事やらです!それではまた・・・
スポンサーサイト



Calendar
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS