時短モデリング塗装編・3

さて今回も時短モデリング塗装編の続きです。

前回施した水スプレーによる錆表現なのですが、一週間経ったら何だか錆色が薄れていました。

再度錆表現を追加、そしてドット飛ばしで遊んだ後、艶消しコートをしました。

今回は油彩をぺトロールで溶きスプレーその後筆で塗りたくりました。

結果その⑤
b0915b1.jpg
何だかムラムラになっちゃいました!・・・(汗)
時短塗装ですのでこのまま次の作業に入ります。

その⑥
b0915b2.jpg
基本色グリーンを水スプレーします。
b0915b3.jpg
拡大画像で確認
b0915b4.jpg
b0915b5.jpg
通常のダークグリーンを水スプレーしたのですが完全に退色していますね~。
この後ダークイエローで迷彩を施す予定ですが、
その前にグリーンの元色を何処かに入れなければなりませんね。・・・(汗)
それにこの感じだと⑦かんたんマイペットチッピングは最後で良いかもですね~。

さて今回はここまでです。
次回をお楽しみに~~~!


comment

Secre

No title

基本色も水スプレー!!
鳥肌モノの表現です。
ここからどんな風に表現して行くのだろう???

かっこいいですねー!

すばらしくかっこいいと第一印象で感じました。
リアリティは当然のこととして、風雪に耐える戦車の心意気のようなものが感じられます。
それほど大きくいじらなくても
このままで大筋で良いのではと思ってしまいます。
あと付けで
このようになったストーリーを考えてあげれば
もうそれで良いような気が・・・。

コウさんへ

今晩はコウさん。
コメントありがとうございます。

アクリルの水スプレーの上から水スプレーをすると水滴が馴染んでしまうので
今回は油彩を挟んでみました。
結果はご覧の通りです。
この後どうなるのかは私にも判りません・・・(笑)

宮崎さんへ

今晩は宮崎師匠。

師匠にかっこいいと言われると大変嬉しいです。

>このままで大筋で良いのではと思ってしまいます。
私も後は細かな処をと考えてしまいましたが、三色迷彩なんですよこれが・・・

単色塗装なら水スプレーで何とかなると言う感触は得ましたので、
このまま迷彩に進みどうなるか検証してみますね~。

三色迷彩はきびしいですね

三色迷彩をされるのですかー!
赤系の色であるサビと緑系の車体色のコンビが
奇跡のような美しさを感じさせるように思うのです。

他の色を混ぜて煩雑な印象にならないことを祈ります。
ハンスさんの腕の見せ所だし、ちゃあんと秘訣はご存知だとは思いますが
老婆心まで。

あまり大きく手を加えない状態で十分すばらしいかと思いますので
わたしのところに送っていただけないかと思います。
九州AFVの会に代理出展してさしあげますよ。
小説の題名にひっかけて「ノルウェイの森」というタイトルでいかがでしょう?
水スプレー法の威力をみなさんに見て欲しいですね。

きびしい~です!

宮崎さんおはようございます。

三色迷彩は確かにきびしいですね~。
でも水スプレーとかんたんマイペットで何処まで出来るのか可能性を追求します。

そして他ではあまり見られない、失敗した時にどうフォローするのかも記事に出来たらと
考えています。

「ノルウェイの森」ですかいいですね~でもこの車両は試作なのでノルウェイには行って
いません。
今度、実戦タイプの単色を製作した時にでも水スプレーしただけのモノを
宮崎師匠に送り仕上げてもらうと言うのはどうですかね?

ただノイバウの実戦タイプはまだ購入していません・・・(汗)

御礼

ハンスさん こんにちは。どうもです。
お礼に参上いたしました。
拙作をご覧いただき、どうもありがとうございました。
現在、AFV模型は小休止。充電(浮気!?)しております。
次回は、ワンパターンの3号系か!?新規でティーガー1を
計画しております。どうなりますことやら。
どうもありがとうございました。(お礼に参上ですのでレスは結構です~)
Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Profile

Hans=Sheaver

Author:Hans=Sheaver
1/35戦車のプラモデルを製作してます。
12インチフィギュア用のカスタムヘッドも製作してます。

Recent Archive
Category
Monthry Archive
Link
訪問者
RSS