Sd.KFZ.234/2 PUMA 仕上塗装編(4)

プーマの仕上げ塗装の最中、リヒターが突然修行に出ると言い工場から姿を消してしまいました。
多分、給料の良いヒロナリさんのブログか、リアリティー宮崎さんのブログにお邪魔しているのではないかと思います。
もしかしたらかおりさんのブログかも?リヒターも男(?)だからな~・・・(笑)

私は他工場の手伝いで毎晩午前様が続きグロッキー状態!
「ハンスシーバー戦車工場危うし!」と言うニュースが流れたとか・・・(嘘)

リヒターがいないのでは仕方ない、たまには私もマーキングをしてみようと思ったのが大きな間違い、甘くはありませんでした。・・・(汗)

828b1.jpg
出来合いのステンシルでバルケンクロイツをさっさとやってしまおうと考えていましたが、プーマの砲塔は戦車に比べ小さいので上手く使用できず結局手書きする事にし、車体ナンバーは楽をするためデカールを使用しました。
いつもなら全て手書きにするのですが、さすがに疲労困憊!集中力無し!では二つ同じ数字が並ぶナンバーの手書きは無理だと感じました。

828b2.jpg
828b3.jpg
デカールは車体に貼ったデカールと同じ様にカッターナイフやサンドペーパーでキズを付けます。

828b10.jpg
その後、砲塔に小さなキズを付けて行きます。
何だかチャンバラごっこの後みたいな切り傷、もう少し大きさやパターンに変化が必要ですね、修正が大変そう。・・・(汗)・・・リヒターが帰って来たらやらせますかね。

デカールはシルバリング対策を施さなくても、何とか見られる状態でしょうか。
ホビー誌で紹介されているシルバリング対策はクリヤーを下地にデカールを貼るのでしょうか?あまり読まないので良く判らないのですが、私はつや消し迷彩色の上に、クリヤーを塗る事はありせん。
いくら透明と言っても濁りのある一枚の層を形成し迷彩色に影響がでるからです。
何年(何十年ですね)か前に製作した飛行機のキャノピーも、クリアーを塗った当初は綺麗でしたが、今はニスを塗ったようなアメ色になっています。
またデカールの透明フィルムも経年変化でアメ色になって行きますね、そんな事もあるので私は出来るだけ手書きにしているのです。

経年変化も視野にいれ製作を進めないと長くその作品を楽しむ事はできませんよね。
私の良く行く模型店に、某有名ライターのジオラマが数点展示されています。
その中の一つに雪が積もった作品があるのですが、なんと経年変化で雪が全体にひび割れています。
結構高額な値段が付いていますが誰も買いませんよ、そんなのって感じです。

828b4.jpg
問題となっていたスペアータイヤも無事に装着できました。・・・(ホッ)

828b7.jpg
エアーインテークの枠に普段は滅多にしない乾いた錆び表現をしてみました。

828b6.jpg
先日、MIGのオイル汚れなる物を購入したので、完成後はジェリカンに隠れて見えない部分でテストしてみました。どうと言う事はないですね。・・・値段が高いだけのようです。・・・(落)
828b5.jpg
ホイールキャップも汚しを掛けました。その時せっかくタイヤの下地を出した部分にまた泥汚れが・・・(汗)
一度アクリルシンナーで擦って下地を出しているので、いくら下地がラッカー系でもこれ以上シンナーを使い擦るのは無理があると思いましたので、油彩のペインズグレーを綿棒に着けタイヤ表面に色を置いてみました。

828b11.jpg
前回、宮崎さんにコメントを頂いた装備品をチョット大きめな画像で確認して下さい。
装備品は車体色とは違うので単色塗装などでは良いアクセントになります。
中には装備品を別に塗り後から取り付ける方もいると思います。
私の場合は殆どの物は取り付けて基本的な色を置き、車体と同じ汚しをかけて行きます。
汚しの課程で様々に装備品も色を変えて行きます。
この写真はまだ途中段階で、この後の汚しで更に変化して行く事になります。
最終的に色の調整をする事になりますが、全てを塗り変えず部分的にそれまでの汚しを残し、車両との一体感を損なわない様にしています。これはマフラーも同じ事が言えますね。

818b12.jpg
我が工場に新しいエアーブラシが届きました。
アネスト岩田のHP-AH(ノズル口径0.2mm)です。後ろにあるのがこれまで使用していたオリンポスHB-62B(ノズル口径0.2mm)です。
オリンポスの物も悪くは無いのですが、ニードルアジャスターが付いていないので、微妙な指先での操作が必要でした。結構神経を使うので長時間の作業は厳しいものがありましたね。
たまたま行きつけのホビーショップの隣でHP-AHがセールで半額になっていたので思わず購入してしまいました。
こちらは、ニードルのアジャストもプリセットハンドルで簡単に出来ますし、ノズル手前の空気調節つまみが便利です。
新しい物はすぐに試すがモットーなので、今回製作中のプーマの仕上げにぶっつけ本番で使用しています。
もし0.2mmのエアーブラシで細い線が上手く描けないと言う方がいましたら、0.3mm使用時よりエアーの圧力を上げて試してみて下さい。
細い線を描くのだから圧力は弱めと考えてしまいがちですがそれは逆ですよ。
ノズルが細い分、圧力が高く無ければ塗料は出て行きません。

さて、そろそろリヒターを探さなくては作業が進まないな~!
皆さんも当ブログのリンク先を訪ねて、リヒターを探してみて下さい。・・・(見つけても賞金は出ませんが)

それでは今回はここまでとしま~す。
次回をお楽しみに!・・・ン?・・・リヒターを探さなければ次回が無い!・・・(冷汗)

     「リヒターを探せッ!」・・・ウオーリーを探せではありません・・・(古ッ!)

                                           それではまた・・・

Sd.KFZ.234/2 PUMA 仕上塗装編(3)

プーマの仕上塗装をリヒターが進めていましたが、彼も人の子(?)お盆休みで帰省いしてしまいました。
残された私は毎日ハードな仕事に追われ、プーマは倉庫の影に放置された状態になりました。・・・(汗)

工場にいる時はやっかいなヤツだと思っていましたが、リヒターがいないと作業も進まず、何だか淋しい気もします。

そんなリヒターが今日から工場に出て来ました。・・・さてどうなることやら・・・

818b1.jpg
車体上部に汚しをかけて行きます。
リヒターは油絵と水彩画の両方をこなす自称画家なので、仕上げは水彩画を描く様に塗って行きます。
818b2.jpg
ちょっとアップにしてみました。ジェリカンラックやナンバー部分が更に変化しています。

818b4.jpg
車体上部の仕上げに入っていたと思ったら、いきなり板バネの色が気に入らないと、また塗り直すリヒター
私にはその違いがよく分からないのですが・・・(汗)
久し振りにリヒターのそんな姿を見て何だか嬉しくなる・・・複雑な気持ち・・・

818b5.jpg
818b6.jpg
装備品にも少しずつ色を置いて雰囲気を確認して行きます。

818b7.jpg
車体後部、マフラー等に色を重ねて行きます。

ここでリヒターが大声で叫びました。

「工場長なにやってんだよ、スペアータイヤの取り付け金具が上下逆に付いてるぞッ!」

ン・ン・ン・・・エ~ッ!!!・・・(汗)
確かにリヒターの言う通りである・・・(冷汗)

仕方なくペンチでへし折りプラ板で作り直しました。
818b8.jpg
色々な車両に手を出し、毎度の事ですが皆さんには一台一台製作して行く事をお薦めします。・・・(落)

818b9.jpg
タイヤとホイールキャップを装着してみました、塗料の厚みとステアリングを可動にした事で結構面倒な作業になってしまいました。
ここでは下地に吹き付けたダークイエローと、仕上塗装をしているダークイエロー部分の違いを見て下さい。

さて今回はここまでです。


今までの完成品は
            Hans=Sheaver Collection
                                    HPギャラリーをご覧下さい。

Sd.KFZ.234/2 PUMA 仕上塗装編(2)

今回は、まずマーキングから始めます。
台風の接近で湿度が高くなりデカール表面がベタベタしていました。
少し古い製品なので、なかなか台紙からデカールが剥がれませんでした。・・・(汗)

811b2.jpg
811b3.jpg
811b4.jpg
デカールを貼り乾燥後にカッターナイフやサンドペーパーで細かなキズを付けます。
車体を汚してもマークは綺麗なままの完成品を良く見掛けます。
私も以前はそうでしたが、最近は車体同様にマークも汚す様にしています。

811b1.jpg
さて次はタイヤの処理です。
まずラッカー系の焦げ茶で塗装しダークイエローを全体に吹き付けたのは前回ご紹介したとおりです。
更にアクリル系のダークアースを全体に吹き付け、その後アクリルシンナーを含ませた綿棒で擦り中央のタイヤの様に一部タイヤの地肌を出します。これでタイヤの下処理の終了です。

811b5.jpg
今度は車体下部の仕上げ塗装に入ります。
MIGのダークウオッシュを車体下部全体にでたらめに塗りつけます。
汚れのメリハリを着けるための作業ですから綺麗に塗る必要はありません。
MIGのウオッシュタイプ塗料は濃度が高めですが、ボトル下に顔料が沈殿していますので、ボトルの振り方で濃度を調整しましょう。

811b6.jpg
車体側面のキズ、ダークアイアンで施したキズと色を着けない擦りキズが確認出来るでしょうか?

811b7.jpg
前回、ダークアイアインで塗装した板バネ部分に更にレッド系の色をムラに塗りワイヤーブラシで磨き一部に金属色を出します。

811b8.jpg
アクリルで溶いた泥色のパステルを、これもでたらめに塗りつけます。
その後、タイヤに吹き付けたダークアースを部分的に吹き付け、表現の荒過ぎた部分をカバーします。
この時の注意点は、調子にノリ下地のムラを全部消さない事ですね。

この後はタイヤの装着と車体上部の仕上げ、その前に砲塔のマーキングもありますね。
まだまだ作業は続きます。・・・(汗)

811b9.jpg
車体上部がどう変化して行くかは次回のお楽しみ!

今回はここまでです。

今までの完成品は
            Hans=Sheaver Collection
                                   HPギャラリーをご覧下さい。


Sd.KFZ.234/2 PUMA 仕上塗装編(1)

今回はプーマの仕上塗装編です。
迷彩塗装終了後、まず表面をワイヤーブラシで荒らします。今回は少し軽めに施しましたので写真では良く判らないと思います。・・・(落)

各部の塗り分けを先に済ませてしまいます。
806b1.jpg
806b2.jpg
806b3.jpg
806b4.jpg
806b5.jpg
各部の塗り分けはハミ出しをあまり気にせず気楽に塗りましょう。
「ハミ出したらど~しよ~」なんて考えながら作業すると余計ハミ出しますよ。・・・(経験者談)

806b6.jpg
油彩:ローアンバーとペインズグレーを混ぜペトロールで溶き吹き付けます。
以前はエナメル黒でウオッシングしていましたがプラスチックを痛め接着剤を溶かしますので、現在はこの方法をとっています。
806b7.jpg
極薄めのものを吹きかけますので、拭き取りの作業はありません。
この作業で明度を落とし迷彩色を馴染ませます。

806b8.jpg
今度は油彩の白に近いベージュを造り迷彩部分全体に吹きかけ彩度を落とし明度を上げます。

806b9.jpg
ペトロールを着けた綿棒で一部下地(迷彩色)を出すとともに垂直方向や雨垂れの流れを気に掛け擦り、跡を着けます。

806b10.jpg
806b11.jpg
上記の写真の様に少し乱れた感じで仕上げます。
今後の作業で目立たなくなりますし、あまり綺麗にしてしまうとオモチャにしかみえませんからね。

今回はここまでです。
次回はマーキングそして更に仕上げ塗装の進展を予定しています。
それではまた次回をお楽しみに~

今までの完成品は
            Hans=Sheaver Collection
                                   HPギャラリーをご覧下さい。

Sd.KFZ.234/2 PUMA車体上部製作記(2)

プーマの上部製作がほぼ終了しました。追加のディテールアップは下記の三箇所です。

805b1.jpg
キットにジェリカンが9個入っていますが刻印がないので、タスカの物に交換します・

805b2.jpg
アンテナは基部を残して切断、アドラーズネストの物に交換します。

805b3.jpg
スモークディスチャージャーの裏側にリード線3本を取り付けます。

805b4.jpg
さあ全てのパーツ成形が終わりましたので、いよいよ塗装作業開始です。

まず全てのパーツを焦げ茶で塗り、そして一色目のダークイエローを吹きつけます。
今回はタイヤ全体もダークイエローで塗ってしまいます。車体にダークグリーン、レッドブラウンで迷彩を施します。
いよいよ先日購入したエアーブラシCM-CPの登場です。
805b5.jpg
初めて使用するので心配はありましたが、なんとか迷彩を吹き終わりました。
CM-CPは非常に使いやすく、この先慣れて行けばそのポテンシャルを引き出せるのではないかと思います。
塗料の薄目具合とエアー量の調節で、間違いなく素晴らしい塗装が出来るのを確信しました。
何だかアネスト岩田(職人)さんの物造りに対する熱意が感じられる製品ですね。

805b6.jpg
今回は(も)実車の写真を所持していませんので、新しいエアーブラシの性能テストの意味合いもあり迷彩パターンで遊んでいます。
805b7.jpg
ちょっと遊び過ぎですかね。・・・(汗)

805b8.jpg
塗料の希釈具合が悪く、拡大すると飛沫が確認できますが現物大では問題の無い程度です。
また塗料の垂れも見受けられますが、これは性能テストの結果です。
実車でもこんな垂れ跡のある車両を見受けますので、今回はこのままで作業を続けるつもりです。

さて今回はここまでです。
次回は仕上げ塗装編を予定していますので、どうぞお楽しみに~~

今までの完成品は
            Hans=Sheaver Collection
                                   HPギャラリーをご覧下さい。        

Sd.KFZ.234/2 PUMA車体上部製作記

プーマは内部塗装も終わり、車体上部へと作業が進んでいます。

803b1.jpg
ボッシュライトの陰に隠れていますが、コードを追加しています。

資料がまるで無い状態でしたので今日、グランドパワー別冊「ドイツ装輪装甲車」を購入して来ました。
内容を見るとプーマの写真は16枚掲載されています。(何枚かは既に所持している本と重複・・・落)
まあ無いよりましと言ったところですね。でも既に殆ど出来上がっているので今更買う必要はなかったのかも・・・(汗)

803b2.jpg
ジャッキに真鍮線のコの字金具を二箇所打ち込み、固定金具の片蝶ネジはモデルカステンの物に交換します。
またスターアンテナ基部と車体に取り付けたパーツNo.C11をアンテナコードで繋ぎます。

803b3.jpg
砲弾ケース(?)上面の四角い窪みに0.3mm真鍮線で持ち手を付けます。

803b4.jpg
スモークディスチャージャーのリード線集合管を0.3mmプラ棒で製作。803b5.jpg
マフラー用装甲カバーはそのままでは取り付けられませんので、内側を削り落とします。
そして丸みのある部分と長方形の板は溶接されていますので、ヒートペンで溶接跡をモールドします。
車幅ポールは黒染めしています。

803b6.jpg
リヒターが気にしていた車内もこれじゃ~砲塔を乗せたらな~んにも見えませんね~ッ。

803b7.jpg
今日はラッキーでした、以前より購入したかった、アネスト岩田のCM-CPを手に入れる事が出来ました。
価格は4万2千円と高価ですが、販売している店を今まで見た事がありませんでした。
今回製作しているプーマから使ってみるつもりです。
リヒターも新しいエアーブラシを見て何だかニコニコしています。

803b8.jpg
エアーブラシはCM-CPで8本目になりますが、現在所有しているのは4本です。
これでノズル口径が0.18mm,0.20mm,0.23mm,0.30mmの四種類が揃いました。・・・(喜)

いつもは道具の自慢めいた話などしないのですが、使用している道具は今後少しずつ紹介していこうと考えています。
製作記をご覧になっていてどうやったのか?と疑問に思う事も道具を見れば納得!別にハンスが上手い訳では無い!とすぐに結論が出る場合があると思うからです。

今まではホビー誌ではないのですからメーカーの宣伝をするのはど~かな~と考えていました。
でも良い物は良い、悪い物は悪いとハッキリ言う事はプラモデルもそして、道具に付いても大切な事ではないかと今は思っています。

さて今回はここまでです。
次回はCM-CPの使用レポートがお届け出来ればと考えていますが・・・
ど~なる事やらです!それではまた・・・

プーマ内部塗装番外編・・・

今回は完成品をアップする予定でした。しかしながら前回の掲載内容に付いて、なっなんと!!リヒターからクレームがつきました。・・・(驚・・・汗)

802b1.jpg
       (塗装部門責任者:リヒター)  
彼が言うには、「プーマ内部塗装編」と看板を掲げたのに塗装については、最後の写真二枚、紅白にピンボケの写真しか載っていない。
これは読者を裏切っているし、せっかく私が仕上げた内部塗装の全容を説明していないじゃないか。・・・(怒)

だけどリヒター車両内部は完成してしまえば見えなくなるのだから、良いんじゃないの?

だから工場長は駄目なんだよ!看板に偽りあり!偽装表示で訴えられても知らないぞ~ッ!

ン~ムッ言わせておけば~~!・・・(怒)

「二人ともチョット待ちなよ」と言う声に振り向けば・・・
802b2.jpg
        (ハンスシーバー戦車工場警備班主任:ゼロ)
そこにゼロ主任が立って(?)いた。工場長、リヒターの言う事にも一理あるんのではないですか?
裁判沙汰になれば工場閉鎖の危険性もあります。ここはひとつリヒターの言う事を聞いて、情報を公開しましょう。

ゼロ君そうだなっ、付き合いの長い君が言うのであればそうしよう。・・・(決)

では、一般公開です。
802b3.jpg
車体内部上面も塗装が進んでいます。
802b4.jpg
細かなキズや汚れを入れた後に、エアーブラシで最初に吹いた室内色を部分的に吹きかけます。
劇画調の仕上げが好きな人にはこの作業は不要です。

802b5.jpg
砲塔内部の塗装状態。

802b6.jpg
こちらは前回と同じ状態。
802b7.jpg
こちらがエアーブラシで処理した後。微妙な変化なので画面では良く判らないかも知れませんね。

802b8.jpg
トランスミション(?)は今回初めてグリーン系の色で塗って見ました。細かなキズも少しは見えていますね。座席はただ色を置いただけで終わりにしました。

802b9.jpg
フロント部分、ガスマスクケースは交換して正解でした。
さて内部塗装に付いては以上です。リヒターから再クレームが来る場合を想定して、車体上下を接着しちゃいます。

802b10.jpg
車体上下は仮組の段階で隙間が出来るのを確認していました。大きな歪みでも無いのでフロントから接着して行けば何とかなるだろうが大間違いでした。・・・(汗)
802b11.jpg
サイドフェンダーと車両の間にも隙間ができますので、最終的にパテ埋めが必要です。
古いイタレリのキットでさえ隙間など開かなかったのに、ちょっと問題ですね~。

802b12.jpg
802b13.jpg
車体の視察クラッペが可動式なのに、砲塔上のハッチは開閉固定式これじゃまたリヒターが何を言うのか判らないので真鍮パイプを使用し可動にしました。

さて番外編はここまでです。

完成までにはまだまだ時間が掛かりそうです。
次回は車体上部の製作過程の報告になるかもしれません。
それではまた・・・

Calendar
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS